2020年11月22日オープン 十五番カフェ 京都店

京都市中京区、四条通から麩屋町通を上がったところに「十五番カフェ(じゅうごばんカフェ)」が2020年11月22日に新店オープンです。白玉だんごのスイーツやコーヒーがあるカフェで、川端滝三郎商店の二階部分で開業していました。

2020年11月22日オープン 十五番カフェ


2020年11月22日オープン 十五番カフェ

2020年11月22日オープン 十五番カフェ

京都市中京区、いわゆる河原町に「十五番カフェ(じゅうごばんカフェ)」が2020年11月22日に新店オープンしています。

場所は四条通から麩屋町通を上がったところにで、川端滝三郎商店の二階部分で開業していました。

白玉だんごの和スイーツを提供しているカフェで、カラフルな白玉だんご、白玉だんごのパフェなどもあるようです。

川端滝三郎商店の二階部分で開業

川端滝三郎商店の二階部分で開業

川端滝三郎商店は食器や調理道具を扱っているお店、その店内の左奥に階段があって2階部分が「十五番カフェ」となっています。

検索すると同名のカフェが検索でヒットするのですが、兵庫県三田市にある「吹上の森」にあるカフェの姉妹店だそうです。

では、気になるので早速入ってみましょう!

店内の様子は?(新型コロナ対策など)


階段を上がるとテーブル席やカウンター席があるカフェになっている

階段を上がるとテーブル席やカウンター席があるカフェになっている

一階部分には信楽焼などのコーヒーカップなどが並ぶお店、入って左奥の階段に「十五番カフェ」と書かれているので、そこを二階へ上がります。

二階に上がるとカフェスペースになっていて、4名テーブルが3卓ほど、一番奥のカウンターは3席ほどありました。

一番奥の窓際からは麩屋町通を見下ろすことができます

一番奥の窓際からは麩屋町通を見下ろすことができます

一番奥のカウンター席からは麩屋町通(ふやちょうどおり)を眺めながらという席になっていました。

今回はカウンター席でいただくことにしましょう。

このお店のメニューは?


白玉だんごの和スイーツのお店です

白玉だんごの和スイーツのお店です

こちらの「十五番カフェ」では、国産うるち米を100%使った白玉だんごを使った和スイーツがメインメニューになっています。

メニューは大きく4つ「串だんご炙りだんごパフェぜんざい」で、他にもケーキが1種類とティラミスが1種類、ケーキとティラミス以外は白玉だんごを使っているようでした。

今回はメインメニューらしき「十五番 季節の彩だんご(1100円)」を注文してみます。

十五番 季節の彩だんご(1100円)


十五番 季節の彩だんご(1100円)

十五番 季節の彩だんご(1100円)

この「十五番 季節の彩だんご」は串だんごで、3種類の餡(栗きんとん、黒ごま、渋皮マロン)と栗や黒豆がトッピングされたカラフルなお団子です。

値段はコーヒーなどとセットで1100円、煎茶・ほうじ茶・コーヒーからドリンクは選ぶことができます。

今時のインスタ映えを狙えそうなビジュアル、女子ウケがとても良さそうな可愛らしいスイーツです。ちなみに、私はこういうの大好きです。

十五番ブレンド珈琲(550円)


十五番ブレンド珈琲(550円)

十五番ブレンド珈琲(550円)

セットのドリンクにはコーヒーをチョイス。

たぶん「十五番ブレンド珈琲」という三田市のカフェ「吹上の森」の焙煎豆だと思います。

ミルクと砂糖は付いていないのですが、酸味香りのバランスの良い味わいがするコーヒーで飲みやすいです。

お団子は手の込んだものなので、コーヒーとセットで1100円なら普通くらいのお値段だと思いました。

メニューは他にも自分で団子を焼く「焙りだんご(1000円)」というのもありました。そちらは普通に日本の団子というビジュアルだったので今回は食べませんでしたが、京都らしい一品でした。

ちなみに、一番安いのは「十五番 きな粉だんご(550円)」でドリンク付きです(コーヒーだけ注文するのと同じ値段)。

観光地のど真ん中ですが、意外にもリーズナブルなお値段です。

十五番 季節の彩だんご(1100円)ドリンク付き
十五番 炙りだんご(1100円)ドリンク付き
十五番 みたらしだんご(600円)ドリンク付き
十五番 きな粉だんご(550円)ドリンク付き
栗とお抹茶のパフェ(1250円)
お抹茶のティラミス(800円)
抹茶のテリーヌ(700円)
十五番 ぜんざい(900円)
煎茶(450円)
ほうじ茶(450円)
抹茶ラテ(700円)
きな粉ラテ(600円)
アイスみるく珈琲(550円)
甘酒(500円)
十五番ブレンド珈琲(550円)
紅茶(550円)

このお店への行き方や営業時間は?


十五番カフェ(店舗外観写真)

十五番カフェ(店舗外観写真)

では「十五番カフェ」の場所についてです。

場所は河原町駅から近い、四条通から麩屋町通を上がったところです。地下道からなら11番出口を出ると麩屋町通のところに出ます。

営業時間は「10時~18時」で、定休日は書かれていませんでしたが「水曜日」だそうです。

位置的には錦小路通(錦市場)から近く、観光客は多いのですが脇道に入るのでそんなに混んではいませんでした。

〒604-8053 京都府京都市中京区桝屋町505番地(地図
営業時間:10時~18時
定休日:水曜日
公式Instagram:https://www.instagram.com/15bancafe_kyoto/?igshid=fw8wdsymom3o


カフェ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。