2019年10月10日オープン 珈ノ介コーヒー

堀川丸太町の少し北西に新しく喫茶店(カフェ)が新店オープンしています。お店の名前は「珈ノ介コーヒー」さん。落ち着いた店内は昭和の喫茶店という雰囲気もして居心地の良いカフェです。

広告

2019年10月10日オープン 珈ノ介コーヒー


2019年10月10日オープン 珈ノ介コーヒー

2019年10月10日オープン 珈ノ介コーヒー

2019年10月10日に新店オープン「珈ノ介コーヒー」さんの紹介です。

二条城の北エリア「堀川丸太町」から1本西の「葭屋町通(よしやまちどおり)」というレアな京都の通りにある喫茶店です。

この「葭屋町通」は地元の方でもあまり知らない通り名でお店は少ないのですが、そこにカフェ(喫茶店)がオープンというのは珍しい事例です。

コーヒーはカフェタイム(亀岡市)の焙煎豆を使用

コーヒーはカフェタイム(亀岡市)の焙煎豆を使用

コーヒーは亀岡市にあるカフェタイムさんの焙煎豆を使用、カフェタイムさんは亀岡のアミティ北側にある珈琲店で、久世(くぜ)にもお店があります。

ほんのり酸味、香りよく、苦味は少なめのコーヒーでブラックでいただきました。

コーヒーの右上にあるのはチーズ、コーヒーにチーズが付いてくるのって面白いですね。

ちなみに、コーヒーは「珈ノ介コーヒー(480円)」です。

珈ノ介フルーツサンド(680円)

珈ノ介フルーツサンド(680円)

軽食もあって、バタートーストや玉子サンドもあります。

オススメは「珈ノ介フルーツサンド(680円)」で、今はイチジク(無花果)を使ったクリームサンドです。

これがまた激ウマで、パンは香ばしい味わいのカンパーニュで「ぱんだよりノドカ」さんのものを使用しています。

イチジク(無花果)大好きなので、これはクセになる美味しさでした。

メニューと値段(珈ノ介コーヒー)


メニューと値段(珈ノ介コーヒー)

メニューと値段(珈ノ介コーヒー)

他にもプリンやケーキもあって、朝は7時30分からモーニングのトーストセットもあります。

モーニングは7時30分~10時30分まで、お好みのドリンクの値段に+50円するだけで「トースト半分とゆで玉子」が付くセットでお得です。

珈ノ介ブレンド ホット480円、アイス530円
シングルコーヒー ホッと530円、アイス580円
カフェオーレ ホット550円、アイス580円
紅茶 ホッと500円、アイス500円
オレンジジュース 400円
クリームソーダ 530円
ビール 550円
プリン 300円
本日のパウンドケーキ 300円
バタートースト 230円
玉子サンド 530円
本日のサンド630円
珈ノ介フルーツサンド 680円

珈ノ介コーヒー 営業情報


珈ノ介コーヒー、気さくなオーナーさんで楽しいお店です

珈ノ介コーヒー、気さくなオーナーさんで楽しいお店です

この「珈ノ介コーヒー」さん、オーナーさんが気さくな楽しくお話しながら長居してしまいました。

オーナーさんもラーメン大好きで、さらに家系ラーメンが特に好きということで、ずっとラーメン話をしていたからです。

それはともかく、場所は堀川丸太町のデイリーカナートイズミヤがあるところを北へ上がったところで、ファミマの右隣りにある葭屋町通 (よしやまちどおり)を上がったところです。

自転車などは店頭に少し駐輪できるし、穴場的な場所にあるのでちょくちょく寄っちゃいそうな喫茶店でした。

京都府京都市上京区講堂町223
営業時間:7時30分~18時
定休日:第2・第4水曜日


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。