Unir(ウニール本店)@京都・長岡京市「西の横綱カフェ!自家焙煎所ウニール」コーヒーレビュー

今回の「京都カフェブログ」は、京都府長岡京市にある自家焙煎コーヒーの専門店Unir(ウニール本店)」さんへ行って来ました。なく子も黙る東京の「バッハ」と知名度や人気を二分する西の横綱的なコーヒー豆専門店です。とはいえ、カフェもあるのでコーヒーを飲みに行ってみました。

広告

京都府長岡京市に「西のウニール、東のバッハ」と言われるコーヒー自家焙煎所「Unir」がある


長岡京市に「西の横綱」と言われるコーヒー自家焙煎所Unir(ウニール本店)があります

長岡京市に「西の横綱」と言われるコーヒー自家焙煎所Unir(ウニール本店)があります

京都府長岡京市にコーヒーの自家焙煎所として全国的に名を馳せているカフェがあります。

そのお店とは「Unir(ウニール本店)」のことで、東の横綱が「バッハ」だとすれば、西の横綱は「Unir(ウニール本店)」だとコーヒー業界では言われています。

コーヒーマニアもあまり知らないかもしれませんが、カフェ経営者であれば「西のウニール、東のバッハ」といえば通じる話です。

今回はその「Unir(ウニール本店)」でコーヒーを飲むべく長岡京市まで行って来ました。

焙煎所、コーヒー豆専門店、カフェいずれも広く風格があるウニール本店


焙煎所、コーヒー豆専門店、カフェいずれも広く風格があります(ウニール本店)

焙煎所、コーヒー豆専門店、カフェいずれも広く風格があります(ウニール本店)

ということで、コーヒー豆専門店でありカフェでもある京都府長岡京市の「ウニール本店」へとやって来ました。

洛西ニュータウンから大原野へ向かって南へ、文化センター通りの東にある新しい道沿いにあるので近くの方でないとなかなかやって来ない場所かもしれません。

元々は田んぼが多かったエリアに住宅地が出来たような場所なので、ウニール本店さんも大きな建物で立派なお店です。

店内には「焙煎所コーヒー豆専門店カフェ」が同居しており、それぞれがとても広くスペースがとられていました。

カフェスペースも広く快適です(ウニール本店)

カフェスペースも広く快適です(ウニール本店)

店内には2~3千万円はするだろうなと思われる巨大な焙煎機が設置してあり、その隣りにはコーヒー豆専門店があります。

入口右側は店内の半分近くがカフェになっていて、お昼時ということもありランチセットを食べている近所の奥様がたで繁盛しています。

そのランチも気になるのですが、今回は時間もないのでコーヒーのみをいただくことにしました。

Unir(ウニール本店)のコーヒーについて


トップクオリティ 600円(130cc)

トップクオリティ 600円(130cc)

Unir(ウニール本店)のコーヒーとは「スペシャリティコーヒー」と呼ばれるコーヒーのクオリティで上数%しかない最高級豆を使ったコーヒーです。

それを自家焙煎して提供しているのがUnir(ウニール本店)になります。

品質を保つために生産国から適正価格でコーヒー豆を輸入し、値段は「500円~700円」でクオリティによって3つの価格帯で提供されています。

トップオブクオリティ 700円
トップクオリティ 600円
ハイクオリティ 500円

上の写真は「トップクオリティ 600円(130cc)」でレギュラーサイズのものです。

銘柄は「ホンジュラス エルサウセ マーチ」で、それをフレンチプレスで淹れたものです。

味わいは軽い酸味に程よい苦味、フレンチプレスなので油分を感じます。

焙煎の仕方はスタバに似た感じではあるのですが、上品な味わいが特徴的でした。

Unir(ウニール本店)営業時間と定休日


Unir(ウニール本店)営業時間は「10時~19時」です

Unir(ウニール本店)営業時間は「10時~19時」です

では「Unir(ウニール本店)」の営業時間と定休日についてです。

営業時間は「10時~19時」で、定休日は「水曜日、第3火曜日」となっています。

場所は長岡京市の文化センター通りのひとつ東の通りで住宅街の中を通る道なので少し分かりづらいかもしれませんが駐車場完備なので自家用車やバイクなどで気軽に行くことができます。

反面、電車やバスなどでは行きづらい場所です。

京都府長岡京市今里4丁目4−11−1(MAP
営業時間:10時~19時
定休日:水曜日、第3火曜日


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。