2020年10月15日オープン Laughter ラフター(カフェ、京都・西陣)

京都市上京区、西陣の寺之内通を金閣寺方面から走っていると新しいカフェが開業準備中でした。お店の名前は「Laughter」で「ヒト」にフォーカスしたクラフト感溢れる自家焙煎コーヒーのお店です。夜もBarとして営業するそうです。コーヒーはタイ北部の少数民族「アカ族」が生産した豆を自家焙煎しています。

2020年10月15日オープン Laughter ラフター


2020年10月15日オープン Laughter ラフター(カフェ、京都・西陣)

2020年10月15日オープン Laughter ラフター(カフェ、京都・西陣)

京都の地元(金閣寺)から寺之内通を東へ走っていると、千本通を越えたくらいのところに新しく自家焙煎コーヒーのカフェ「Laughter」が開業準備中でした。

8月中旬に見に来た時には看板などもなく、基礎工事をしていたようですが、9月30日時点で店名「Laughter」と書かれていました。

自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店「Laughter ラフター」というお店です

自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店「Laughter ラフター」というお店です

実はこちら「株式会社アカイノロシ」というタイ北部の少数民族「アカ族」が生産したコーヒー豆の輸入・卸売をしている会社の実店舗1号店です。

この投稿をInstagramで見る

[10/15オープン予定] 京都西陣に"ヒト"にフォーカスしたクラフト感溢れるコーヒー自家焙煎店をオープンします。 もともとタイ北部のアカ族が作るスペシャルティコーヒーを輸入・販売していた株式会社アカイノロシ @akhainoroshi_coffee の初実店舗となります㊗️ これからお店に関しての情報を日々発信していきますのでよろしくお願いいたします。 #laughter #laughtercoffee #akhainoroshi #coffee #cafe #kyoto #kyotocoffee #kyotocafe #kyototravel #thaicoffee #fairtradecoffee #アカイノロシ #コーヒー #カフェ #京都 #京都西陣 #京都コーヒー #京都カフェ #京都旅行 #タイコーヒー #フェアトレードコーヒー #自家焙煎 #自家焙煎コーヒー #自家焙煎珈琲 #自家焙煎珈琲豆

Laughter(@laughter_coffee)がシェアした投稿 –

すぐ南は小さな公園、壁に「Laughter」と書かれています

すぐ南は小さな公園、壁に「Laughter」と書かれています

カフェとしての営業は昼のみ、夜は大学生が運営するBarになるそうです。

すぐ南側に小さな公園があり、そこで飲んでいくこともできそうですが、店内にカウンターと少し広めのスペースがあります。

オープン日は2020年10月15日

最近は西陣にカフェが多く開業するようになって嬉しい限りです。

直近では2020年10月7日(予定)の「mantis(マンティス)」や、もうすぐ移転してくる「風とCOFFEE」など。

少し前だと、2020年2月13日開業の「イワシコーヒー」や2020年5月9日オープンの「cafe wakka」に「喫茶キオト(木音)」も西陣での開業です。

さらに、2020年9月2日オープン「喫茶ヒトクチヤ」に「喫茶コバ」さん、ホテル1階のカフェ「KéFU stay & lounge」などなど・・・・

京都・西陣はカフェの町になるのかもしれませんね!

この投稿をInstagramで見る

今日は1日レンタカーを借りて備品を大量に買い出しに。 そのあとは今まで好意でお店の片隅を間借りして置かせていただいていたコーヒーの生豆を引き取り、お店の方に移しました。 少しづつですが物が増え、豆がやってくると徐々にオープンが近づいてきたことを実感します。 前回輸入した豆も残り300kgを切り、コロナでストップしていた農園とのやり取りも再開し、新たな豆の輸入に動き出しています。 早く農園にいける日常が取り戻されることを願うばかり。 日が暮れると店がこんな感じになるのですが、カウンター横の手前に焙煎機がくるのでめちゃくちゃかっこいいだろうなぁ。 @laughter_coffee #laughter #laughtercoffee #akhainoroshi #coffee #cafe #kyoto #kyotocoffee #kyotocafe #kyototravel #thaicoffee #fairtradecoffee #アカイノロシ #コーヒー #カフェ #京都 #京都西陣 #西陣コーヒー #西陣カフェ #京都コーヒー #京都カフェ #京都旅行 #タイコーヒー #フェアトレードコーヒー #おうち時間 #おうちコーヒー #自家焙煎 #自家焙煎コーヒー #自家焙煎珈琲 #自家焙煎珈琲豆

Laughter(@laughter_coffee)がシェアした投稿 –

店内の様子は?(新型コロナ対策など)


コンクリ壁の最近よく見る倉庫風の内装デザイン(Laughter ラフター)

コンクリ壁の最近よく見る倉庫風の内装デザイン(Laughter ラフター)

店内は、コンクリ壁と木を基調にしたデザインで、最近よく見る倉庫風の内装になっています。

入口カウンター手前に手指消毒液、オープンカフェ形式なので入口は開いたままで解放感がありました。

店内にはテーブルが2卓ほどありますが、食事とかはないのでコーヒーを立ちながらでもいいかなと思います。また、隣りの小さな公園で飲むのも良さそうです。

夜はバー、昼のみカフェになります

夜はバー、昼のみカフェになります

カフェは基本的には昼のみの営業で、夜はバーになります。

お店は24歳の若いふたりで運営、お二人で大学生時代(伏見区の龍谷大)にタイコーヒーの豆を扱う会社を設立して、今回の実店舗展開となったそうです。

カウンターにはオリジナルブレンドのコーヒーが並び、その場でドリップもしてくれます。

富士ローヤルの立派な自家焙煎機を使っています

富士ローヤルの立派な自家焙煎機を使っています

店内には富士ローヤルの立派な自家焙煎機も設置。

換気は南側の公園の方に出るようにして周辺への配慮もしていました。

このお店のメニューは?


オープン直後の「Laughter ラフター」へ

オープン直後の「Laughter ラフター」へ

2020年10月15日10時に「Laughter ラフター」が新店オープンしたので早速行って来ました。

コーヒーは自家焙煎のスペシャルティコーヒーです。

お店の方も気さくで、場所も地元の西陣と立ち寄りやすいのが個人的にグッドな感じでした。

また、住宅街なのでとても静か。

地元の方の憩いの場になりそうです。

ラフターブレンド(中煎り)、西陣ブレンド(深煎り)、ハウスブレンド(中煎り)

ラフターブレンド(中煎り)、西陣ブレンド(深煎り)、ハウスブレンド(中煎り)

コーヒーは10種類ほどありましたが、気になるのはオリジナルの「ラフターブレンド(中煎り)、西陣ブレンド(深煎り)、ハウスブレンド(中煎り)」あたりでしょう。

特に、西陣ブレンドという地元向けの焙煎豆が気になります。

値段は100gで700円程度です。

西陣ブレンド(深煎り)


西陣ブレンド(深煎り)

西陣ブレンド(深煎り)

店内でドリップコーヒーとカフェオレを飲んでいくこともできます。

ドリップはイートイン450円、テークアウト400円となっており、カフェオレは550円と500円です。

今回は「西陣ブレンド(深煎り)」を飲んでみました。

最初に甘み、すぐ後にズシンとした苦みが来るストロングな味わい(西陣ブレンド)

最初に甘み、すぐ後にズシンとした苦みが来るストロングな味わい(西陣ブレンド)

西陣ブレンドは最初に甘み、すぐ後にズシンとした苦みが来るストロングな味わいのコーヒーです。

普段から飲んでいるのがこういうストロング系なんで私にはちょうど良い焙煎でした。

最近は深煎りがないカフェもありますが、地元でこういう好みのコーヒーがあるのは嬉しいかぎりですね。

メニュー


メニュー、ドリップはイートイン450円、テークアウト400円

メニュー、ドリップはイートイン450円、テークアウト400円

このお店への行き方や営業時間は?


自家焙煎コーヒーのカフェ「Laughter ラフター」

自家焙煎コーヒーのカフェ「Laughter ラフター」

では、京都西陣で2020年10月15日に開業する自家焙煎コーヒーのカフェ「Laughter」の場所についてです。

京都市上京区で、千本通から寺之内通を東へ、2筋目の北側に小さな公園があるのですが、そこの北隣りです。

近くには「西陣カフェシュシュファボリ」と「西陣イノクマカフェ」がある通りというと分かりやすいかもしれません。

営業時間は「10時~19時」で、定休日は「不定休」となっていました。

〒602-8493 京都府京都市上京区中猪熊町289(地図
営業時間:10時~19時
定休日:不定休
公式Instagram:https://www.instagram.com/laughter_coffee/

評判(口コミ)

この投稿をInstagramで見る

本日は一日ブレンド会議。 会社の創業前からお世話になっているamano coffee roastersの天野師匠と一緒に店の顔となるブレンドを試作しました。 最近のスペシャルティブームでシングルオリジンのコーヒーが注目を集めている感じがありますが、私はやはり今でもブレンドこそそのお店が何を表現しようとしているかがわかるような気がして、お店に行ったらブレンドを飲むようにしています。 うちのブレンドもめちゃくちゃ美味しくできたのでオープンした際にはまず飲んでみてください。 #laughter #laughtercoffee #akhainoroshi #coffee #cafe #kyoto #kyotocoffee #kyotocafe #kyototravel #thaicoffee #fairtradecoffee #アカイノロシ #コーヒー #カフェ #京都 #京都西陣 #西陣コーヒー #西陣カフェ #京都コーヒー #京都カフェ #京都旅行 #タイコーヒー #フェアトレードコーヒー #おうち時間 #おうちコーヒー #自家焙煎 #自家焙煎コーヒー #自家焙煎珈琲 #自家焙煎珈琲豆

Laughter(@laughter_coffee)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

オープンまでもう少し。 入り口にロゴが入ったり、壁に看板ができたりすると実感が湧くな。 準備しなきゃいけないことが詰まってきて大変だけどがんばろ! @laughter_coffee #laughter #laughtercoffee #akhainoroshi #coffee #cafe #kyoto #kyotocoffee #kyotocafe #kyototravel #thaicoffee #fairtradecoffee #アカイノロシ #コーヒー #カフェ #京都 #京都西陣 #西陣コーヒー #西陣カフェ #京都コーヒー #京都カフェ #京都旅行 #タイコーヒー #フェアトレードコーヒー #おうち時間 #おうちコーヒー #自家焙煎 #自家焙煎コーヒー #自家焙煎珈琲 #自家焙煎珈琲豆

Laughter(@laughter_coffee)がシェアした投稿 –


カフェ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。