イノダコーヒー 三条 @京都「京都の円形カウンターでモーニングコーヒー」

せっかく京都に来るのであれば、食べるものや飲み物も京都らしいものがオススメです。では、コーヒー消費量日本一の京都でコーヒーを飲むならどこがオススメなのでしょうか。これはもう「イノダコーヒー」しかありません。今回は京都らしいスタイルの喫茶店「イノダコーヒー 三条支店」の紹介です。

円形カウンターで新聞を見ながら、そんなスタイルの喫茶店です。

広告

京都に来たら「イノダコーヒー 三条支店」でコーヒーを飲むのがオススメ


写真はイノダコーヒー本店、今回は徒歩1分くらいの「イノダコーヒー 三条支店」へ行きます

写真はイノダコーヒー本店、今回は徒歩1分くらいの「イノダコーヒー 三条支店」へ行きます

京都の朝といえばコーヒーです。

河原町には昔からイノダコーヒーという喫茶店があり、いつも地元の人々で賑わっています。

有名なのは「イノダコーヒー本店」で、堺町通の烏丸御池駅に近いところにある老舗喫茶店ですが(地図)、私は少し歩いたところにある「イノダコーヒー 三条支店」へ行きます。

本店も中が洋風(外は和風)の作りで良いのですが、三条支店には奥にモクモクできる円形カウンターがあるからです。

イノダコーヒーの円形カウンター(三条支店)


イノダコーヒーの円形カウンター

イノダコーヒーの円形カウンター

「イノダコーヒー 三条支店」の店内奥には、円形カウンターがあります。

手前にも普通のテーブル席があるのですが、そっちはモクモクできなくて、昔からの常連客は一番奥の円形カウンターでモクモクしながら新聞を読んでコーヒーを飲むのです。

カウンターの中では、コーヒーやモーニングが調理されていて、お客さんはカウンターを囲むように座ってコーヒーを飲むようになっています。

イノダコーヒーは砂糖とミルクを入れてくるスタイル


左にモクモク皿、右にイノダコーヒー

左にモクモク皿、右にイノダコーヒー

カウンターに案内されると、お客さんによっては新聞が渡されます。

もちろん言えば新聞を読むことができるのですが、常連さんなんかだと有無を言わせず新聞が出てきます。

注文は「ホット」、京都らしく、砂糖とミルクが最初から投入されています。

ブラックでは出てきませんので、注文時に「ブラックで」とか「熱めで」とか個別に伝える必要があります。

イノダコーヒーは深煎りのオリジナルブレンド(モカベース)


イノダコーヒーでは深煎りのオリジナルブレンド(モカベース)

イノダコーヒーでは深煎りのオリジナルブレンド(モカベース)

イノダコーヒーではオリジナルブレンド(モカベース)をコーヒーに使っていて、創業からずっと変わらない味です。

コーヒーは580円(税込)、値段的には決して安くはないのですが、昔ながらの京都スタイルな喫茶店で落ち着く雰囲気が気に入っています。

新しいカフェもいいのですが、京都観光へいらっしゃる際には、こういった「京都人が好む老舗」へ行くのもオススメです。

その土地の独特の気に入られたスタイルというのは何処にでもありますが、そういうのを体験するのが旅行の醍醐味だからです。

イノダコーヒー 三条支店へのアクセス方法


イノダコーヒー 三条支店

イノダコーヒー 三条支店

では、この「イノダコーヒー 三条支店」どこにあるのでしょうか。

河原町から少し歩きますが、京都の町をブラブラ見ながら歩ける距離です。

四条通の地下は地下道になっているのですが、出口13番か14番で地上に上がると野村證券があります。その脇の道が「堺町通」です。

そこから北へ上がり、4筋目(三条通)を右です。

途中に「イノダコーヒー本店」もありますが、その先の道を右折すれば「イノダコーヒー 三条支店」があります。

京都府京都市中京区桝屋町69(三条通堺町東入ル)
営業時間:10時~20時
定休日:無休
URL:https://www.inoda-coffee.co.jp/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。