手打大山そば響 @京都・出町柳「京都で大山蕎麦を食べられるお店」実食レビュー

京都には本格的な大山蕎麦を食べられるお店が3店舗あります。阿国庵(おくにあん、岡崎)、八雲蕎麦(やくもそば、南座の東)、そして今回紹介する手打大山そば響(出町柳)です。鳥取県米子市の大山(だいせん)ふもとで育った蕎麦粉で手打ちした蕎麦で出雲蕎麦の系譜にある郷土料理です。

広告

京都・出町柳に「コシ・ツヤ・香りの本格大山蕎麦の店」がある


大山蕎麦が美味すぎ(手打大山そば響)

大山蕎麦が美味すぎ(手打大山そば響)

京都・出町柳にコシ・ツヤ・香りが本格な大山蕎麦のお店があります。

駅の目の前にあるのですが、路地を入った奥まったところにあるのであまり知られてはいません。

しかし、そこには鳥取の大山そばという出雲そばの流れを組む本格手打ち蕎麦のお店があるのです。

出町柳駅前の路地の奥にお店があります(手打大山そば響)

出町柳駅前の路地の奥にお店があります(手打大山そば響)

お店の名前は・・・・

手打大山そば響

場所は叡電「出町柳駅」の東にある駐輪場のお向かい(南側)で、細い路地の奥です。

カウンター4席(手打大山そば響)

カウンター4席(手打大山そば響)

小さなお店で入るとカウンターが4席

お座敷もあります(手打大山そば響)

お座敷もあります(手打大山そば響)

入口右んはお座敷もあって4名まで座れます。

ということで、合計8席のお店なので大人数だとキャパを越えてしまいます。

手打大山そば響の本格大山蕎麦が美味すぎ!


手打大山そば響の本格大山蕎麦が美味すぎ!

手打大山そば響の本格大山蕎麦が美味すぎ!

手打大山そば響さんの本格大山蕎麦は毎日ご主人が手打ちされているそうです。

そば粉は鳥取・米子(よなご)の大山(だいせん)の麓(ふもと)で育ったもので、正真正銘の「大山そば」です。

これが「コシ・ツヤ・香り」いずれもパーフェクトで、かなり美味しいお蕎麦なんです。

京都で大山蕎麦を食べられるお店は貴重

京都で大山蕎麦を食べられるお店は貴重

京都で大山蕎麦を食べられるお店は貴重です。

食べられるのは平安神宮の東側にある「阿国庵(おくにあん)」さん、南座の東(四条通沿い)の「八雲蕎麦(やくもそば)」さん、出町柳の「手打大山そば響」さんくらいでしょうか。

阿国庵(おくにあん、岡崎)
八雲蕎麦(やくもそば、南座の東)
手打大山そば響(出町柳)
つめたいおそば(1180円から)

つめたいおそば(1180円から)

つめたいおそばは1180円から、今回は「とろろもり(1280円)」をいただきました。

あたたかいおそば(880円から)

あたたかいおそば(880円から)

あたたかいおそばは880円~1350円となっていました。

味付けは京都のお店でも大山そばなので濃いめのつけ汁となっていて、本格的な大山蕎麦を食べることができて大満足でした。

手打大山そば響 営業情報


手打大山そば響、素晴らしい味の大山蕎麦でした

手打大山そば響、素晴らしい味の大山蕎麦でした

では「手打大山そば響」さんの営業情報についてです。

場所は前述のように出町柳駅前で、駐輪場の隣にある路地奥です。

自転車やバイクは路地に駐輪できるので便利です(私道)。

営業時間は「11時40分~19時」となっており、定休日は「月曜日、第3火曜日」となっていました。

京都府京都市左京区田中下柳町20
営業時間:11時40分~19時
定休日:月曜日、第3火曜日(祝日の場合は営業し翌日休み)


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。