2020年2月13日オープン IWASHI COFFEE(イワシコーヒー、京都・西陣)

2020年2月13日に京都・西陣で新店オープンしたカフェ「IWASHI COFFEE(イワシコーヒー)」さんの紹介です。元々は京都・島原の「きんせ旅館」中にあったカフェなのですが、地元からも近い西陣に移転されてきました。

2020年2月13日オープン IWASHI COFFEE(イワシコーヒー)


2020年2月13日オープン IWASHI COFFEE(イワシコーヒー)

2020年2月13日オープン IWASHI COFFEE(イワシコーヒー)

京都の西陣で京町家をリノベーションしたカフェが2020年2月13日に新店オープンしました。

お店の名前は「IWASHI COFFEE(イワシコーヒー)」さん。

自家焙煎珈琲を提供するカフェです。

IWASHI COFFEE(イワシコーヒー)は京町家をリノベーションしています

IWASHI COFFEE(イワシコーヒー)は京町家をリノベーションしています

この「IWASHI COFFEE(イワシコーヒー)」さん、京町家をリノベーションしておりとても雰囲気のあるカフェです。

今回は西陣で開業という話なのですが、実は移転です。

元々、京都ではカフェマニアに名を知られたお店で花街・島原にある「きんせ旅館」という昭和レトロの建物の中にありました。

奥は和室になっています

奥は和室になっています

その「IWASHI COFFEE」さんが西陣に移転してくると聞いたのは2019年7月頃のことです。

開業は2020年2月13日とずいぶんと時間がかかっていますが、古く広い京町家を一人でリノベーションしてキレイな状態にするのに相当時間がかかったのだそうです。

IWASHI COFFEE(イワシコーヒー)実食レビュー


コーヒーは400円でハンドドリップ

コーヒーは400円でハンドドリップ

コーヒーは400円でハンドドリップで淹れてもらえます。

豆は4種類(グァテマラ、ブラジル、タイ、ルワンダ)があり、焙煎は「深煎り、中深煎り、中煎り」のものです。

富士ローヤルの焙煎器で焙煎されています

富士ローヤルの焙煎器で焙煎されています

今回は「タイ(中煎り)」を飲んだところ、マイルドな苦みで飲みやすく、香りもよいコーヒーでした。

結構好きなタイプで、ブラックでごくごく飲めちゃうやつでした。

軽食には焼き菓子(250円~)があります

軽食には焼き菓子(250円~)があります

焙煎豆の販売(100gで500円~700円)もありますので、気に入ったら豆を購入することもできます。

また、軽食に焼き菓子もありました(250円~)。

とても雰囲気が良いカフェで人気が出そうですが、場所が西陣のほかに何もないところなので以下で住所などを紹介します。

IWASHI COFFEE(イワシコーヒー)はどこにある?


IWASHI COFFEE(イワシコーヒー)は下立売通七本松東入ル

IWASHI COFFEE(イワシコーヒー)は下立売通七本松東入ル

では「IWASHI COFFEE(イワシコーヒー)」さんはどこにあるカフェなのでしょうか?

大まかに言えば「西陣」ですが、下立売通七本松東入ルです。

住所でいえば「〒602-8353 京都府京都市上京区長門町414」となり、うちの方からは上七軒からずっと南下して丸太町通へ出る一筋手前の下立売通で左に曲がるとあるので結構近場にあるお店です。

営業時間は「12時30分~17時30分」なのですが、営業日が週4日のみに「木曜日~日曜日」となっています。

店頭には自転車が2~3台くらいは駐輪できるスペースがありました。

〒602-8353 京都府京都市上京区長門町414
営業時間:12時30分~17時30分
定休日:月曜日~水曜日


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。