花と果樹の東山ガーデン カフェ新店@京都・東山「季節のランチ」実食レビュー

今回の「京都ランチ」は東山にある絶品ランチのカフェ・レストラン花と果樹の東山ガーデン」さんの紹介です。2018年3月16日に開店したばかりの新店で、まだほとんど知られていない穴場のレストランです。裏山にはガーデンがあり、季節の果樹が植えられています。そこにはワンちゃんの巨大な犬小屋もあって、お店の方の案内でガーデン散策もできるようになっています。

なんとなく『人生の楽園』ネタにもなりそうなカフェで、お昼には「季節のランチ」があって、野菜をふんだんに使ったとても美味しいランチを食べることもできます。

広告

お花に囲まれた「花と果樹の東山ガーデン」さんが2018年3月16日新店オープン


お花で飾られた「花と果樹の東山ガーデン」さんでランチを食べて来ました

お花で飾られた「花と果樹の東山ガーデン」さんでランチを食べて来ました

今回の「京都ランチ」は、2018年3月16日に京都・東山で新店オープンしたばかりのカフェ「花と果樹の東山ガーデン」さんで食べた「季節のランチ」を紹介します。

こちらのカフェ、東山といっても「ものすごいマニアックな場所」にあって、ほぼ山際にある隠れ家カフェレストランです。

場所的には東大路通の「今熊野」から「いまくまの商店街」の「寿し丸」さんの脇道(醍醐道)を東へまっすぐですが、細い道が続きクネクネしているので初見だと迷うような場所にあります。

しかし、そこには季節のお野菜をふんだんに使った「めちゃくちゃ美味しい絶品ランチ」があったのです。

さて、この「花と果樹の東山ガーデン」とは、いったいどのようなお店なのでしょうか。

花と果樹の東山ガーデン 店内の様子


花と果樹の東山ガーデン 清水寺の南、今熊野の住宅地にあります

花と果樹の東山ガーデン 清水寺の南、今熊野の住宅地にあります

この「花と果樹の東山ガーデン」さんがあるのは、清水寺の南といっても少し離れた「今熊野」の住宅街の中にあります。

少し行けば、山科へと続く峠があるカフェ・レストランで、すぐ裏手はもう山になっています。

そこにガーデンとカフェ・レストランがあって、ワンちゃんが放し飼いになっている庭園もあります。

オープンしたばかり「花と果樹の東山ガーデン」花と緑に囲まれています

オープンしたばかり「花と果樹の東山ガーデン」花と緑に囲まれています

ウッドチェアとテーブルの落ち着く感じの店内です

ウッドチェアとテーブルの落ち着く感じの店内です

店内は、花と緑で飾られたテーブル席、窓ぎわにはテラス席もあって、結構な広さがあります。

こちらの敷地は、京都の食品会社の社長さんのご自宅で、6年ほど前に東山を一望できる山に惚れ込んで土地を購入され移り住んだとのことです。

そこで、ガーデンでのフルーツ栽培の趣味も兼ねてカフェ・レストランを開業したというお店なのです。

花と果樹の東山ガーデン、テラス席もあります

花と果樹の東山ガーデン、テラス席もあります

繁華街から少し離れた場所で、まだ開店したばかりということもあって、ゴールデンウィークの真っ只中でも静かにランチをすることができそうでした。

テーブルやチェアも木で出来た落ち着く雰囲気も、とても良い感じです。

店内にはガーデンで栽培された花などが飾られており、とても華やかな雰囲気にもなっていました。

ガーデンで栽培された草木花で飾られていました

ガーデンで栽培された草木花で飾られていました

花と果樹の東山ガーデン 季節のランチ 実食レビュー


花と果樹の東山ガーデン 季節のランチ(1480円、ドリンク付き)

花と果樹の東山ガーデン 季節のランチ(1480円、ドリンク付き)

ということで、早速ですが「季節のランチ(1480円、ドリンク付き)」を食べることにしましょう。

花と果樹の東山ガーデンさんのランチは週替りで、その季節に応じた食材を使った和風ランチを食べることができます。

値段は1480円なのですが、おかずがたくさん付いており、これにデザートとドリンクまで付いてくるので、かなりお得なランチセットになっていました。

・豚バラと大根の旨煮
・五種根菜と椎茸のお煮しめ
・京だし巻き卵
・本日のスープ
・グリーンサラダ
・ひじきの五彩ご飯
・キンカンのデザート
・コーヒーまたは紅茶
豚バラと大根の旨煮、やさしくもありシッカリした味付けで美味しい

豚バラと大根の旨煮、やさしくもありシッカリした味付けで美味しい

ふんわりとした京だし巻き卵、これも絶品です

ふんわりとした京だし巻き卵、これも絶品です

レンコン・人参・ごぼう・じゃがいも・椎茸など根菜の煮物

レンコン・人参・ごぼう・じゃがいも・椎茸など根菜の煮物

ご飯は「小、普通」が選べるのだ「普通」をチョイスしました。

おかずの品数が多く、結構ガッツリとランチを食べることができるので、若い男性にもオススメです。

味付けもやわらかい味付けで京都らしい味わいになっています。

どれも美味しいものばかりなのですが、特に美味しかったのが「サラダ」です。

特に美味しかったのが「サラダ」

特に美味しかったのが「サラダ」

こちらのサラダ、野菜というよりも、もはやフルーツです。

ぶどうの甘みにドレッシングの爽やかな酸味、それにフルーツトマトがとても甘く、サラダ感覚よりもフルーツ感覚で食べることができました。

大げさかもしれませんが、このサラダを食べるだけでも価値があると思います。

ひじきの五彩ご飯は量もありました

ひじきの五彩ご飯は量もありました

食後のデザートとコーヒーでノンビリできました

食後のデザートとコーヒーでノンビリできました

これだけ付いて1480円という価格設定は、かなりお得感があります。

デザートは「キンカンの甘露煮で作ったデザート」で、とても甘くてコーヒーによく合っていました。

至れり尽くせりという感じですが、実は裏山の案内もしてくれるということで、食後の運動もかねて見学させてもらうことにしました。

花と果樹の東山ガーデン 裏山を見学!


花と果樹の東山ガーデンの名物、巨大な犬小屋

花と果樹の東山ガーデンの名物、巨大な犬小屋

実は「花と果樹の東山ガーデン」は果樹園となっており、オーナー様の趣味のガーデンになっています。

そこには愛犬が2匹放し飼いになっており、ガーデンに入るといきなり巨大な犬小屋がそびえ立っているのです。

上の写真が、その「犬小屋」です。

元々は「離れ」だったと思われますが、ここからは東山というか京都タワーを一望できるようになっています。

京都タワーを一望できる「花と果樹の東山ガーデン」

京都タワーを一望できる「花と果樹の東山ガーデン」

夜になると京都タワーのライトアップが見られるそうで、京都駅方面を一望できるようになっていました。

ここからさらに山頂方面には山道が続き、果樹などが植えられています。

裏山の道を少し散策しました

裏山の道を少し散策しました

ガーデンにはオーナー様と案内の方がいらっしゃって、色々な果樹を見て案内してくれました。

一緒にワンちゃんも案内してくれて、なかなか楽しいひとときです。

まだまだヤンチャな大ちゃん

まだまだヤンチャな大ちゃん

お母さん代わりのおばあちゃん犬

お母さん代わりのおばあちゃん犬

ワンちゃんは二匹いるのですが、どちらもおとなしくて人なつっこいワンちゃんです。

雑種の方はおばぁちゃん犬なのですが、ゆっくりと静かに顔をなめてくれたりしました。

もともとは野良犬で施設で処分される直前に今のオーナーさんに助け出されたという経歴とのことですが、今では幸せに暮らしています。

二匹のワンちゃんと遊ぶことができるのも「花と果樹の東山ガーデン」さんの良いところです。

花と果樹の東山ガーデン メニューと値段


花と果樹の東山ガーデン 食事とスイーツなどカフェメニューもあります

花と果樹の東山ガーデン 食事とスイーツなどカフェメニューもあります

さて、話は少しもどって「花と果樹の東山ガーデン」さんのメニューと値段についてです。

食事とスイーツなどカフェメニューがあり、先ほどのランチ以外にも「ハンバーグ牛すじカレー牛タンシチュー」などのお料理があります。

自家製ジュースも豊富で「土佐文旦紅はっさくグレープフルーツ花梨レモン南高梅」などが各600円。

自家製のケーキもあって「シフォンケーキチーズタルトパウンドケーキショコラブラウニー」なども600円でした。

ドリンクセットだとケーキは1000円で、カフェ利用もできるようになっています。

・週替りランチ 1480円
・オリジナルサラダ 780円
・自家製ヘルシー豆腐ハンバーグ 850円
・手作り京だし巻き卵 800円
・特製牛すじカレー 1280円
・牛タンシチュー 1380円
・ローズマリー香る季節の野菜のオーブン焼 1580円
・自家製果実酒 600円
・シフォンケーキ 550円
・チーズタルト 600円
・パウンドケーキ 600円
・リッチショコラブラウニー 600円
・ケーキセット 1000円
・コーヒー 500円
・アイスコーヒー 550円
・紅茶(ポット)700円
・アイスティー 550円
・抹茶シェイク 700円
・コーヒーシェイク 700円
・キャラメルシェイク 700円
・ハーブティー 700円
・自家製ジュース 600円
オリジナル手作りケーキ各種(ケーキセットは1000円)

オリジナル手作りケーキ各種(ケーキセットは1000円)

自家製ジュースは各600円です

自家製ジュースは各600円です

花と果樹の東山ガーデン への行き方(アクセス方法)


花と果樹の東山ガーデン 個人宅のような外観です

花と果樹の東山ガーデン 個人宅のような外観です

さて、花と果樹の東山ガーデン への行き方(アクセス方法)です。

行き方としては、京都の今熊野の「醍醐道」をまっすぐなのですが、今回は山科インターからの行き方を紹介します。

これについては、単に山科方面からいらっしゃる方への配慮で、こちらから行く方が簡単ということではありません。ただし、どちらから行っても細い道で、山科方面からだと峠越えがありますので、車の場合に限ります。

山科インターチェンジを右(北)へ

山科インターチェンジを右(北)へ

インターチェンジ右折からすぐ左折「醍醐道(府道118号)」へ入る

インターチェンジ右折からすぐ左折「醍醐道(府道118号)」へ入る

分かれ道を左折して峠へ向かいます(平日朝7時~9時は一方通行)

分かれ道を左折して峠へ向かいます(平日朝7時~9時は一方通行)

車で5分くらい山道を進むとあります(駐車場も3台分ほどあります)

車で5分くらい山道を進むとあります(駐車場も3台分ほどあります)

駐車場は3台分ほどあるので、自家用車で行くことができますが、京都市バス「202系統207系統208系統」で、バス停「今熊野」から歩いて12分ほどの場所です。

今熊野の商店街から歩いて行くこともできるので、三十三間堂の観光の後に散歩しながら行くことも可能だったりします。

京都府京都市東山区今熊野南日吉町194−2
営業時間:11時~20時
定休日:月曜日(祝日は営業し翌日休み)


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。