2022年10月22日オープン 挽肉と米 京都

京都府・祇園北側 ハンバーグ店名:挽肉と米 京都|場所:京都府京都市東山区|内容:開業告知|予算:2000円~3000円|営業時間:11時~15時、17時~21時|定休日:水曜日

スポンサーリンク

2022年10月22日オープン予定 挽肉と米 京都


2022年10月22日オープン予定 挽肉と米 京都

2022年10月22日オープン予定 挽肉と米 京都

京都府京都市東山区にハンバーグのお店「挽肉と米 京都」さんが新店オープン予定です。

場所祇園北側で、祇園四条駅から徒歩5分のところ。

バス停だと四条京阪[祇園四条駅]バス停から徒歩5分です。

オープン日(開業日)は2022年10月22日、事前調査日には店頭に看板が設置されていました(10月18日時点で未開業)。

※この記事はオープン前情報で正式オープン時に内容が変更になる可能性があります。
※写真もオープン前のもので実際のイメージと異なる場合があります。

スポンサーリンク

挽肉と米 京都 とは


挽肉と米 京都(京都市東山区)

挽肉と米 京都(京都市東山区)

挽肉と米 京都 さんは京都市東山区祇園北側新店オープン予定となっているハンバーグのお店です。

東京の人気ハンバーグ店が念願の関西初出店で「ハンバーグ定食」などを食べていくことができるようになるそうです。

最近流行りの「ハンバーグのひろゆき」さんや「六花界Blender 新京極」さんのようなハンバーグ専門店です。

朝9時から記帳に並ぶ必要あり

朝9時から記帳に並ぶ必要あり

東京では「渋谷・吉祥寺」といった若者が多いエリアで出店。

人気があるため昼は9時から開始される「記帳」により希望時間帯を予約して、時間になったら店頭に並ぶというシステムになっています(電話予約不可)。

※来店を予定されている方は公式サイトを熟読したほうが無難です。

そのため、記帳時に行列になると思われました。

京都店は祇園北側の巽橋すぐ近くということもあり、観光客がものすごく多いエリアです。

ということを考えると当面は私は近づかないでおこうかと思いましたので開業告知のみしておきます。

スポンサーリンク

メニュー

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューは「挽肉と米 定食」など。

値段(予算)は1600円~となっていました。

この「挽肉と米 定食」には、約90gの小さいハンバーグが3個付くシステムです(ごはんお替り自由)。

※新京極通の「六花界Blender 新京極」さんとほぼ同じスタイルです。

メニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
【グランド】メニュー
挽肉と米 定食 1600円
おかわり肉 450円
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式情報でご確認ください。

スポンサーリンク

アクセス(場所)

挽肉と米 京都 さんの「行き方営業時間定休日」などの店舗情報についてです。

営業時間は「11時~15時、17時~21時」です。

定休日は「水曜日」となっていました(公式SNSで要確認)。

場所京都府京都市東山区の祇園北側で祇園四条駅から徒歩5分のところです。

住所でいえば「〒605-0084 京都府京都市東山区清本町363」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)


店舗情報
店舗名 挽肉と米 京都
オープン日 2022年10月22日オープン
ジャンル ハンバーグ
食事予算 2000円~3000円
営業時間 11時~15時、17時~21時(変更になる場合があります)
定休日 水曜日(公式SNSで要確認)
駐車場・駐輪場 なし
住所 〒605-0084 京都府京都市東山区清本町363
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 祇園四条駅から徒歩5分(約400m・ルート
最寄りバス停 四条京阪[祇園四条駅]バス停から徒歩5分(約400m・ルートバス停情報
公式SNS Instagram
公式サイト こちらをクリック
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式情報でご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。徒歩ルートは実際の状況を反映していない場合がありますので、ご注意ください。オープン前情報の場合は開店日の変更の可能性があります。

スポンサーリンク

評判(口コミ)


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。