2022年5月20日オープン 炭焼き炙り丼 KYOTO STYLE キャベツの想い


2022年5月20日オープン


2022年5月20日オープン 炭焼き炙り丼 KYOTO STYLE キャベツの想い

2022年5月20日オープン 炭焼き炙り丼 KYOTO STYLE キャベツの想い

京都市左京区に焼肉丼のお店「炭焼き炙り丼 KYOTO STYLE キャベツの想い」さんが新店オープンしたので行ってきました。

場所高野で、茶山駅から徒歩9分のところ。

オープン日(開業日)は2022年5月20日で、訪問日は2022年5月31日です。事前調査でオープン前から見に行っていましたが、閉店したお弁当店「キャベツの思い」がリニューアルして焼肉丼のお店になっていました。

※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。

炭焼き炙り丼 KYOTO STYLE キャベツの想い とは


炭焼き炙り丼 KYOTO STYLE キャベツの想い(京都市左京区)

炭焼き炙り丼 KYOTO STYLE キャベツの想い(京都市左京区)

炭焼き炙り丼 KYOTO STYLE キャベツの想い さんは京都市左京区2022年5月20日に新店オープンした焼肉丼のお店です。

高野交番南側(イズミヤ隣り)にお店があります。

炭焼きで炙った焼肉丼のお店

炭焼きで炙った焼肉丼のお店

炭焼き国産鶏・豚・牛肉で食べる焼肉丼のお店で「ステーキ丼ハラミ焼肉丼ホルモン炭焼き丼カルビ焼肉丼馬肉カルビ丼鶏炭焼き丼」などを食べていくことができます。

馬肉があるのが珍しいのと、国産食材にこだわり、炭焼きで炙った焼肉は香ばしく、お米もおこげでコンガリと香ばしいのでそういうのが好きな方にはハマる可能性があります。私には結構好きな味でお肉を堪能できるお店だなという感想です。

実食レビュー


カウンター席とテーブル席

カウンター席とテーブル席

炭焼き炙り丼 KYOTO STYLE キャベツの想い さんは高野で開業した炭焼き国産鶏・豚・牛肉・馬肉で食べる焼肉丼のお店です。

テイクアウトとイートインに対応していて、店内はカウンター席テーブル席がある入りやすい雰囲気のお店でした。

和牛・馬肉・鶏・豚で値段は様々

和牛・馬肉・鶏・豚で値段は様々

注文はオンキャッシュ(先払い)で、これはテイクアウトのお弁当販売も行っているのでそうなっていると思います。

値段は「和牛馬肉」で様々。

和牛は1295円~2065円、馬肉が1405円~2530円、鶏肉が855円、豚肉で1075円となっていました。

ご飯は一部で「鮨めし(酢飯)」が選べるものもあります。

黒毛和牛のウチヒラ炭焼きステーキ丼

黒毛和牛のウチヒラ炭焼きステーキ丼

今回は黒毛和牛のウチヒラ炭焼きステーキ丼「老舗高田」を注文、値段は税込み2065円です。

老舗高田というのは仕入先で、ウチヒラは牛肉の赤身で希少部位です。

ご飯は通常と鮨めしが選べましたが、通常でお願いしました。

牛肉の風味が高い部位を炙りで香ばしく

牛肉の風味が高い部位を炙りで香ばしく

牛肉は炭火でレア焼き、色味のよい新鮮な黒毛和牛を使っているのが見てわかります。

甘いタレが付属と卓上にもありますが、お肉自体が美味しいのでタレは少しかけるくらいがちょうどよいと思います。

小皿と汁物もついてきます

小皿と汁物もついてきます

小皿と汁物もついてきて、小皿は「ほうれん草のゴマ和え」で汁物は中華風味のスープです。

毎回同じではないとは思いますが、焼肉丼には中華スープがよく合いますね。

わさび・タレ・柚子胡椒

わさび・タレ・柚子胡椒

薬味は「わさび・タレ・柚子胡椒」が少量ずつ。

わさびが大好きなのでもう少し量が欲しいところでしたが柚子胡椒もついているので全体的には適正量です。

タレは少なめに見えるかと思いますが、卓上にもあるので追加可能。ただし、タレはかけすぎないほうが肉の風味を損なわないので絶対に良いと思います。

旬キャベツのピクルス

旬キャベツのピクルス

サイドメニューから追加で注文したのが「旬キャベツのピクルス」です。

甘酸っぱいもの大好きなので満足の一品。

わさびと香ばしい和牛炙り肉が美味い

わさびと香ばしい和牛炙り肉が美味い

香ばしい和牛炙り肉はとても美味しくて、わさびと少量のタレで牛肉の旨味を存分に味わえました。

お肉量も結構ありますが、もっと食べたい方は高くなりますがお肉1.8倍で注文も可能です。

ごはんもおこげでさらに香ばしさアップ

ごはんもおこげでさらに香ばしさアップ

炭火での炙り焼きを全面に押し出したメニューが特徴的で、ごはんもおこげでさらに香ばしさアップ。

牛肉と馬肉だと値段はそこそこしますが、内容面はお値段に見合った内容で美味しくいただくことができました。

メニュー


このお店のメニューは?

このお店のメニューは?

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューは「ステーキ丼・ハラミ焼肉丼・ホルモン炭焼き丼・カルビ焼肉丼・馬肉カルビ丼・鶏炭焼き丼」など。

値段は855円~2065円程度となっていました。

メニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
【牛肉】メニュー
黒毛和牛のウチヒラ炭焼きステーキ丼「老舗高田」 2065円
黒毛和牛のハラミ焼肉丼「老舗高田」 1735円
黒毛和牛のホルモン炭焼き丼「老舗高田」 1295円
交雑和牛のカルビ焼肉丼「北海道産」 1295円
【馬肉】メニュー
馬肉のカルビ炭焼き丼「熊本産」 2090円
馬肉ヒモカルビ厚切り炭焼き丼「熊本産」 2530円
馬肉のユッケ丼(利助の卵載せ)「熊本産」 1405円
【鶏肉】メニュー
極み鶏の炙り炭焼き丼「九州宮崎産」塩・タレ 855円
【豚肉】メニュー
「京丹波高原」旨豚肉の熟成ダレの炙り炭焼き丼「京都産」 1075円
【サイド】メニュー
法蓮草の黒胡麻和え 220円
旬キャベツのピクルス 110円
キャベツの千切りサラダ(手作り人参ドレッシング添え) 165円
国産白菜で作ったキムチ 275円
ライス 有機特別栽培米の「コシヒカリ」 195円
【ドリンク】メニュー
ウーロン茶 275円
生ビール(プレミアムモルツ) 605円
ハイボール 550円
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。

アクセス(場所)

炭焼き炙り丼 KYOTO STYLE キャベツの想い さんの「行き方営業時間定休日」などの店舗情報についてです。

営業時間は「11時~21時15分」です。

定休日は「不定休」となっていました(公式SNSで要確認)。

場所京都府京都市左京区の高野で茶山駅から徒歩9分のところです。

住所でいえば「〒606-8103 京都府京都市左京区高野西開町55」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

※営業時間と定休日はお店で確認しました。
※記事掲載時点で「Google Maps」未掲載店です。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 炭焼き炙り丼 KYOTO STYLE キャベツの想い
オープン日 2022年5月20日オープン
ジャンル 焼肉丼
食事予算 855円~2065円
営業時間 11時~21時15分
定休日 不定休
駐車場・駐輪場 なし
住所 〒606-8103 京都府京都市左京区高野西開町55
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 茶山駅から徒歩9分(約700m・ルート
最寄りバス停 高野橋東詰バス停から徒歩1分(約75m・ルートバス停情報
テイクアウト 対応
イートイン 対応
コロナ対策 手指消毒・マスク・透明シールド
電話番号 タップで電話発信(営業時間内におかけください)
クレジットカード ✅ VISA
✅ MasterCard
✅ JCB
✅ AMEX
✅ Diners
QR決済 ✅ PayPay
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。
飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。