2020年6月1日オープン カフェ&バー SMILE STAR

京阪本線「墨染駅」を出て墨染通りを東へ徒歩2分くらいのところに「カフェ&バー SMILE STAR(スマイルスター)」さんが、2020年6月1日に新店オープンしています。アメリカンスタイルのハンバーガーやホットドッグのお店で、コーヒーやソフトドリンクもあります。

2020年6月1日オープン カフェ&バー SMILE STAR


2020年6月1日オープン カフェ&バー SMIKE STAR

2020年6月1日オープン カフェ&バー SMIKE STAR

2020年6月1日に、京都の京阪「墨染駅」すぐ近くでカフェ&バー「SMILE STAR (スマイルスター)」さんが新店オープンしています。

アメリカンスタイルのカフェ&バーで、ハンバーガーやホットドッグ、そしてホットサンドなどを食べることができるようになっていました。

もちろん、テークアウトにも対応しています。

ハンバーガー(600円)から

ハンバーガー(600円)から

京阪本線「墨染駅」を出て墨染通りを東へ徒歩2分くらいのところなので駅からも近く行きやすい場所にあります。

このエリアで新店というのも珍しいので、早速入って食べてみましょう!

このお店のメニューは?


値段はお手軽で立ち寄りやすいです

値段はお手軽で立ち寄りやすいです

メニューを見てみると、ハンバーガーは600円から

ホットドックは450円から、ホットサンドは400円と、かなりお手軽な価格帯です。

ソフトドリンクセット(+150円)やポテトセットもあり、ちょっとした昼食で使えるお店かと思います。

カリッとしたパンズ、大き目のパティにベーコンが挟んであるハンバーガー

カリッとしたパンズ、大き目のパティにベーコンが挟んであるハンバーガー

今回は「ハンバーガー(600円)」をチョイスし、コーヒーセット(+300円)で注文しました。

パンズはカリッとして厚め、パティはシッカリとした固めのもの。

甘いタレがパティに付いていますが、ケチャップとマスタードを付けるとよくあるハンバーガーの味わいで美味しかったです。

あと、合計価格はセット価格で900円のはずですが、請求金額は1000円だったので、店員さんがセット価格にするのを忘れているように思いました。

コーヒーはシェイクになっています

コーヒーはシェイクになっています

コーヒーは「アメリカーノ」で、それをシェイカーで泡立たせたものになっています。

エスプレッソマシンで淹れたもので、濃いめの味わいで好みのコーヒーです。

ハンバーガーもコーヒーもよく出来ていたので、お近くの方は行ってみると良いかと思います。

このお店への行き方や営業時間は?


京阪本線「墨染駅」を出て墨染通りを東へ徒歩2分くらい

京阪本線「墨染駅」を出て墨染通りを東へ徒歩2分くらい

では「カフェ&バー SMILE STAR」さんはどこにあるお店なのでしょうか?

前述のように、京阪本線「墨染駅」を出て墨染通りを東へ徒歩2分くらいのところです。

駅からまっすぐで、お向かいに保育園があります。

営業時間は「10時~15時、16時~20時」の2部制、定休日は「日曜日、祝日」となっていました。

〒612-0049 京都府京都市伏見区深草中ノ島町4−11
営業時間:10時~15時、16時~20時
定休日:日曜日、祝日
公式Instagram:https://www.instagram.com/smilestar.cafebar/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。