2020年3月22日オープン 一休庵 (京都・円山公園、カフェ)

2020年3月22日にリニューアルオープンした「一休庵」さんへ行って来ました。京都・円山公園にある茶屋でしたが、新しくなってカフェっぽくなっていました。みたらし団子や甘酒、コーヒーなどもあります。

2020年3月22日オープン 一休庵


2020年3月22日オープン 一休

2020年3月22日オープン 一休

京都の円山公園にある「祇園しだれ桜」の前に新しくお茶屋さんがオープンしています。

お店の名前は「一休庵」さん。

厳密にはリニューアルですが、建物も新しくて2020年3月22日に開業したばかりです。

甘酒やみたらし団子があります

甘酒やみたらし団子があります

円山公園内ということもあり、和のテイストな茶屋という雰囲気のお店です。

甘酒やみたらし団子、食事などもできる大きなお茶屋さんになっていました。

このお店の雰囲気は?


店内は広くカジュアルな雰囲気

店内は広くカジュアルな雰囲気

この「一休庵」さん、お茶屋さんですがカジュアルな雰囲気のお店です。

店内は広く、注文カウンターに洋風の席、そして和風の席もあり、いろいろな雰囲気を併せ持ったお店です。

和風の席もありました

和風の席もありました

フードコートと同じで注文カウンターでメニューを選びます

フードコートと同じで注文カウンターでメニューを選びます

システムはフードコートと同じです。

注文カウンターで会計後、電子ベルをを持って席で待つスタイルになっていました。

目の前には「祇園しだれ桜」があります

目の前には「祇園しだれ桜」があります

目の前には「祇園しだれ桜」があり、桜を眺めながらお茶をすることができるようになっています。

では「一休庵」さんにはどんなメニューがあるのでしょうか?

このお店のメニューは?


みたらし団子・わらび餅がメイン、お雑煮や生菓子もあります

みたらし団子・わらび餅がメイン、お雑煮や生菓子もあります

メニューは「みたらし団子・わらび餅」がメインのようです。

他にも、お雑煮生菓子もあります。

みたらし団子は3本で490円、1本で200円という値段なので気楽な感じですね。

コーヒーも350円、甘酒は450円でドリンクメニューも立ち寄りやすい価格帯です。

甘酒(450円)を注文

甘酒(450円)を注文

今回は「甘酒(450円)」を注文しました。

酒粕ではなく米麹でつくられた甘酒、もちろんノンアルコールです。

かなり美味しい甘酒(米麹)

かなり美味しい甘酒(米麹)

生姜の香りもよく、麹の発酵でできた甘味の強い甘酒になっていてかなり美味しいやつでした。

歩き疲れていたこともあり、和風の席でノンビリとくつろぎながらスタミナ補給をしてきました。

このお店への行き方は?


外には広い茶席もあります(一休庵)

外には広い茶席もあります(一休庵)

外には広い茶席もあります。

上の写真がそうですが、人は少ないですね。

桜が満開の日に行ったのですが、最近は新型コロナウイルスの影響で円山公園も観光客がほとんどいませんでした。

場所は円山公園の「祇園しだれ桜」の北側です。

〒605-0071 京都府京都市東山区鳥居前町 東入円山町官有地


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。