2019年オープン まえだ農園コミュニティーShop(京都・御薗橋、おにぎり・惣菜新店)

京都の御薗橋から西へ行ったところに「まえだ農園コミュニティーShop」という食をテーマにしたテナント群が工事中でした。今のところは「チャレンジShop」として「おにぎり・おかず」を販売するお店と「お米・精米店」がオープンすることは確定していますが、オープン日は未定です。

広告

2019年オープン まえだ農園コミュニティーShop


御薗橋の「まえだ農園」さんがキューブ型小店舗で出店者を募集してます

御薗橋の「まえだ農園」さんがキューブ型小店舗で出店者を募集してます

京都の御薗橋から西へ歩いていると、いつものは農機具が置いてある小屋(野菜無人販売所)に新しい建物が建築中でした。

看板を見ると「まえだ農園コミュニティーShop」と書かれており、飲食店用のキューブ型店舗が5店舗あるテナントに様変わりしていました。

現在、出店者を募集しており、広さは約4坪、賃料は5万円+共益費1万円となっています。

箱貸しで5万円(月)、場所と賃料を考えると利益を上げるのが難しそうです

箱貸しで5万円(月)、場所と賃料を考えると利益を上げるのが難しそうです

テナント全体が「食をテーマ」とあるので、食べ物を売るお店が入るかと思いますが、見た感じでは厨房施設などはないので飲食店が入るかは微妙なところです。

ガス、水道が完備なので簡単なシンクなどは入れることができるかもしれませんが、カウンター形式での提供になるでしょう。

今のところは「チャレンジShop」として「おにぎり・おかず」を販売するお店と「お米・精米店」がオープンすることは確定していました(空きは3部屋)。

まえだ農園コミュニティーShop の場所について

では「まえだ農園コミュニティーShop」の場所についてです。

御薗橋の西側エリア、住所は「京都府京都市北区大宮東総門口町36−3」ですが、御薗橋通沿いのテナントです。

御薗橋周辺は飲食店が多く、車通りも多いのですが、ここはやや西側なのであまり人はここまで流れては来ません。

どんなお店が入るかによりますが、よほど趣向を凝らして集客できる業態でないと難しいと思いますし、ハコが小さいので小売はありえても飲食店は難しいかなと思われました。

京都府京都市北区大宮東総門口町36−3
営業時間:
定休日:


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。