【京都新店】京都・伏見にメチャ旨フォーのお店(ベトナム料理)が開業「Phở ohayo」京都市伏見区(伏見京町エリア)で2023年12月23日新店オープン

4.5


【京都ベトナム料理新店】Phở ohayo - 京都・伏見にメチャ旨フォーのお店が開業

【京都ベトナム料理新店】Phở ohayo – 京都・伏見にメチャ旨フォーのお店が開業

【紹介】京都・伏見にものすごく美味しいフォーのお店Phở ohayo(ベトナム料理店)」が京都府京都市伏見区(伏見京町エリア)の伏見駅や墨染駅近くで2023年12月23日に新店オープンしました。

この記事は京都にあるベトナム料理新店「Phở ohayo」の「場所・評判・定番メニュー・値段・営業時間・駐車場の有無」について知りたい人や京都府京都市伏見区のベトナム料理店に興味がある方におすすめの紹介記事です。

スポンサーリンク

【京都新店】Phở ohayo – 伏見京町で見つけた激ウマ「ベトナム料理 フォーのお店」


【京都新店】Phở ohayo - 伏見京町で見つけた激ウマ「ベトナム料理 フォーのお店」

【京都新店】Phở ohayo – 伏見京町で見つけた激ウマ「ベトナム料理 フォーのお店」

今回紹介する「Phở ohayo」は京都市伏見区のベトナム料理「フォー」のお店でものすごく美味しいのでおすすめのお店です。

京都市伏見区に住むベトナム人が経営するお店で「牛肉のフォー・鶏肉のフォー」を食べることができます。

※外の看板にはフォー以外の料理写真もありますがメニューはフォーだけでした。ただ、別の方が行った際には一品物のメニューもあったそうです。

このお店のチェックポイント!京都・伏見にメチャ旨フォーのお店が開業「Phở ohayo」
・開業日は2023年12月23日
・京都市伏見区(伏見京町エリア)のベトナム料理店
・1階と2階にテーブル席があるファミリー層向け
・予算は1000円~2000円
・駐車場なし
・駐輪場なし

訪問日(取材日)は2023年12月23日で、12月15日に工事中のところを見つけて毎日チェックしていたところ12月23日に開業していました。

伏見駅や墨染駅の近くで開業

伏見駅や墨染駅の近くで開業

場所は近くに「伏見駅や墨染駅」がある伏見京町エリアで国道24号から奈良街道を南へすぐの場所にお店があります。

伏見駅から東方面へ国道24号を歩き、ファミリーマート伏見京都店の手前で右折(南方向)するとお店があります。

最寄りの公共交通機関は伏見駅からなら徒歩10分(700m)のところで、伏見インクライン前バス停(バス停情報)からなら徒歩4分(260m)です。

スポンサーリンク

店内の雰囲気や支払い方法


竹のテーブルがありベトナム的な雰囲気(Phở ohayo)

竹のテーブルがありベトナム的な雰囲気(Phở ohayo)

Phở ohayoの店内に入ると、1階と2階にテーブル席が多数ありました。

店内の雰囲気はベトナムらしく色鮮やかな花で飾られ、テーブルや椅子は竹で作られていてベトナムの雰囲気を感じられるお店です。

注文は「席」で行います

注文は「席」で行います

席で店員さんに注文するようになっていました。

支払い方法は「現金のみ」です。

なにが食べられるお店?


牛肉のフォー・鶏肉のフォー(Phở ohayo)

牛肉のフォー・鶏肉のフォー(Phở ohayo)

メニューは「牛肉のフォー・鳥肉のフォー」がメインでフォー以外のメニューはオープン初日だからかもしれませんが私の時はありませんでした。ただ、別の方が同じ日に行った時は一品物のメニューもあったそうです。

価格帯は950円~1080円なので一般的な値段のお店です。

フォーは米粉で作った平たい麺のこと

フォーは米粉で作った平たい麺のこと

店名にもある「フォー(Phở)」は米粉で作った平たい麺のことなのでフォーのお店であることがわかります。なお、店名の「ohayo」はベトナム料理店の店名でよく使われていますが、これはベトナム語ではなく日本語の「おはよう」です。

Phởは日本語表記では「フォー」ですが、発音的には「フー(語尾上げる)」で上の歯を下唇にあてて発音します。米粉で作る平たい麺のことで日本ではベトナム料理の定番として知られていますが、ベトナムでは「ブン」のほうが食べられていて、これも米粉で作った麺ですが平打ではなく普通の丸麺(打ち出し麺)のことを「ブン」と言います。

牛肉のフォーはフォーボー、鶏ならフォーガー

牛肉のフォーはフォーボー、鶏ならフォーガー

メニュでは「牛肉のフォー」と書かれているのは、いわゆる「フォーボー」のことで、鶏肉のフォーは「フォーガー」と呼びます。ボーは牛で、ガーは鶏の意味です。

つまり麺がフォーではなくブンだったら「ブンボ―」ですが、ベトナム中部の都市フエの名物なので「ブンボーフエ」と書かれていることが多いです。鶏肉のブンは「ブンガー」と呼ばれます。

フォーボー(牛肉のフォー)は生肉を使うと「フォーボータイ(Phở bò tái)」と呼ばれ、略して「フォータイ(Phở tái)」と書かれている場合もあります。煮込み牛肉を使う場合は「フォーボーチン(Phở Bò Chín)」と呼ばれます。

トッピングは牛肉や鶏肉以外にも「もやし・ネギ・パクチー・レモン」が基本形で、今回紹介する「Phở ohayo」でも同様のトッピングになっていました。

主なメニュー

牛肉フォー(980円)

レア牛肉フォー(980円)

鳥肉フォー(950円)

レア牛肉フォー&ビーフボール(1080円)

ブン・マン・ガー(1020円)

※メニュー写真では「税抜き価格」と記載がありますがお会計したところ税込み価格でした。

レア牛肉フォー&ビーフボール 紹介


レア牛肉フォー&ビーフボールを実食

レア牛肉フォー&ビーフボールを実食

今回は「レア牛肉フォー&ビーフボール」を注文。ベトナム料理のフォーボー(牛肉のフォー)で牛のスープに野菜と牛肉がトッピングされていますが、メニューによると牛肉は「レアビーフ・煮込みビーフ・ビーフボール」がトッピングされているとありました。
メニュー写真と違うのはご愛嬌

メニュー写真と違うのはご愛嬌

ただ、見た感じでは煮込みビーフとビーフボールっぽいのが入っているだけでレアビーフっぽいのは入っていないように思えました。

このへんは外国料理店ではよくあることなのでご愛嬌ということで。

牛出汁のスープが激ウマ

牛出汁のスープが激ウマ

スープは牛出汁にスパイスを加えたもので、このスープが激ウマで驚きました。

ベトナムという国が好きで行ったこともあるくらいなので、ベトナム料理も結構食べてきましたが、ダントツで一番美味しいスープです。

スープに絶対入れて「ニンニク酢」

スープに絶対入れて「ニンニク酢」

あと、これは絶対に入れていただきたいのが「Tỏi ngâm giấm ớt」です。

これは「ニンニク酢」のことで、スライスしたニンニクと唐辛子を酢に漬け込んだもの。辛いですがニンニクの香りと酸っぱさがスープとの相性が良いのでお好みで入れるのがオススメです。

ちなみに唐辛子が入っていないのは「Tỏi ngâm giấm」と言います。

サテトム(Sate Tom)でもっと美味しくなる

サテトム(Sate Tom)でもっと美味しくなる

ニンニク酢を入れるだけでスープがさらに美味しくなるのですが、ベトナムのラー油「サテ(Sate)」を入れると旨みと辛さが倍増します。

材料は「唐辛子・にんにく・レモングラス・干しエビ・揚げタマネギ」などで、こちらのお店に置いてあるのは「サテトム(Sate Tom)」という食べるラー油です。

ニンニク酢と食べるラー油で本場の味わいに

ニンニク酢と食べるラー油で本場の味わいに

こちらのお店のフォーは現地の味よりも辛味を抑えてあるので、注文時に「辛くして」ってオーダーも受け付けてくれるそうです。

ですが、卓上調味料にある「ニンニク酢と食べるラー油」で本場の味わいにすることもできるので自分で調整すると良いでしょう。

とにかくウマすぎてびっくりしたお店でした

とにかくウマすぎてびっくりしたお店でした

この「Phở ohayo」ですが、とにかく牛肉フォーがウマすぎてびっくりしたお店でした。

これはリピあるなと思うほどでした。

メニューや値段


メニュー(Phở ohayo)

メニュー(Phở ohayo)

今回紹介した「Phở ohayo」のメニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

Phở ohayoメニューは「牛肉のフォー・鶏肉のフォー」など。他にも一品料理もあるようです。

値段はメニューを見ると「950円~1080円」なので、予算は1000円~2000円ほどあれば足りるかと思います。

Phở ohayoで食べるならベトナム料理のフォーボー(牛肉のフォー)で牛のスープに野菜と牛肉がトッピング「牛肉のフォー」や、今回おすすめした牛肉赤身とビーフボールのフォー「レア牛肉フォー&ビーフボール」が良いでしょう。

メニュー(クリックでオープン)
【訪問時のランチタイム】メニュー
牛肉フォー 980円
レア牛肉フォー 980円
鳥肉フォー 950円
レア牛肉フォー&ビーフボール 1080円
ブン・マン・ガー 1020円
写真では税抜価格と書いてありましたが会計時は税込み価格でした。
※メニューと値段は取材時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。

京都「Phở ohayo」の店舗情報


Phở ohayo(京都府京都市伏見区)

Phở ohayo(京都府京都市伏見区)

Phở ohayo への行き方です。

この「Phở ohayo」の場所京都府京都市伏見区の伏見京町で伏見駅から徒歩10分のところ。バス停だと伏見インクライン前バス停から徒歩4分です。

住所でいえば「〒612-8083 京都府京都市伏見区京町10丁目1117−9」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

京都「Phở ohayo」の営業時間は「10時~22時(平日)、10時~24時(土日祝)」で、定休日は「なし」です。

Phở ohayo駐車場・駐輪場はありませんので公共交通機関や近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

店舗情報(クリックでオープン)
店舗情報
店舗名 Phở ohayo
オープン日 2023年12月23日オープン
ジャンル ベトナム料理
食事予算 1000円~2000円
営業時間 10時~22時(平日)、10時~24時(土日祝)
定休日 なし
駐車場・駐輪場 なし
住所 〒612-8083 京都府京都市伏見区京町10丁目1117−9
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 伏見駅から徒歩10分(約700m・ルート
最寄りバス停 伏見インクライン前バス停から徒歩4分(約260m・ルートバス停情報
テイクアウト 不明
イートイン 対応
※営業時間と定休日は取材時点のものです。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。ルートは実際の状況を反映していない場合があります。
まとめ京都・伏見にメチャ旨フォーのお店が開業

牛肉のフォーがスープ美味しくてビックリしたお店です。ニンニク酢を入れるとさらに美味しくてスープすすりまくりでした。米粉の麺フォーとも相性が良くオススメできるお店です。

おすすめメニューは「レア牛肉フォー&ビーフボール(1080円)」です。

このお店Phở ohayo」を、この記事を見て気になった方はぜひ一度行ってみてください。

Phở ohayoは接客もきちんとされているので気分よく食事ができる京都市伏見区(伏見京町)のベトナム料理店です。

近くのお店や同じジャンルのお店を検索!

※同じ地区のお店を検索

または

※同じ駅のお店を検索

もしくは

※同じジャンルのお店を検索

※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。
※訪問の際は必ず公式で営業日をご確認ください。
※年末年始は休業の店舗が多いため、必ず公式で営業情報を確認してから来店してください。