ハニーアント @京都・花背「古民家のはなれ」にある発酵食品とオーガニック食材専門店

今回は京都の秘境「花脊(はなせ=花背)」までオーガニック食材を求めて、2018年3月31日に新店オープンした「ハニーアント(HoneyAnt)」さんまで行って来ました。自家製の「味噌、マヨネーズ、ケチャップ、麹で作ったルウ、梅酢、梅干し(3年熟成)」など醗酵食品やパンなどが売られているお店です。

かなりの発見困難店で、古民家の離れを使って営業されています。

オーガニックショップ「ハニーアント(HoneyAnt)」


京都の花脊にあるオーガニックショップ「ハニーアント(HoneyAnt)」

京都の花脊にあるオーガニックショップ「ハニーアント(HoneyAnt)」

京都の花脊(はなせ=花背)は、日本の原風景が残る山間の集落ですが、そこに最近になって「オーガニックショップ」が開店しています。

お店の名前は「ハニーアント(HoneyAnt)」さん、2017年秋に京都市上京区から花脊に移住された江種友紀さんご夫婦が営んでいる古民家を再利用したオーガニック食材の専門店です。

国道477号沿いにあるのですが、道から見えるのは「看板だけ」で、道から山に少し入った「古民家のはなれ」がお店になっています。

人生の楽園で紹介されてもおかしくないロケーションの店

人生の楽園で紹介されてもおかしくないロケーションの店

敷地に入って納屋の脇をさらに奥へ

敷地に入って納屋の脇をさらに奥へ

真正面のお宅の前を左へ向かいます

真正面のお宅の前を左へ向かいます

上の写真のように道路沿いの倉庫の道を奥へ、古民家の軒先をさらに奥へ行くとご自宅があるのですが、その隣の離れがお店になっています。

入口には看板があり、扉を開けると・・・・

誰もいません。

古民家の離れがお店になっています

古民家の離れがお店になっています

でも、お店のチャイムを鳴らすと、後ろのご自宅から出てきてくださいました。

さっそくお話を聞いてみると、元は京都市北区(近所)にあったお店だったことが判明。

前述のように、こちらの花脊には2017年10月に移住されたのですが、その前は上京区のご自宅で数年間はお店を経営、その前は京都市北区の北野白梅町「Cafe&Kitchen 松吉」さんの場所にお店があったのだそうです。

ということで、元はご近所さんだったわけです。

それはさておき、お店の中へ入れてもらうことにします。

オーガニック食材がズラリと並んだ店内に圧巻


古民家の離れの中は「オーガニック食材」の専門店

古民家の離れの中は「オーガニック食材」の専門店

靴を脱いで店内に入ると、そこは8畳ほどの離れになっており、自分たちが気に入ったオーガニック食材がたくさん並んでいました。

主に食材ですが、中には石鹸などの日用品も並んでいます。

食材は自家製商品もあって「味噌マヨネーズケチャップ麹で作ったルウ梅酢梅干し(3年熟成)」など、またスケジュールによっては「自家製パン」も販売されているとのことでした。

パンは要スケジュール確認で販売される日には「スケジュール」に書かれるようですが、一括注文とかイベントがある時だけ作るようで、パンにめぐりあうには少し時間が必要そうでした。

自家製の味噌、マヨネーズ、ケチャップ、麹で作ったルウ、梅酢、梅干し

自家製の味噌、マヨネーズ、ケチャップ、麹で作ったルウ、梅酢、梅干し

セレクトされた他社製のオーガニック食材も販売しています

セレクトされた他社製のオーガニック食材も販売しています

オーガニック食材は大量生産と違って、素材にこだわり、時間をかけて人によって作られるものです。

その分、コスト面ではスーパーなどの市販品に負けてしまいますが、オーナー様のこだわりセレクトなどがあって、普段は入手できないような商品に巡り会えたりします。

最近では、カフェなどが併設されたお店もあって、遠いけど行く楽しみがあるお店もあったりします。

今回の記事で紹介した「ハニーアント(HoneyAnt)」さんのように、古民家の素敵なお店に出会えるかもしれませんので、時折でも「京北エリア」に足を運んでみると良いかもしれません。

滋賀県産の黒豆で作った濃厚お味噌を購入しました

滋賀県産の黒豆で作った濃厚お味噌を購入しました

月数回の「パンの日」の「キッチン酵母の食パン」実食レビュー


キッチン酵母の食パン(500円)、月に数回のパンの日のみ限定販売です

キッチン酵母の食パン(500円)、月に数回のパンの日のみ限定販売です

こちらが「キッチン酵母の食パン」で値段は500円、半分売りも可能です。

季節の野菜や果物を継ぎ足してきた天然酵母で、パンは「シットリ&もっちり」と焼き上がっていました。

この食パン、表面は香ばしく、中は天然酵母でコク深く甘い、とっても美味しい食パンでオススメです!

・渋皮栗のパン
・チョコとアーモンドのパン
・フォカッチャ
・渋皮栗スコーン(りんご酵母)
・渋皮栗マフィン(りんご酵母)
・全粒粉クラッカー(りんご酵母)

※パンの日は「こちらのカレンダー」でご確認ください。

ハニーアント(HoneyAnt)への行き方


ハニーアント(HoneyAnt)、国道477号沿いの古民家がお店になっています

ハニーアント(HoneyAnt)、国道477号沿いの古民家がお店になっています

さて、ハニーアント(HoneyAnt)さんへのアクセス方法です。

2018年3月31日に京都市左京区花脊大布施町で新店オープンしたお店です。

国道477号沿いなので、京都市内からは「鞍馬~花脊」もしくは「高雄~京北~花脊」というルートがあります。

後者の京北経由ルートは距離はありますが、京都市内から国道162号と国道477号の広い道を使って行くことができるので自家用車なら京北経由がオススメです。

京都バスの場合は、出町柳駅から京都バスで広河原行きのバス(32系統)に乗車すれば花脊まで行くことができますので「大布施バス停」で下車して徒歩5分くらいです。

京都府京都市左京区花脊大布施町411
営業時間:10時~18時(金曜日~月曜日営業)
定休日:火曜日~木曜日
URL:http://honeyant.jp/


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。