2019年11月7日オープン DAVADA COFFEE&RECORDS (カフェ新店)

京都の七条河原町で新しいカフェが新店オープンです。お店の名前は「DAVADA COFFEE&RECORDS」となっており、レコードにCDを売りながらカフェもするという斬新なスタイルです。オープン日は2019年11月7日です。

広告

2019年11月7日オープン DAVADA COFFEE&RECORDS


COFFEE&RECORDS(2019年11月7日撮影)

COFFEE&RECORDS(2019年11月7日撮影)

2019年11月7日オープン「DAVADA COFFEE&RECORDS」さんへ行って来ました。

京都の七条河原町(南西角)という好立地に新しく開業したレコード屋さんなのですが、コーヒースタンドにもなっていて、イートインもできるようになっていました。

コーヒーはハンドドリップ、自家焙煎ではありませんが、ちょっと懐かしいレトロの雰囲気のお店で居心地の良いカフェになっています。

七条河原町の交差点で一番目立っているお店です(DAVADA COFFEE&RECORDS)

七条河原町の交差点で一番目立っているお店です(DAVADA COFFEE&RECORDS)

外観はシアトルっぽい雰囲気、七条河原町の交差点という人通りが多い場所にあるので、通る人から「オープンはまだですか?」と注目されていたそうです。

店内にはレコードやCDがたくさん(DAVADA COFFEE&RECORDS)

店内にはレコードやCDがたくさん(DAVADA COFFEE&RECORDS)

店内にはレコードやCDがたくさん並んでいます。

元々、別の場所でレコード屋さんをされていたのですが、移転を機会にコーヒーも飲めるお店にしたのだそうです。

オリジナルブランドの珈琲豆も販売しています

オリジナルブランドの珈琲豆も販売しています

オリジナルブランドの珈琲豆も販売していて、オープン当初は「エチオピアグァテマラ」の2種類が用意されていました。

コーヒースタンドの珈琲もこの豆を使っています。

窓際の席でコーヒーブレイクしてきました

窓際の席でコーヒーブレイクしてきました

窓際の席でコーヒーブレイクしてきました。

コーヒーはドリップが450円。

他にも「エスプレッソ(350円)、カプチーノ(480円)、カフェラテ(500円)、アメリカーノ(350円)」などがあります。

雰囲気良いしサクッと立ち寄れるカフェです

雰囲気良いしサクッと立ち寄れるカフェです

七条河原町なので京都駅からも近いです。

そこに雰囲気の良いカフェということで、これから注目されるかもしれません。

マニアックなレコードプレイヤーもあります

マニアックなレコードプレイヤーもあります

DAVADA COFFEE&RECORDS 営業情報


DAVADA COFFEE&RECORDS(店舗外観写真)

DAVADA COFFEE&RECORDS(店舗外観写真)

この「DAVADA COFFEE&RECORDS」の場所ですが「七条河原町」南西角です。

七条駅から七条通を西へまっすぐ、もしくは京都駅から烏丸通を七条通(北側)まで出て右に曲がってまっすぐです。

図書出版「文理閣」さんの左隣で、建物は大正モダンな五條楽園にありそうな雰囲気の建物です。すぐ近くには歴史的建造物を使ったカフェ「aotake」もあります。

京都府京都市下京区七条通河原町西入材木町469
営業時間:9時~20時
定休日:不定休


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。