お好み焼き吉野 焼きそば@京都「路地裏にたたずむ隠れ家店」が魔法のレストランで紹介

京都の老舗お好み焼き屋さん「吉野」さんが『水野真紀の魔法のレストランR』で紹介されるそうです。創業は1963年、京都では比較的最近のお店ですが、50年以上なので相当古くから営業されています。京都ではかなり有名で、観光客などがたくさん訪問し、テレビでも紹介されることが多くて有名人のサイン色紙がたくさんあります。紹介されるのは京都の「激ウマ麺ベスト5」という企画です。

今回は、それで紹介される「焼きそば(値段900円)」を実食レビューします。

お好み焼き吉野の焼きそばが『魔法のレストラン』で紹介


お好み焼き吉野が水野真紀の魔法のレストランR』で紹介

お好み焼き吉野が水野真紀の魔法のレストランR』で紹介

2018年5月2日放送の『水野真紀の魔法のレストランR』で、京都の「激ウマ麺ベスト5」が紹介されると予告されていました。

予告では4店舗しか映像が出ていなかったのですが、お店の名前などは書かれていませんでした。

(1)限定20食幻の中華そば(樽八
(2)800食が連日完売!並んででも食べたい冷麺(サカイの冷麺)
(3)濃厚ウマ辛ソースがたまらない濃厚ウマ辛ソースの焼きそば(吉野)
(4)八坂神社近くにある11種類のスパイスを使った「京風カレーうどん」(味味香のカレーうどん
(5)担担麺(千本丸太町 坦坦

ラーメンについては見たことがないラーメンですが、有名店だったら「高安」かなと思われますが「樽八」さん牛スープのラーメンが紹介されます。

他は、(2)は「サカイの冷麺」、(3)は「吉野の焼きそば」、(4)は「味味香のカレーうどん」であるのは間違いなさそうでした。

もうひとつ(5)で千本丸太町「坦坦」さんが紹介されます。

この中で一番気になるお店は、番組予告で「路地裏にたたずむ隠れ家店」と紹介されている「お好み焼き 吉野」さんかなと思います。

お好み焼き 吉野さんは、本当にビックリするくらいの路地奥にあるお店で、三十三間堂のすぐ近くにあるお好み焼き屋さんです。

路地裏にたたずむ隠れ家店「お好み焼き吉野」


ここにあるんかい!とツッコミ入れそうな入口

ここにあるんかい!とツッコミ入れそうな入口

さて、三十三間堂といえば京都駅から一番近い超有名な観光地ですが、そこの南西すぐの所にあるのが「お好み焼き吉野」さんです。

昔ながらの京都のお好み焼き屋さんという感じですが、その立地がものスゴイのです。

京都は区画割りがハッキリとしているのですが、小さい区画の真ん中にあるお店で道に沿ってある店舗ではなく、京都の「路地」という行き止まりの道を入った所にあるのです。

木屋町とか祇園とかではよくある路地店

木屋町とか祇園とかではよくある路地店

上の写真が路地の入口ですが、看板がなければ絶対に入らないような場所です。

京都では木屋町とか祇園には、こういったお店はたくさんあるのですが、逆に立地の悪さがウケていたりすることがあります。

京都らしいといえばそういうお店で、こちらの「お好み焼き吉野」さんも大変人気の高いお店です。

お好み焼き吉野 店内の様子


お好み焼き吉野 店内の様子、なんとかカウンターに座れました

お好み焼き吉野 店内の様子、なんとかカウンターに座れました

この「お好み焼き吉野」さんですが、お店は狭くて路地裏のお店という雰囲気ですが、昼時には観光客や地元の方々でかなり賑わっています。

昼時だと行列になることもあり、訪問時も座ることも難しい満席状態でしたが、かろうじてカウンターというか鉄板席に1席だけ空きがありました。

テーブル席は4人席が2卓、調理場前にカウンターというか鉄板があって、そこに5人。

入って右奥にも鉄板カウンターがあって12人くらいが着席できるようになっています。

吉野さんの店内には有名人のサイン色紙がたくさん貼ってありました

吉野さんの店内には有名人のサイン色紙がたくさん貼ってありました

店内には有名人のサイン色紙がたくさん貼ってあります。

特にテレビの食レポーターのものが多いのですが、こちらの「お好み焼き吉野」さんはテレビで何度も紹介されている超有名店です。

カウンターでは名物女将さんが愛想よくお好み焼きを焼いており、アットホームな雰囲気です。

お好み焼き吉野 メニューと値段


お好み焼き吉野 メニューと値段

お好み焼き吉野 メニューと値段

さて、こちらの「お好み焼き吉野」さんですが、お好み焼き屋さんなので、普通はそれを食べるところですが、今回は「焼きそば」を食べてみることにします。

焼きそば(小)800円から、大は2玉で950円が基本なのですが、普通はこれにトッピングをします。

京都ではお好み焼きも焼きそばも、トッピングが分かりづらくて、老舗だとメニューに書かれておらず、トッピングからチョイスできるようになっていることが多いです。

ただ、お店のオススメがメニューにのっていることが多くて、メニューに「全部入り」とか書いてあればそれを頼んでおけば無難でしょう。

・焼きそば(小)800円
・焼きそば(大)950円
・焼きうどん(小)800円
・焼きうどん(大)950円
・肉玉(お好み焼き)800円
・豚玉(お好み焼き)800円
・イカ玉(お好み焼き)800円
・スジ玉(お好み焼き)800円
・ホソ玉(お好み焼き)950円
・油かす玉(お好み焼き)950円
・焼きめし 800円
・オムライス 900円

今回は「肉のみ」にしました。

値段は消費税込みで860円、天かすも入れようかと悩みました(笑)

濃厚ウマ辛ソースがたまらない焼きそば 実食レビュー


濃厚ウマ辛ソースがたまらない焼きそば

濃厚ウマ辛ソースがたまらない焼きそば

上の写真が「焼きそば(肉入り)」です。

値段は800円で、消費税込みで860円になりました。

加水率低めの生麺を茹でたものでしょうか、ほんのりコシのある中太麺が使われています。

味付けはソース、たぶん甘味のものが使われており、ほんのり辛い中に甘みのあるソースが濃い口に付けられていました。

キャベツにはソースの酸味がよく馴染んでおり美味で、焼きそばは生麺から茹でて使うのは一番美味しいと思うので満足の逸品でした。

焼きそばとして十分おいしいもので、なるほど人気店になるだけはありますね。

お好み焼き吉野 への行き方(アクセス方法)


お好み焼き吉野さんの門構え、気楽に入れるお店です

お好み焼き吉野さんの門構え、気楽に入れるお店です

さて「お好み焼き吉野」さんへの行き方(アクセス方法)ですが、単純に「三十三間堂」まで行って西の道を南に向かえばお店があります。

途中、クランクになっていますが、基本まっすぐ進んで一筋目を越えて、すぐ左側くらいにあります。

創業は1963年なので、私が生まれる前から営業しているという老舗です。

駐車場は専用のものが5台ほど完備されており、この立地で駐車場が使えるのは嬉しい限りです。

専用駐車場は隣の月極駐車場の奥です

専用駐車場は隣の月極駐車場の奥です

京都府京都市東山上池田町546-6
営業時間:11時~17時
定休日:月曜日、火曜日

水野真紀の魔法のレストランR 2018年5月2日 予告


水野真紀の魔法のレストランR 2018年5月2日 予告は以下の通りです。

ミシュラン三つ星料理人推薦!京都激ウマ麺ベスト5
限定20食幻の中華そば▼800食が連日完売!並んででも食べたい冷麺▼濃厚ウマ辛ソースがたまらない焼きそば!▼11種類のスパイスを使った「京風カレーうどん」


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。