どこにもない「綾部むすび」を食べてきた

今回の京都グルメは「綾部むすび」を食べに京都府綾部市まで行って遠征してきました。市内からでも電車で2時間近くかかります。しかし、そこには、どこにもないと言われるご当地グルメ綾部むすび」があるのです。

どこにもない「綾部むすび」を食べに京都府綾部市まで行って来ました


これが噂の「綾部むすび」米の色からして違います

これが噂の「綾部むすび」米の色からして違います

今回の「京都グルメ紹介」は最近なんか耳にするあの「綾部むすび」を食べに京都府綾部市まで遠征してきました。

この「綾部むすび」というのは、平たくいえば「おむすび(おにぎり)」のことではあるのですが、一風変わった次世代のおにぎりです。

キャッチコピーは「どこにもない」、そう綾部市でしか食べることができない創作おにぎりを「綾部むすび」と呼んでいるのです。

綾部むすび は綾部市のご当地グルメのこと


綾部といえばグンゼ創業の土地ですが、稲作発祥の神話が残る米処でもあります

綾部といえばグンゼ創業の土地ですが、稲作発祥の神話が残る米処でもあります

綾部は2つの発祥の地とされます。

ひとつは「グンゼ」の創業地で、もうひとつが「稲作発祥の地」と言われているのです。

京都府北部(園部、綾部)は昔からおいしいお米が作られていた土地で、綾部産の米を使った創作おにぎりを提供店が試行錯誤して生み出したのが「綾部むすび」というご当地グルメなのです。

スイーツ&バル カフェ・ノリさんの「綾部むすび」

スイーツ&バル カフェ・ノリさんの「綾部むすび」

現時点で綾部むすびが食べられるお店は17店舗あり、それぞれ違った創作おにぎりになっています。

見た目普通のおにぎり、創作感あふれるおにぎりなどがあるのですが、その中でも一番独自路線を走っているのが、上の写真の「スイーツ&バル カフェ・ノリ」さんで提供されている「綾部むすび」です。

サンドイッチのように「玉子とハム」をはさんで、ケチャップ+マヨネーズ」で味付けされた洋風おにぎりです。

最初は見た目で躊躇したけど、食べたら激ウマ

最初は見た目で躊躇したけど、食べたら激ウマ

最初は見た目で躊躇したのですが、このケチャップ味がまた合っていて、かなり美味しいおにぎりになっていました。

玉子とハムも洋風で、ケチャップだから合って当たり前ではありますが、お米との相性もバッチリの逸品です。

他にも綾部駅周辺に「綾部むすび が食べられる店」はいくつかありますので、綾部へ立ち寄る機会があるなら食べてみてください。

スイーツ&バル カフェ・ノリ 営業情報


JR綾部駅の南口を出てすぐ右手にあるカフェです

JR綾部駅の南口を出てすぐ右手にあるカフェです

さて、今回食べた「綾部むすび」は、JR綾部駅南口すぐのカフェ「スイーツ&バル カフェ・ノリ」さんで食べたものです。

ケーキ店とカフェが併設されたお店で、駅前なので観光で立ち寄るには便利です。

上で紹介した独創的な「綾部むすび」の値段は500円となっていました。

営業時間は「11時~17時」、それ以降はバーになります。

京都府綾部市駅前通82
営業時間:11時~17時(カフェ)、17時~21時(バー)、金曜日と土曜日は23時まで営業
定休日:日曜日
綾部むすび公式サイト:https://ayabe-musubi.com/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。