【完熟ゴーヤ】ゴーヤは追熟させると甘い味になる?

今回の食材は「完熟ゴーヤ」です。沖縄の野菜「ゴーヤ」は苦さを楽しむ食べ物ですが、完熟させたゴーヤは甘くなると言われています。普通にゴーヤを追熟させると黄色(オレンジ色)に変色するのですが、その時に中身は赤い実のような種が出来ます。それが甘苦い味がするのです。

今回は、この「完熟ゴーヤ」についてまとめてみました。

完熟ゴーヤとは


完熟させたゴーヤ、苦いゴーヤが甘く高級フルーツのような味わいに変化します

完熟させたゴーヤ、苦いゴーヤが甘く高級フルーツのような味わいに変化します

沖縄のソウルフード「ゴーヤ」、苦くてあまり好きじゃない方もいらっしゃると思います。

この苦味が良いという方もいると思いますが、ゴーヤは完熟すると・・・・

甘くなる

野菜でもあるのです。

緑色のゴーヤは完熟すると甘くなる

緑色のゴーヤは完熟すると甘くなる

この「完熟ゴーヤ」ですが、一般的には出回りません。

ゴーヤを売っている八百屋さんでも、完熟して変色したゴーヤは捨てられてしまうからです。

しかし、沖縄では子供のオヤツとして食べたりするもので、甘い野菜としても知られています。

どうすれば完熟ゴーヤになるの?


上は緑のゴーヤ、下が完熟させたゴーヤ

上は緑のゴーヤ、下が完熟させたゴーヤ

では、この「完熟ゴーヤ」は沖縄以外では食べることができないのでしょうか?

いえ、これ普通のゴーヤを一週間ほど放置しておくと「完熟ゴーヤ」になるのです。

完熟ゴーヤはツルにぶら下がった状態でも黄色やオレンジ色になるのですが、取ってから追熟させても色が変わります。

緑色のゴーヤを一週間くらい放置すれば「完熟ゴーヤ」が出来上がりです。

完熟ゴーヤの食べごろは?


イボが割れてきたら食べごろです(完熟ゴーヤ)

イボが割れてきたら食べごろです(完熟ゴーヤ)

一週間ほどゴーヤを熟させると「完熟ゴーヤになる」と書きましたが、もう少し詳しく「熟した時の特徴」を書いておきます。

上の写真が「完熟ゴーヤ」で、イボのところから割れて中が見え始めているのが分かるかと思います。

この状態が「熟したゴーヤ」で食べごろです。

放置しておいたゴーヤが割れてきたら、中から赤い実をほじくりだして食べてみてください。

完熟ゴーヤはどこを食べると甘いのか


完熟ゴーヤは赤い実の部分を食べます

完熟ゴーヤは赤い実の部分を食べます

通常(緑色)のゴーヤは、中身が白く苦味があります。

完熟させたゴーヤは、表皮が黄色・オレンジ色になり、中身がスポンジ状となって空洞ができます。

種は赤いジュレのような甘い樹脂で包まれたようになって、その赤い実の部分を食べると少し水っぽくてほんのり甘い味わいがします。

完熟ゴーヤの味


実際にはさほど甘くなくて水っぽいジュレです(完熟ゴーヤ)

実際にはさほど甘くなくて水っぽいジュレです(完熟ゴーヤ)

テレビでは「甘くなる」と大々的に誇張して紹介している事例もありますが、実際には・・・・

さほど甘くありません。

少し水っぽいゼラチン質で、苦味は一切消えており、ほんのりフルーツ感がある程度です。甘さは梨よりも糖度は低い感じでした。

完熟ゴーヤの赤い実を食べた時に出る種

完熟ゴーヤの赤い実を食べた時に出る種

夏はゴーヤの季節なので、スーパーでも売られている野菜です。

追熟させると甘いフルーツのようになるので、皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか。

SNSの口コミや感想


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。