ラ プティ セヌ @京都・岡崎 肉感がすごいハンバーグ今ちゃんの『実は・・・』で紹介

京都の岡崎エリアにあるフランス料理店「La Petit Scene(ラ プティ セヌ)」さんが、11月22日放送今ちゃんの『実は・・・』で紹介されます。この「ラ プティ セヌ」さんのハンバーグステーキを「ステーキより肉感がすごいハンバーグ」としてサバンナの二人が食べたそうです。

では「ステーキより肉感がすごいハンバーグ」とはどのようなハンバーグなのでしょうか。

フランス料理 La Petit Scene(ラ プティ セヌ)今ちゃんの『実は・・・』で紹介


フランス料理 La Petit Scene(ラ プティ セヌ)店内の様子

フランス料理 La Petit Scene(ラ プティ セヌ)店内の様子

京都・岡崎にある「フランス料理 La Petit Scene(ラ プティ セヌ)」さんが、11月22日放送今ちゃんの『実は・・・』で紹介されます。

予告では「あくなきこだわりで肉料理を追及するシェフの名店」とあり、そんな店は岡崎エリアだと「La Petit Scene(ラ プティ セヌ)」さんなので、オーナーシェフに言質を取ってきました。

・あくなきこだわりで肉料理を追及するシェフの名店が登場!
・ステーキより肉感がすごい!と常連客が絶賛する絶品ハンバーグの実態とは

ステーキより肉感がすごいハンバーグ」と予告されているのは「ラ プティ セヌ」さんでランチとディナーの両方で提供されている「ハンバーグステーキ」のことです。

今回は、この「ステーキより肉感がすごいハンバーグ」を実食レビューします。

ステーキより肉感がすごいハンバーグ


お店は細かいところに気を配っている感じがします

お店は細かいところに気を配っている感じがします

予告でも「あくなきこだわりで肉料理を追及するシェフの名店」とあるのですが、「La Petit Scene(ラ プティ セヌ)」さんは細かいところまで気を使っているお店のように思えました。

お水は無料ですが瓶に入って出てきますし、卓上は1回ごとに取り換えられるよう大きなペーパーシートが敷かれていました。

こういう細かいところに気が使えるお店は、経験では料理の方も間違いないものです。

最初に「パン」と「サラダ」が出てきます

最初に「パン」と「サラダ」が出てきます

今回はランチセットの「ハンバーグステーキ 1500円(デザート付き)」を発注しました。

デザートなしだと1400円ですが、洒落たスイーツが100円増しで食べられるのでデザートも食べておくほうが良いと思います。

価格的にも気楽なお店で、ランチセットの最初には「パンとサラダ」が出てきました。

パンはカリカリと軽く焼いてある「バゲット」で、サラダはニンジンとレタスにお酢が強めのドレッシング(ヴィネグレット)がかかっていました。

こちらがステーキより肉感がすごいハンバーグステーキ

こちらがステーキより肉感がすごいハンバーグステーキ

メインは、お目当ての「ステーキより肉感がすごいハンバーグステーキ」です。

ハンバーグステーキは、昼はランチセット(1400円~)で、夜は一品料理(1600円)として提供されています。

お肉は外国産牛肉で赤身の部分を使っています(リブロースと肩ロース)。

産地は都度変わるそうですが、今回はオーストラリア産牛肉で作られていました。

適度な肉汁に香辛料が効いたハンバーグです

適度な肉汁に香辛料が効いたハンバーグです

ハンバーグステーキは、牛赤身をそのまま捏ねて焼き上げたタイプです(つなぎに卵をほんの少し使っているだけです)。

香辛料が強めに効かせてあり、表面には炒めた玉ねぎがのっています。

肉汁は適度に出ており、これはあえて和牛を使わないで肉汁を抑える感じにしてあるためです。

昨今は「肉汁ハンバーグ」に行列ができたりもしますが、某番組で紹介された京都のハンバーグ店の肉汁は、中に仕込んだ脂玉だったりしてガックリしたことがあります。

お肉の味わいがとてもよく出ています

お肉の味わいがとてもよく出ています

「ラ プティ セヌ」さんでは、変な小手先の工夫はしていない、肉の味で直球勝負したハンバーグステーキです。

口の中に放り込んだだけで、肉の味が広がります。

フレンチ式なのでマスタードをつけて食べるようになっており、添えられているポテトも良い味で、パクパクいけてしまいました。

たった100円で付いてくるデザート

たった100円で付いてくるデザート

前述のように、100円増しの1500円でスイーツの盛り合わせが出てきました。

これはお得なので一緒に食べておきましょう。

スイーツは「マスカットのタルト生チョコアイスとフルーツケーキ」の組み合わせになっていました。

質と量を考えて、これで価格が1500円なのでお得なセットと言えますね。

La Petit Scene(ラ プティ セヌ)基本情報


La Petit Scene(ラ プティ セヌ)外観

La Petit Scene(ラ プティ セヌ)外観

さて「La Petit Scene(ラ プティ セヌ)」さんの場所ですが、平安神宮の近くで「みやこめっせ」の西筋を南に、右折してすぐ南に向かう「古川町通」沿いにあります。

「京都水道会館」の南にある通りで、京都文教大学の付属校の西筋です。

細長いマンションの半地下にあるお店で、駐車場などはありませんが、少し南の「いっちゃんラーメン」の前にコインパーキングがあります。

オーナーは感情の起伏が少ない方ですが、かなり真面目なタイプなので(職人気質)、料理のことを話してみると結構話してくれます。

京都府京都市左京区東門前町519-3
営業時間:11:30~14:30、18時~21:30
定休日:木曜
URL:http://www.lapetitscene.com/

今ちゃんの実は 11月22日 予告


他にも「山元麺蔵」さんと「キラメキノトリ」さんも紹介されます。(リンクで該当記事へ)

今ちゃんの実は 11月22日 予告は以下の通りです。

サバンナのグルメロケは“秋の京都シリーズ”第2弾!今回は”平安神宮”周辺で名店を巡る。”岡崎エリア”と呼ばれるこの地域は、美術館や公園などが密集し、北側には京都大学がある京都屈指の文教地区。地元の銭湯を訪れたサバンナは、地元の男性から気になる情報が!自らを「ヘンタイ」と呼ぶほどのあくなきこだわりで肉料理を追及するシェフの名店が登場!「ステーキより“肉感”がすごい!」と常連客が絶賛する絶品ハンバーグの実態とは?


今ちゃんの『実は・・・』で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。