お酒と焼き菓子とおつまみのお店 あしべ(京都・五条大宮)レビュー

京都市下京区、五条大宮を北に上がったところで、お酒と焼き菓子とおつまみのお店あしべ」が2021年3月22日に新店オープンしました。おつまみと一緒に昼飲みできるバーでもあり、スイーツ(焼き菓子・ケーキ)を食べながらコーヒーや紅茶をいただけるカフェでもあるお店です。

2021年3月22日オープン お酒と焼き菓子とおつまみのお店 あしべ


2021年3月22日オープン お酒と焼き菓子とおつまみのお店 あしべ

2021年3月22日オープン お酒と焼き菓子とおつまみのお店 あしべ

京都市下京区、五条大宮上ルでお酒と焼き菓子とおつまみのお店「あしべ」が2021年3月22日に新店オープンしました。

お昼から営業していますが、おつまみと一緒に昼飲みできるバーでもあり、スイーツ(焼き菓子・ケーキ)を食べながらコーヒーや紅茶をいただけるカフェでもあります。

お店は京町家をリノベーションしており、京都の町に溶け込んだ隠れ家的な雰囲気です。

京町家をリノベーション(あしべ)

京町家をリノベーション(あしべ)

先ほど場所を五条大宮上ルと書きましたが、いわゆる四条大宮駅から南に歩いたところにお店があります。

京都という町は四条通を境に南側が急にビルなどの階層のある建物が増えるのですが(四条通より北は二階建ての民家が多い)、こちらの「お酒と焼き菓子とおつまみのお店 あしべ」があるのも会社などが目立ってくるビルが多くなってくる立地です。

そのため、元々から飲み屋さんが比較的多いエリアなのですが、今は新型コロナの影響もあるのか昼はバーやカフェとしても利用できるお店になっていました。

今回はこの「あしべ」の雰囲気やどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


お酒と焼き菓子とおつまみのお店 あしべ(店内写真)

お酒と焼き菓子とおつまみのお店 あしべ(店内写真)

京町家をリノベーションしているのでお店の雰囲気も昔の京都らしい雰囲気があるお店です。

少し薄暗めの店内にはダイニングのようにカウンターがあり、そこにお酒のおつまみ(おばんざい)が並んでいます。

また、カフェ利用で食べられるケーキや、テイクアウトにも対応している焼き菓子がショーケースに並んでいました。

手前にカウンター、奥に円卓がひとつ(あしべ)

手前にカウンター、奥に円卓がひとつ(あしべ)

手前にカウンター、奥に円卓がひとつあって4名ほど座れます。

席数は少なく、少人数で利用するイメージです。

店内奥の円卓は4名まで座れます

店内奥の円卓は4名まで座れます

先ほど「隠れ家的なお店」と書きましたが、店内もまさに隠れ家っぽい雰囲気です。

人数にもよりますが2組くらいでの利用を想定しているようでした。

このお店のメニューは?


ケーキのレベルは高く、値段も高級ケーキ店と同等レベルです

ケーキのレベルは高く、値段も高級ケーキ店と同等レベルです

メニューは「焼き菓子ケーキカフェアルコールおつまみ」があります。

テイクアウトできるのは「焼き菓子」のみです。

ケーキはカフェ利用すると店内で食べていくことができます。

アルコールを注文した場合はおつまみ(おばんざい)を注文することができるそうです。

ケーキはひとつ500円程度

ケーキはひとつ500円程度

ケーキはひとつ500円程度です。

レベルは高く、値段も高級ケーキ店と同じくらいですね。

ドリンクは300円程度なので、カフェ利用だと800円程度になります。

テイクアウトできる焼き菓子は200円~400円

テイクアウトできる焼き菓子は200円~400円

テイクアウトできる焼き菓子は200円~400円程度で販売していました。

ドリンクは300円、アルコールは500円から

ドリンクは300円、アルコールは500円から

カフェ利用でのドリンクはコーヒーやジャスミンティーがあり、値段は300円均一です。

アルコールは「クラフトビール(800円)」を筆頭に「ウイスキー・ワイン・焼酎・リキュール」という構成。

ビール以外は値段は500円からとなっていました。

おつまみは和洋折衷です

おつまみは和洋折衷です

アルコールと一緒に注文できる「おつまみ」は和洋折衷の内容です。

京都らしく「炊いたん(400円)」があり、これは煮物ですね。

他には「生ハム(300円)、甘辛炒め(300円)、辛子高菜(200円)、さわらの塩焼き(600円)、ミートボール(350円)」があり、和か洋かは好みで選ぶようになっています。

実食レビュー


オジョルノ(ピスタチオのカスタード・フルーツタルト)520円

オジョルノ(ピスタチオのカスタード・フルーツタルト)520円

今回はカフェ利用でコーヒーとケーキを食べてみました。

ケーキは「オジョルノ(ピスタチオのカスタード・フルーツタルト)520円」をチョイス。

こちらはタルトの上にピスタチオのカスタードがのっています。

ピスタチオのカスタードは甘さ控えめ、ピスタチオのコクが味わえなかなかの美味しさ。

下のフルーツタルトは対照的に甘酸っぱい仕上がりで、両方の味のコラボレーションが素晴らしかったです。

ピスタチオと甘酸っぱいフルーツタルトがよく合います

ピスタチオと甘酸っぱいフルーツタルトがよく合います

最初は飲み屋メインかなと思っていましたが、カフェ利用してみるとケーキがとてもよく出来ていて、お店自体はケーキメインのようにも思えました。

どうやら、ご夫婦経営でご主人は有名料亭の出身。奥さんがパティシエということでした。

新型コロナの影響もあり、最近はこういった複合的な組み合わせで昼と夜で形態が変わるような飲食店が増加しているように思えますが、お酒と焼き菓子とおつまみのお店「あしべ」さんも、カフェ・ケーキ・お酒が複合的に楽しめるお店になっていました。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


お酒と焼き菓子とおつまみのお店 あしべ(店舗外観写真)

お酒と焼き菓子とおつまみのお店 あしべ(店舗外観写真)

お店の場所は五条大宮を上がって徒歩2分くらいのところですが、四条大宮からも歩ける範囲です(徒歩5分ちょいくらい)。

住所でいえば「〒600-8377 京都府京都市下京区上五条町401」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

営業時間は営業時間短縮で「13時~20時」となっており、ラストオーダーは1時間前までです。

営業日は不定休で、公式インスタグラムで要確認となっていました。

駐車場・駐輪場はありません。

ジャンル「お酒と焼き菓子とおつまみのカフェ」
食事予算「1000円程度~」
ランチ営業「あり(13時から営業)」
ディナー営業「あり(20時まで)」時短要請期間中の営業時間
営業時間「13時~20時(L.O.19時)」時短要請期間中の営業時間
定休日「不定休」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒600-8377 京都府京都市下京区上五条町401」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「焼き菓子はテイクアウト可能」
電子決済「あり」
コロナ対策「手指消毒・マスク」
公式https://www.instagram.com/ashibekyoto/

評判(口コミ)


カフェ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。