2023年9月1日オープン 和洋ダイニング 琥珀(昼は江南亭の姉妹店)

【東九条】和洋ダイニング 琥珀で間借り営業している江南亭の姉妹店でランチ和洋ダイニング 琥珀(昼は江南亭の姉妹店)京都府京都市南区(東九条)予算:1000円前後

スポンサーリンク

和洋ダイニング 琥珀で間借り営業している江南亭の姉妹店でランチ


2023年9月1日オープン 和洋ダイニング 琥珀(昼は江南亭の姉妹店)

2023年9月1日オープン 和洋ダイニング 琥珀(昼は江南亭の姉妹店)

京都府京都市南区に和洋ダイニングのお店「和洋ダイニング 琥珀」さんが新店オープン。

2023年9月1日新店オープン

2023年9月1日新店オープン

オープン日(開業日)は2023年9月1日で、訪問日は2023年9月26日。

場所東九条エリアです。

和洋ダイニング 琥珀さんでランチ営業を発見

和洋ダイニング 琥珀さんでランチ営業を発見

先日の昼に和洋ダイニング 琥珀 さんの前を通りかかったところランチ営業をしているのに気が付きました。

和洋ダイニング 琥珀さんは和洋食のお店

和洋ダイニング 琥珀さんは和洋食のお店

和洋ダイニング 琥珀さんは和洋食を提供する料理店で飲み放題プランもあるお店ですが、お昼営業を始めたのかなと思い入ってみることにしました。

店内の様子(和洋ダイニング 琥珀)

店内の様子(和洋ダイニング 琥珀)

カウンターとテーブル席がある店内では「魔薬どんぶり・激辛韓国チャンポン・ビビンバ定食・から揚げ定食・スンドゥブチゲ定食・韓国レーメン」などをランチに食べていくことができるそうです。

値段(予算)はメニューを見る限りでは980円~1280円なので一般的なお店です。

お昼はお向かいの江南亭さんが間借り営業

お昼はお向かいの江南亭さんが間借り営業

和洋ダイニング 琥珀さんは和洋食のお店なのにお昼は韓国料理なのはなんでだろうと思ったのでお店の方にお話しを聞いたところ、実はお昼はお向かいの江南亭さんという韓国料理店が間借りして江南亭姉妹店として営業いるのだそうです。

江南亭(カンナム亭)さんも2022年頃に開業した最近のお店で、夜は韓国料理を楽しめるお店とのことです。

琥珀さんの昼営業は江南亭の韓国料理店

琥珀さんの昼営業は江南亭の韓国料理店

なるほどそういうことだったのかと合点がいったので今回は「和洋ダイニング 琥珀」さんで昼に間借り営業している江南亭の姉妹店さんのランチで韓国グルメを食べてみたいと思います。

※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。
※記事の更新状況はTwitterInstagramthreadsでも告知していますのでフォローお願いします。

スポンサーリンク

魔薬どんぶりを食べてみた


大きな窓があり座席数も多い店内

大きな窓があり座席数も多い店内

入店すると大きな窓があり座席数も多い店内です。

今回はカウンター席に着席しました。

お店の雰囲気は琥珀さんのままです

お店の雰囲気は琥珀さんのままです

お昼の間借り営業なのでお店の雰囲気は琥珀さんのまま。

焼酎の瓶がたくさん並んでいて、大型テレビも設置されていました。

夜はこちらで琥珀さんの「お刺身盛り合わせ・唐揚げ・アボカドロール・チーズミルフィーユ・生ハムユッケ」といった和洋食の創作料理をいただけるそうです。

お昼のメニューは韓国料理のランチ

お昼のメニューは韓国料理のランチ

今回は昼に間借り営業している江南亭さんの姉妹店なので韓国料理のランチを注文。

「魔薬どんぶり」というオリジナル丼

「魔薬どんぶり」というオリジナル丼

今回は「魔薬どんぶり」という江南亭の姉妹店さんのオリジナル丼をいただきました。

江南亭のオリジナルソースに漬け込んだ豚バラ肉がたっぷりとのったここでしか食べられないお料理です。

ランチは定食で「サラダ・小皿・汁物」付き

ランチは定食で「サラダ・小皿・汁物」付き

ランチは定食で提供されていてセットには「サラダ・小皿・汁物」も付いてきました。

また、このエリアは工事現場が多いこともあり働いている方のためにご飯は大盛無料になっているのが嬉しいですね。

小皿は韓国料理のお惣菜

小皿は韓国料理のお惣菜

小皿は韓国料理のお惣菜で「もやしナムル」など。

これは日によって内容は変わるかもしれません。

お味噌汁とミニサラダ

お味噌汁とミニサラダ

前述しましたが、お味噌汁とサラダも付いていました。

豚バラ肉とレタスに白髪ねぎの丼ものです

豚バラ肉とレタスに白髪ねぎの丼ものです

魔薬どんぶりというのは豚バラ肉とレタスに白髪ねぎの丼もののことです。

ご飯大盛もできますが今回は普通でお願いしました。

めちゃくちゃ美味しいオリジナルソース

めちゃくちゃ美味しいオリジナルソース

豚バラ肉は江南亭さんのオリジナルソースに漬け込んであり、さらに炒める時もそのソースで焼いているので豚肉の脂のコクも合わさってとても美味しいです。

コチュジャンと韓国味噌にゴマ油を使っているので甘くほんのりピリ辛い味わい深い仕上がりになっていました。

ここでしか食べられないのでお近くの方はぜひ

ここでしか食べられないのでお近くの方はぜひ

ここでしか食べられないのでお近くの方はぜひ行って食べてみてください。

夕方からは「和洋ダイニング 琥珀」さん

夕方からは「和洋ダイニング 琥珀」さん

お昼の江南亭姉妹店さんとしての営業は11時30分~14時30分(L.O.30分前)で、夕方からの営業は16時30分~22時30分で本来の「和洋ダイニング 琥珀」さんとして営業しています。

夜は「和洋ダイニング 琥珀」のお料理やお酒を楽しめるお店なので、こちらもお近くの方は行ってみてください。

スポンサーリンク

メニュー内容と値段


ランチメニュー(江南亭の姉妹店)

ランチメニュー(江南亭の姉妹店)

※メニューの価格と内容は原材料の価格や世界情勢により変更される場合がありますので正確なメニューと値段は公式情報でご確認お願いします。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

ランチメニューは「魔薬どんぶり・激辛韓国チャンポン・ビビンバ定食・から揚げ定食・スンドゥブチゲ定食・韓国レーメン」など。

値段はランチメニューを見ると「980円~1280円」なので、予算は1000円前後ほどあれば足りるかと思います。

夜のメニュー(和洋ダイニング 琥珀)

夜のメニュー(和洋ダイニング 琥珀)

夜のドリンクメニュー(和洋ダイニング 琥珀)

夜のドリンクメニュー(和洋ダイニング 琥珀)

江南亭姉妹店さんの詳細な内容と値段については最新情報は公式情報でご確認ください。

和洋ダイニング 琥珀さんの詳細な内容と値段については最新情報は公式情報でご確認ください。

スポンサーリンク

最寄り駅や行き方(アクセス方法)


和洋ダイニング 琥珀(京都市南区)

和洋ダイニング 琥珀(京都市南区)

和洋ダイニング 琥珀(昼は江南亭の姉妹店) さんへ行く場合の備忘録です。

場所京都府京都市南区の東九条で九条駅から徒歩9分のところ。バス停だと河原町東寺道バス停から徒歩1分です。

住所でいえば「〒601-8011 京都府京都市南区東九条南岩本町6 南岩本市営住宅 104」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はお店にご確認ください。もしくは近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

※営業時間と定休日はお店で確認しました。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 和洋ダイニング 琥珀(昼は江南亭の姉妹店)
オープン日 2023年9月1日オープン
ジャンル 和洋ダイニング(昼は韓国料理)
食事予算 ランチは1000円前後
営業時間 11時30分~14時30分(L.O.30分前・江南亭姉妹店)、16時30分~22時30分(琥珀)
定休日 木曜日および不定休(江南亭姉妹店)、無休(琥珀)
駐車場・駐輪場 お店にご確認ください
住所 〒601-8011 京都府京都市南区東九条南岩本町6 南岩本市営住宅 104
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 九条駅から徒歩9分(約650m・ルート
最寄りバス停 河原町東寺道バス停から徒歩1分(約10m・ルートバス停情報
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。ルートは実際の状況を反映していない場合がありますので、ご注意ください。オープン前情報の場合は開店日の変更の可能性があります。