京都では木綿豆腐を「白(しろ)」と呼び、湯豆腐には木綿豆腐が使われている

京都の木綿豆腐はなぜプルプル? そんな興味深い京都の謎が2019年7月29日放送の『新説!所JAPAN』で紹介されます。確かに南禅寺の参道にある湯豆腐屋さんの豆腐はプルプルと絹ごしのような食感ですが、実は木綿豆腐です。このプルプルな木綿豆腐こそ「京とうふ」と呼ばれるものなのです。

広告

京都の木綿豆腐はなぜプルプル?


南禅寺の湯豆腐街道、数多くの湯豆腐専門店が軒を並べる

南禅寺の湯豆腐街道、数多くの湯豆腐専門店が軒を並べる

京都の南禅寺、ここは「湯豆腐発祥の地」と言われる場所です。

そのため、この南禅寺参道にはいくつもの湯豆腐を食べられる老舗が集中しており、さながら湯豆腐街道とも呼べる風景となっています。

この南禅寺の湯豆腐が、2019年7月29日放送の『新説!所JAPAN』で紹介されることになっています。

嵯峨豆腐 森嘉の豆腐、木綿豆腐だが柔らかい

嵯峨豆腐 森嘉の豆腐、木綿豆腐だが柔らかい

紹介されるのは「京都の木綿豆腐はなぜプルプルなのか」という謎に迫るという内容で、なかなか興味深い番組になりそうです。

上の写真は、嵐山の北・嵯峨にある有名な豆腐店「森嘉」さんの木綿豆腐ですが、一般的な木綿豆腐の固さではなく、京都の木綿豆腐はプルプルとした「絹ごしと木綿豆腐の中間」のような食感の豆腐です。

このプルプルとした食感の木綿豆腐が「京豆腐」と呼ばれるものです。

南禅寺の湯豆腐には木綿豆腐が使われている


南禅寺の湯豆腐には木綿豆腐が使われている

南禅寺の湯豆腐には木綿豆腐が使われている

南禅寺の湯豆腐は、この木綿豆腐が使われるのですが、絹ごしの食感に近いものなので、木綿豆腐ではあるものの一般的な湯豆腐のような食感なのです。

値段などは様々ですが、五右衛門茶屋(湯とうふ定食 2400円)が最安値、南禅寺 順正(湯豆腐 3090円)や奥丹 南禅寺店(ゆどうふ一通り 3000円)も手軽で人気があります。

湯豆腐料庭 八千代(湯豆腐御膳 2480円~3800円)

湯豆腐料庭 八千代(湯豆腐御膳 2480円~3800円)

南禅寺参道 菊水(湯豆腐コース 5000円)

南禅寺参道 菊水(湯豆腐コース 5000円)

南禅寺 順正(湯豆腐 3090円)

南禅寺 順正(湯豆腐 3090円)

桜鶴苑(湯豆腐御膳 4300円)

桜鶴苑(湯豆腐御膳 4300円)

奥丹 南禅寺店(ゆどうふ一通り 3000円)※2019年7月22日~8月2日まで夏季休業

奥丹 南禅寺店(ゆどうふ一通り 3000円)※2019年7月22日~8月2日まで夏季休業

五右衛門茶屋(湯とうふ定食 2400円)

五右衛門茶屋(湯とうふ定食 2400円)

京都では木綿豆腐を「白(しろ)」と呼ぶ


京都最古の豆腐店「入山豆腐店」では木綿を白と呼んでいます

京都最古の豆腐店「入山豆腐店」では木綿を白と呼んでいます

上の写真、以前紹介した京都最古の豆腐店「入山豆腐店」の豆腐です。

こちらでは木綿を「白(しろ)」と呼んでいます(絹ごしはそのまま)。

入山豆腐店以外の京都の豆腐店では木綿豆腐と絹ごし豆腐と書かれていることが多いのですが「白ください」というと木綿豆腐が出てくることが多いといえます(絹を出す店もあります)。

小川豆腐店の白(左)と絹(右)ほとんど区別がつかない

小川豆腐店の白(左)と絹(右)ほとんど区別がつかない

京都では木綿豆腐を「白(しろ)」と呼ぶのですが、前述のように京都の木綿豆腐はプルプルとした「絹ごしと木綿豆腐の中間」のような食感の豆腐です。

上の写真は、京都の老舗「小川豆腐店」のものですが、白と絹は見た目では分かりづらいくらい似ています。

京都の木綿豆腐はやや黄色みがかかり、絹ごしに近い柔らかさがあります

京都の木綿豆腐はやや黄色みがかかり、絹ごしに近い柔らかさがあります

しかし、若干ですが木綿豆腐の方には隙間があるのが分かります。

やや隙間があり、絹より少し固いのが木綿豆腐で「白」と京都では呼んでいます。

木綿豆腐でも柔らかいのは京都の水が軟水だからという説もありますが、嵯峨にある有名な豆腐店「森嘉」さんで柔らかい木綿豆腐を作ったのが広まったという説もあります。

さて、この「白」を一般的には京豆腐と呼ぶのですが、隙間があることが木綿豆腐が湯豆腐で使われる理由でもあります。

その理由とは・・・・

炊いた時に隙間に味が染み込みやすいから

なんです。

新説!所JAPAN 2019年7月29日 予告


新説!所JAPAN 2019年7月29日 予告は以下の通りです。

人気予備校教師・村瀬哲史先生が、ガレッジセール・ゴリを連れて、京都のグルメにまつわるミステリーツアーへ。
京都最古の神社の一つ・木嶋神社の中にある不思議なパワースポットへ。3本の柱でできた鳥居で祭られているモノとは?
さらに、京都の代表的な料理・湯豆腐発祥の地で、その絹ごし豆腐のようにプルプルな食感の木綿豆腐の秘密に迫る!
さらに、所ジョージも絶賛!この夏オススメの絶品京都土産も紹介。その味にスタジオ一同舌つづみを打つも、磯田先生が新たなミステリーを提案。
所ジョージも思わず「ミステリー増やしてどうすんの!」とツッコミを入れる。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。