Cafe Eden(カフェエデン・古民家カフェ・京丹波町)2021年4月3日開業

京都府船井郡京丹波町、田園広がる風光明媚な場所にある築150年の古民家を使ったカフェ「Cafe Eden(カフェエデン)」へ行って来ました。和知エリアの大迫(おおさこ)地区にあり、お店も広く快適で雰囲気も良いお店です。名物はスパイスカレー、ものすごく美味しいカレーでした。

2021年4月3日オープン Cafe Eden(カフェエデン)


2021年4月3日オープン Cafe Eden(カフェエデン)

2021年4月3日オープン Cafe Eden(カフェエデン)

京都府船井郡京丹波町、田園と山くらいしかない長閑な集落(大迫地区)で築150年の古民家カフェCafe Eden(カフェエデン)」が2021年4月3日に新店オープンします。

大迫(おおさこ)の集落にあり、かなりの発見困難店

まさに秘境カフェとも言える古民家カフェです。

築150年の古民家カフェです(cafe Eden)

築150年の古民家カフェです(cafe Eden)

立派な農家だったと思われる古民家は広く、店内もキレイにリノベーションしており、古民家の雰囲気を堪能しながらコーヒー・スイーツ・カレーなどをいただけるお店です。

店主さんは女性の方で右京区や亀岡市に住んでいたそうですが、田舎の雰囲気を求めて京丹波町へ移住してきました。

カレーがものすごく美味しいカフェ(cafe Eden)

カレーがものすごく美味しいカフェ(cafe Eden)

名物のスパイスカレーがものすごく美味しいので、これを食べに行くだけでも価値があるかと思います。

なお、これを書いている時点では公式インスタグラムにも場所の記載がなく住所未公表でしたが、和知エリアを探しまくって見つけてきました。

今回はこの「cafe Eden(エデン)」の雰囲気やどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


Cafe Eden(店内写真)

Cafe Eden(店内写真)

店内は大広間が2つ、縁側にもソファ席があるなど雰囲気がものすごく良いカフェです。

古い家具もあり、京都の田園にある昔ながらの雰囲気を味わえるお店になっていました。

席数も少ないのでゆったりとしています(cafe Eden)

席数も少ないのでゆったりとしています(cafe Eden)

建物は二階建てですが、一階部分が客席で二階は居住用です。

縁側から優しい光が射し込んできて、のんびりとした雰囲気があります。

掘りごたつのある広間、テーブルはひとつだけ

掘りごたつのある広間、テーブルはひとつだけ

先ほどの大広間の隣りに広間があり、そこには掘りごたつがひとつだけありました。

周囲は畑なので静かにカフェできるのが良いですね。

では、次に「Cafe Eden(カフェエデン)」のメニューを見ていきましょう。

このお店のランチメニューは?


ランチメニュー(cafe Eden)

ランチメニュー(Cafe Eden)

今回訪問した「Cafe Eden(カフェエデン)」のメニューがこちら。

メニューは「バターチキンカレーお菓子ジェラートドリンク」があります。

値段もスイーツ600円~700円、ドリンク500円と手ごろなお値段です。

画像のメニューはプレオープン価格です。

庭にいるアヒル君もお薦めなのがバターチキンカレー

庭にいるアヒル君もお薦めなのがバターチキンカレー

バターチキンカレーは本格的なスパイスカレーで値段は1500円、ちなみにこのカレーがものすごく美味しいのでぜひ注文すべきメニューでした。

ドリンクは「コーヒー・お抹茶・オレンジジュース・リンゴジュース・パイナップルジュース・コーラ」と一般的なカフェメニューで値段も500円均一です。

バターチキンカレー(1500円)
お抹茶と本日のお菓子(700円)
ジェラート2種盛り(600円)
ドリンク(500円)

実食レビュー


バターチキンカレー(1500円)

バターチキンカレー(1500円)

今回は全メニューを網羅してきました。

まず最初にぜひ食べていただきたいのが「バターチキンカレー(1500円)」です。

スパイスの香りが良い辛さ控えめのバターの風味が良いカレー、美味しいカレーを食べたいなと思ったらこのカレーがお薦めです。

トッピングも「かぼちゃ・ゆで卵・チキン・ゴマ和え・ひよこ豆のペースト・野菜・カシューナッツ」などバランスの良い構成で、食べていて「なにこれめちゃ美味い」とスプーンが止まらない美味しさでした。

暖かい日だったのでコーラとオレンジジュースをチョイス

暖かい日だったのでコーラとオレンジジュースをチョイス

ドリンクは暖かい日だったのでコーラオレンジジュースをチョイスしました。

古民家の雰囲気の中でのんびりといただくドリンクが格別です。

コーラ(500円)

コーラ(500円)

お抹茶と本日のお菓子(700円)

お抹茶と本日のお菓子(700円)

こちらが「お抹茶と本日のお菓子(700円)」です。

おうすに和菓子が付いており、濃いめのおうすに甘い和菓子がとてもよく合います。

写真はなんとなく映えた一枚(笑)

お店が広いのでいろいろと位置を変えながら撮影する楽しみもありました。

ジェラートは8種類から2種類を選ぶことができます

ジェラートは8種類から2種類を選ぶことができます

ジェラートは8種類あり2種類を選ぶことができます。

お薦めは「ミルクロッソ」というアイスクリームで、濃厚なミルクの味わいと練乳のような甘さでかなり美味しいです。

シルキーな舌触りなのもすごく良かったです。

もうひとつの赤いのが「あまおう」のジェラートで、ものすごいイチゴの存在感があるジェラートでこちらもお薦めです。

他にも「フランボワーズ・ローストウォールナッツ・まっちゃ・エスプレッソ」などの味がありますので好みの組み合わせで選んでください。

雰囲気の良い静かな古民家カフェ(cafe Eden)

雰囲気の良い静かな古民家カフェ(cafe Eden)

雰囲気の良い静かな古民家カフェが「cafe Eden」というお店です。

営業は週末のみ、徒歩1分のすぐ近くには前日訪問したカフェ「ニコサンカフェ」もあるのでカフェ巡りができます。

ニコサンカフェは不定期営業ですが2021年4月3日はどちらもオープンしているので近い二軒でカフェ巡りができます。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


Cafe Eden(店舗外観写真)

Cafe Eden(店舗外観写真)

では、今回紹介したカフェ「Cafe Eden(カフェエデン)」さんの場所や営業情報についてです。

場所は執筆時点で非公開中でしたが、許可をもらっているので書いてしまいます。

最寄り駅は和知駅でそこから7kmほどの大迫(おおさこ)地区にあるカフェですが、駅からはタクシーもバスもないので自家用車かバイクでしか行くことができません。

レンタサイクルもあるのですが、駅から遠いしカフェも遠いのでお薦めできません。

国道9号線から行く場合は福知山・綾部方面へ走ってください。

コメリハードのある「蒲生(こも)」の交差点を右折(国道27号)して綾部方面へ向かいます(地図)。

市場という交差点で右折(左にローソンとガソリンスタンドがある)

市場という交差点で右折(左にローソンとガソリンスタンドがある)

結構走ると「市場」という左にローソンとガソリンスタンドが見える交差点がありますので右折。

篠原の交差点を道なり(右)へ由良川を越えます

篠原の交差点を道なり(右)へ由良川を越えます

さらにしばらく進むと由良川を越える橋がありますので渡ってください。

交差点名は「篠原(しのはら)」です。

「ぼけ封じ」という白い看板で左折

「ぼけ封じ」という白い看板で左折

少し行ったところに「ぼけ封じ」という白い看板がある左折があります。

大迫(おおさこ)地区へと入る道なので左折します。

戻る感じの右折があります(看板あり)

戻る感じの右折があります(看板あり)

次に2つめの右折で曲がります。

この道を曲がると大迫の集落に入ります。

大迫公民館

大迫公民館

少し進むと開けた場所にでます。

後ろを向くと大迫公民館があります。

写真だと奥側から来たことになりますので少し開けたらと思ったら公民館のところです。

消火栓のところを左折して奥が「cafe Eden(エデン)」

消火栓のところを左折して奥が「cafe Eden(エデン)」

公民館から見えるところに赤い「消火栓」の標識があるので、そこから細い道を入るとお店があります。

中に駐車スペースがあるのでそこに停めてください。

大型車だとやや狭い道幅です

大型車だとやや狭い道幅です

緑の小屋は駐輪場です(手前に駐車スペース)

緑の小屋は駐輪場です(手前に駐車スペース)

住所でいえば「〒629-1111 京都府船井郡京丹波町大迫山根5」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

ジャンル「古民家カフェ」
食事予算「300円~1000円」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「なし」
営業時間「11時~17時」
定休日「平日は休み、営業は土日祝のみ」
駐車場・駐輪場「あり」
住所「〒629-1111 京都府船井郡京丹波町大迫山根5」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
電子決済「あり(Paypay)」
コロナ対策「手指消毒・マスク」
公式1https://www.instagram.com/eden2020621/
公式2https://twitter.com/cafeEden4
公式3https://foodplace.jp/cafe-eden/


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



カフェ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。