2020年11月17日 Vinograd (自然派ワイン専門店、京都府亀岡市)

京都府亀岡市、馬路の古い町並みが残る田園地帯に自然派ワイン専門店Vinograd(ウィノグラード)」が2020年11月17日に新店オープンするそうです。国産やロシア産をメインにヨーロッパ産のワインを販売するお店で、来日ロシア人の方がオーナーです。

2020年11月17日 Vinograd (自然派ワイン専門店)


2020年11月17日 Vinograd (自然派ワイン専門店)

2020年11月17日 Vinograd (自然派ワイン専門店)

京都府亀岡市の長閑な田園地帯、細い道が続く民家が立ち並ぶ馬路町の一角に自然派ワイン専門店「Vinograd(ウィノグラード)」が2020年11月17日に新店オープンするそうです。

オーナーは1994年に来日したロシア人の方だそうで、オンラインショッピングは既にあったのですが、今回は初の実店舗ということです。

公式サイトのプロフィールによれば自称「健康オタク」だそうで、ヴァンナチュール(自然派ワイン)に出会ってから国内外のワイナリーなどに足を運んで知識を吸収。

その成果を皆さんにお伝えしたく自分のお店を開業したのだそうです。

店頭には見たことがないワインの空き瓶が並んでいました

店頭には見たことがないワインの空き瓶が並んでいました

お店の前を通った時には地元の方と古い元酒屋の家屋をリノベーションしていました。

ヴァンナチュール(自然派ワイン)というのは知らなかったのですが、公式サイトに詳しく書かれていました。

自然派ワインというのは、原材料のブドウに「化学肥料を使わない、遺伝子組み換えを行っていないブドウを使う、必要以上の酸化防止剤を使わない、濾過しない」という特徴のワインなのだそうです。

とても大事なことだと思います。

野菜なども無農薬や減農薬で身体に安心安全なものを食べるのが本来は良いはずだからです。

手間暇や工数がかかり値段は上がりますが、自然の恵みのままというのは出来るだけ心がけていきたいことだと思います。

問題は保存という点にもありますが、ヴィノグラードでは品質管理も徹底して行っていくそうです。

このお店への行き方や営業時間は?


Vinograd(ウィノグラード)店舗外観写真

Vinograd(ウィノグラード)店舗外観写真

オープン前の工事中のところを通っただけなので詳しいことは書けませんが、公式サイトにとても詳しい説明があるので興味あるかたは読んでみると良いでしょう。

場所は、前述のように京都府亀岡市馬路町ですが、とても長閑な田園の中にある小さな集落です。

JR亀岡駅から見ると北西で、自家用車でなければ行けない立地ですね。

でも、店舗前は車が入れない細い道なので基本は配達や通販してもらうような使い方になるかなと思われました。

営業時間は「11時~19時」で、やはり配達などで不在の場合があるので事前に連絡くださいと公式サイトには記載されていました。

なお、オープン初日は12時開店となっています。

〒621-0008 京都府亀岡市馬路町長宮31-3(地図
営業時間:11時~19時
定休日:不定休
公式サイト:https://vinograd.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/Vinogradjp
Facebook:https://www.facebook.com/vinogradjp/

このお店の口コミは?


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。