2019年11月22日オープン GOODMAN ROASTER (京都・四条)

台湾から逆上陸した自家焙煎スペシャルティーコーヒー専門店「GOODMAN ROASTER」さんが2019年11月22日に京都の四条烏丸で新店オープンします。台湾産「阿里山コーヒー」を主に使われているロースターさんです。お店の方は日本人ですが台湾に2軒のお店があるそうで、京都のお店は日本初出店となります。

広告

2019年11月22日オープン GOODMAN ROASTER


2019年11月22日オープン GOODMAN ROASTER (京都・四条)

2019年11月22日オープン GOODMAN ROASTER (京都・四条)

京都の四条烏丸から綾小路通を西へ歩いたところに新店オープンする自家焙煎スペシャルティーコーヒー専門店「GOODMAN ROASTER」さんへ行って来ました。

少し前から窓ガラスに貼紙がされており、それによるとグランドオープンは2019年11月22日と書かれていたのです。

ただ、11月10日~16日まではプレオープンとも書かれていましたので、ちょっと早めに訪問してみました。

台湾に2軒の店舗をもつコーヒーロースターです

台湾に2軒の店舗をもつコーヒーロースターです

お店の方は日本人ですが、台湾発の自家焙煎所です。

コーヒーは台湾産「阿里山コーヒー」を主に使われているそうで、現在は台湾に2軒の店舗があるそうです。

元々は東京出身で台湾に移住、今回の京都店は台湾から逆上陸という形ですね。

プレオープン期間中はテイクアウトのみです

プレオープン期間中はテイクアウトのみです

プレオープン期間中はテイクアウトのみで、外のベンチで飲むことができるようになっていました。

ということで、カフェラテを注文。

東京・吉祥寺にあるコマグラさんの焼き菓子も置いてありました

東京・吉祥寺にあるコマグラさんの焼き菓子も置いてありました

フリップアップさんのパンと東京・吉祥寺にあるコマグラさんの焼き菓子も置いてありました。

ラテ 500円

ラテ 500円

飲んだのはラテだったのですが、雑味もなくシャキっとしたコーヒーみたいで飲みやすいラテです。

本日のコーヒーもあるので、焙煎にもこだわりがあるそうなので今後が楽しみなロースターさんでした。

エスプレッソ 390円
アメリカーノ 450円
ロングブラック 450円
ラテ 500円
カプチーノ 500円
ソイラテ 550円
アーモンドミルクラテ 650円
本日のコーヒー 550円

GOODMAN ROASTER (京都・四条)営業情報


GOODMAN ROASTER (京都・四条)店舗外観写真

GOODMAN ROASTER (京都・四条)店舗外観写真

2019年11月22日に新店オープンする「GOODMAN ROASTER」さんがあるのは、四条烏丸から一本南の綾小路通沿いです。

烏丸通の西側で、四条通からなら膏薬辻子(こうやくのずし)を南へ出てお向かいにお店があります。

ちなみに、膏薬辻子って平将門の首が東京へ飛んで行く前の首塚があったとされるところですね。

営業時間はまだ確定かわからないのですが「8時~17時」と告知されていました。

京都府京都市下京区矢田町115−2
営業時間:8時~17時
定休日:不定休
公式Instagram:https://www.instagram.com/goodman_roaster_kyoto/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。