2022年10月10日オープン どんグリル(京都洋食・荒神口)

京都府・荒神口洋食店名:どんグリル|場所:京都府京都市上京区(荒神口)|内容:レビュー|豚バラ煮カツという珍しいメニューがある洋食屋。

2022年10月10日オープン どんグリル


2022年10月10日オープン どんグリル

2022年10月10日オープン どんグリル

京都府京都市上京区に洋食のお店「どんグリル」さんが新店オープンしたので行ってきました。

オープン日(開業日)は2022年10月10日で、訪問日は2022年10月10日。

場所は近くに荒神橋がある荒神口エリアです。

豚バラ煮カツという珍しいメニューがある洋食屋

豚バラ煮カツという珍しいメニューがある洋食屋

神宮丸太町駅から徒歩7分のところで、バス停だと荒神口バス停から徒歩3分。

営業時間は「11時~14時(ランチ)、14時~17時(カフェ、L.O.30分前)、17時~22時(ディナー、L.O.30分前)」で、定休日は「不定休」となっています。

豚バラ煮カツという珍しいメニューがある洋食屋でオリジナルの子牛の出汁で作ったソースで食べるというグルメです。

※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。

どんグリル とは


どんグリル(京都市上京区)

どんグリル(京都市上京区)

どんグリル さんは、豚バラ煮カツという珍しいメニューがある洋食屋です。

荒神口の老舗喫茶店「シャポー」の後に入ったお店で、お店の雰囲気は残したまま洋食店になっていました。

昼はランチセットがあり、夜はワインなどを楽しめるコースがあります(コースは予約制)。

昼はランチセットがあります

昼はランチセットがあります

カウンターとテーブルがある店内ではランチに「国産豚バラ煮カツセットからあげメンチカツビーフカツハンバーグナポリタン」などを食べていくことができます。

値段(予算)はランチで2000円以内程度でした。

今回は「国産豚バラ煮カツセット(1500円)」を食べてみたいと思います。

実食レビュー


ランチセットは味噌汁とご飯が付きます

ランチセットは味噌汁とご飯が付きます

こちらの「どんグリル」さんは、ワインなどがある飲める洋食屋さんというスタイル。

昼はハンバーグやナポリタンといった洋食のセットが食べられるようになっていました。

今回注文したのは「国産豚バラ煮カツセット(1500円)」というメニューで、豚バラを煮込んでそれをトンカツにしたというお料理です。

豚バラ煮カツなのですごく柔らかいです

豚バラ煮カツなのですごく柔らかいです

このトンカツは箸でも簡単にきれちゃうほど柔らかい食感。

国産の豚バラを煮込んだものをカツにしているので柔らかいんですね。

珍しいメニューですが、さらに珍しいのがソースでした。

子牛の出汁とワインのソースでいただきます

子牛の出汁とワインのソースでいただきます

普通のソースかなと思ったら、辛いとか甘いとかない香ばしい香りがするソースです。

店主さんに聞いたところ、子牛の出汁とワインのオリジナルソースなんだそうです。

ワインと一緒に食べるのに合いそうな味わいだなと思いました。

※ごはんと一緒に食べる用に塩とかあると嬉しいかなと思いました。

他にもハンバーグやナポリタンもありますよ

他にもハンバーグやナポリタンもありますよ

ランチは他にもハンバーグやナポリタンもあって、唐揚げとタルタルソースのランチセットは1000円未満で食べられるようになっていました。

ハンバーグとナポリタンも気になりますよね!

ごちそうさまでした。

メニュー


このお店のメニューは?

このお店のメニューは?

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューはランチの場合「国産豚バラ煮カツセット・からあげ・メンチカツ・ビーフカツ・ハンバーグ・ナポリタン」など。

値段(予算)は1000円~2000円程度となっていました。

メニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
【ランチセット】メニュー
国産豚バラ煮カツセット 1500円
からあげタルタルソースセット 950円
メンチカツセット 1300円
ビーフカツセット 2300円
ハンバーグ(おろしソース)セット 1200円
ハンバーグ(デミグラスソース)セット 1200円
バラエティ(ハンバーグ小・からあげ・エビフライ・バラカツ) 1500円
ナポリタン(パン・サラダ付き) 1000円
【デザート】メニュー
バニラアイス 350円
自家製プリン 450円
ガトーショコラ 500円
バスクチーズケーキ 500円
ランチドリンク +200円
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式情報でご確認ください。

アクセス(場所)

どんグリル さんの「行き方営業時間定休日」などの店舗情報についてです。

営業時間は「11時~14時(ランチ)、14時~17時(カフェ、L.O.30分前)、17時~22時(ディナー、L.O.30分前)」です。

定休日は「不定休」となっていました(公式SNSで要確認)。

場所京都府京都市上京区の荒神口で神宮丸太町駅から徒歩7分のところです。

住所でいえば「〒602-0856 京都府京都市上京区荒神町115−4」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

※営業時間と定休日はお店で確認しました。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 どんグリル
オープン日 2022年10月10日オープン
ジャンル 洋食
食事予算 1000円~2000円
営業時間 11時~14時(ランチ)、14時~17時(カフェ、L.O.30分前)、17時~22時(ディナー、L.O.30分前)
定休日 不定休(公式SNSで要確認)
駐車場・駐輪場 なし
住所 〒602-0856 京都府京都市上京区荒神町115−4
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 神宮丸太町駅から徒歩7分(約550m・ルート
最寄りバス停 荒神口バス停から徒歩3分(約240m・ルートバス停情報
テイクアウト 非対応
イートイン 対応
コロナ対策 手指消毒・マスク
公式SNS Instagram
電話番号 タップで電話発信(営業時間内におかけください)
クレジットカード ✅ VISA
✅ MasterCard
✅ JCB
✅ AMEX
✅ Diners
✅ UnionPay(銀聯)
✅ DISCOVER
電子マネー ✅ iD
✅ QUICK PAY
交通系ICカード ✅ Kitaca
✅ PASMO
✅ Suica
✅ manaca
✅ TOICA
✅ ICOCA
✅ nimoca
✅ はやかけん
✅ SUGOCA
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式情報でご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。徒歩ルートは実際の状況を反映していない場合がありますので、ご注意ください。オープン前情報の場合は開店日の変更の可能性があります。


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | おにぎり | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。