ハイ・どうぞ ふしみや食堂 @京都・二条「学食風カレーライス」実食レビュー

京都・二条駅近くに安い値段でカレーやうどんが食べられる大衆食堂「ハイ・どうぞ ふしみや食堂」さんが新店オープンしています。オープン日は2019年2月10日で、500円からカレー・うどん・丼ものが食べられる京都によくある大衆食堂です。

今回は「学食風カレーライス」というのを食べてみました。

広告

ハイ・どうぞ ふしみや食堂 2019年2月10日新店オープン


ハイ・どうぞ ふしみや食堂さんの500円「学食風カレーライス」

ハイ・どうぞ ふしみや食堂さんの500円「学食風カレーライス」

2019年2月10日に京都の二条駅近くに新店オープンした「ハイ・どうぞ ふしみや食堂」さん。

子供食堂などをされていた場所で新しく開店した食堂で、学生でも気軽に食べられるような価格設定の定食などがあります。

学生でも気軽に食べられるような価格設定(ハイ・どうぞ ふしみや食堂)

学生でも気軽に食べられるような価格設定(ハイ・どうぞ ふしみや食堂)

メニューは「麺類どんぶり類日替わり定食カレー」などがあり、京都ではよくある「麺類一式」の大衆食堂に似ています。

今回は、その「ハイ・どうぞ ふしみや食堂」さんで500円の「学食風カレーライス」を食べて来ました。

うどん 450円~600円
丼もの 500円~700円
日替わり定食 750円~800円
カレーライス 500円~650円

ハイ・どうぞ ふしみや食堂 500円「学食風カレーライス」


学食風カレーライス、確かにそんな味わいがします

学食風カレーライス、確かにそんな味わいがします

ということで、こちらが「学食風カレーライス」です。

サラダもついて500円、安いといえば安いと思いますが、京都には300円でカレーが食べられる「カレーのお店 夢を叶える」さんもあるので、あくまでも気軽な価格帯という感じでしょうか。

学校給食っぽい感じではなく、家庭カレー的な味わいです

学校給食っぽい感じではなく、家庭カレー的な味わいです

食べる前は「ジャガイモが溶けた学校給食っぽい黄色いカレー」を想像していたのですが、そもそもとして「学食風カレーライス」ってどんなものなのかイメージするのが難しいような気がします。

それはともかくとして、味わいとしては市販のルーで作るご家庭カレーと同じ味です。

一人暮らしの学生さんに向いた食堂かなと思いましたし、今後の高齢化社会に向けてこういった飲食店は増加傾向にあるんだろうなと思うお店でした。

ハイ・どうぞ ふしみや食堂 営業時間と定休日


営業時間は11時30分~18時です(ハイ・どうぞ ふしみや食堂)

営業時間は11時30分~18時です(ハイ・どうぞ ふしみや食堂)

こちらの「ハイ・どうぞ ふしみや食堂」さんですが、営業時間は「11時30分~18時」となっています。

定休日もあり「土曜日」のみお休みとなっていました。

京都府京都市中京区西ノ京小倉町22−10(MAP
営業時間:11時30分~18時
定休日:土曜日


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。