映画のまちの駄菓子売り場 映菓座(右京区・帷子ノ辻)

京都市右京区、帷子ノ辻駅(かたびらのつじえき)ビル内で「映画のまちの駄菓子売り場 映菓座(えいがざ)」が2021年3月31日に新店オープンしました。映画の街にある駄菓子屋というコンセプトのお店で店内には最近のものから昔懐かしいものまで駄菓子がたくさん売られています。

2021年3月31日オープン 映画のまちの駄菓子売り場 映菓座(えいがざ)


2021年3月31日オープン 映画のまちの駄菓子売り場 映菓座

2021年3月31日オープン 映画のまちの駄菓子売り場 映菓座

京都市右京区、帷子ノ辻駅(かたびらのつじえき)で「映画のまちの駄菓子売り場 映菓座」が2021年3月31日に新店オープンです。

映画の街にある駄菓子屋というコンセプトで駄菓子がたくさん売られていました。

駅ビル「ランデンプラザ帷子」の2階で開業していて、映菓座は「えいがざ」と読むそうです。

最近のものから懐かしい駄菓子まであります

最近のものから懐かしい駄菓子まであります

駄菓子なので値段も20円程度からあり、お得サイズの駄菓子が400円程度で売られています。

子供向けのお菓子ですが、大人も楽しめる雰囲気です。

今回はこの「映菓座(えいがざ)」の雰囲気やどんな駄菓子があるのかをレビューします。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


映菓座(店内写真)

映菓座(店内写真)

お店は駅ビルのワンフロアなので広さがあり、そこにたくさんの駄菓子が並べられていました。

テレビで取り上げられたお菓子のコーナーや昔懐かしい駄菓子のコーナーなど、選びやすいように並んでいるのが特徴です。

この店内は映画の街らしく、株式会社松竹撮影所で映画・テレビ作品で美術を担当してきた原田哲男さんが監修しているそうです。

小さい子が好きそうなキャラクターもの駄菓子

小さい子が好きそうなキャラクターもの駄菓子

大人でも子供でも楽しめるように駄菓子が並んでいて、小さい子が好きそうなキャラクターもの駄菓子もあります。

昔から大阪っ子の定番「やまとの味カレー」22円

昔から大阪っ子の定番「やまとの味カレー」22円

長崎県佐世保市でつくられている「やまとの味カレー(22円)」もありました。

昔から大阪っ子のおやつの定番商品です。

岩手名物、銘菓「ピーナッツ煎餅(南部煎餅)」

岩手名物、銘菓「ピーナッツ煎餅(南部煎餅)」

今の子供は食べないかもしれませんが、岩手名物の銘菓「ピーナッツ煎餅(南部煎餅)」もあります。

京都の駄菓子「カルルス」は右京区太秦でつくられています

京都の駄菓子「カルルス」は右京区太秦でつくられています

京都の駄菓子「カルルス」もありました。

これ右京区太秦でつくられているんで、地元のお菓子です。

いわゆる炭酸せんべいで、私はこれ大好きです。

あたり前田のクラッカー(大阪府堺市)

あたり前田のクラッカー(大阪府堺市)

大阪の味「あたり前田のクラッカー」も売られていますね。

素朴な味わいですがクセになります。

この「映画のまちの駄菓子売り場 映菓座」さん、いろいろな駄菓子が売られていて、大人でも躊躇なく入れる雰囲気が良いと思いました。

また、ちょくちょくと買いに行きたいと思います。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


映画のまちの駄菓子売り場 映菓座(店舗外観写真)

映画のまちの駄菓子売り場 映菓座(店舗外観写真)

では「映画のまちの駄菓子売り場 映菓座」への行き方や営業情報についてです。

場所は嵐電帷子ノ辻駅ビル「ランデンプラザ帷子」2階です。

住所でいえば「〒616-8151 京都府京都市右京区太秦帷子ケ辻町30−3 ランデンプラザ帷子 2F」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場はないので近隣のコインパーキングを利用してください(地図)。駐輪場は自転車とバイクの有料駐輪場がビル周辺にありますが無料時間が長いので買い物程度なら無料で駐輪できます。

営業時間は「11時~18時」で、定休日はありません。

ジャンル「駄菓子屋」
食事予算「20円~1000円」
営業時間「11時~18時」
定休日「年末年始」
駐車場・駐輪場「駐輪場あり」
住所「〒616-8151 京都府京都市右京区太秦帷子ケ辻町30−3 ランデンプラザ帷子 2F」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
コロナ対策「手指消毒・マスク」


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!