2022年3月11日オープン 古今中華 文式


2022年3月11日オープン


2022年3月11日オープン 古今中華 文式

2022年3月11日オープン 古今中華 文式

京都市下京区に中華料理店「古今中華 文式」さんが新店オープンしていたので寄ってみました。

場所梅小路京都西で、梅小路京都西駅から徒歩1分のところ。

梅小路公園の北側の飲食店が入るビル奥側

梅小路公園の北側の飲食店が入るビル奥側

オープン日(開業日)は2022年3月11日で、訪問日は2022年4月11日です。

梅小路公園の北側お向かいの飲食店などが入るビル奥側にお店がありました(駅東側の道路からも入店可能)。

※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。

古今中華 文式 とは


古今中華 文式(京都市下京区)※駅側

古今中華 文式(京都市下京区)※駅側

古今中華 文式 さんは京都市下京区2022年3月11日に新店オープンした中華料理です。

梅小路京都西駅東側にお店があります(焼肉 文屋さんの系列店です)。

1000円以内の本格中華ランチ

1000円以内の本格中華ランチ

1000円以内で本格中華ランチが食べられる中華料理店で「海鮮料理お肉料理鶏料理ご飯もの麺類」などを食べていくことができます。

ランチはメイン料理を選ぶと「ごはん・スープ・一品」が付いてくるセットになっていました。

実食レビュー


古今中華 文式(店内)

古今中華 文式(店内)

古今中華 文式 さんは梅小路京都西で開業した1000円以内で本格中華ランチが食べられる中華料理店。

店内は洒落た雰囲気ですが、ランチは1000円以内なので気軽に立ち寄ることができます。

ランチは一品料理のセット

ランチは一品料理のセット

メニューはディナーのものが用意されていましたが、ページ右側のお料理から選ぶとランチは「メインごはんスープ一品」のセットになると店員さんから説明がありました。

値段はいずれも1000円以内と立ち寄りやすい価格帯です。

五目あんかけ焼きそば(ランチ)

五目あんかけ焼きそば(ランチ)

今回は「五目あんかけ焼きそば」を注文!

手前が単品の「五目あんかけ焼きそば」で、奥がランチセットの「ごはんスープ一品」です。

お料理は小盛りサイズです

お料理は小盛りサイズです

お料理は小盛りサイズでしたが、本格中華で味も良く美味しくいただきました。

一品もの3皿にライスとスープ

一品もの3皿にライスとスープ

でも、ランチセットだと一品もの3皿にライスとスープがセットになっているので程よいボリュームがありました。

気軽に立ち寄れるのが良いですね

気軽に立ち寄れるのが良いですね

私はバイク移動なので、すぐ近くに1時間無料のバイク駐輪場があるから気軽に立ち寄れそうなお店でした。

雰囲気も良いのでお客様が来た時に招待するのも良いと思いました。

メニュー


このお店のメニューは?

このお店のメニューは?

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューは「前菜・スープ・煮込み・海鮮料理・お肉料理・鶏料理・ご飯もの・麺類・点心・おつまみ」という構成。

ランチはメイン料理を選ぶと「ごはん・スープ・一品」が付いてくるので定食でいただくことができます。

※ご飯もののセット内容は未確認です。

値段は1000円程度となっていました。

※ランチのメインは「海鮮料理・お肉料理・鶏料理・ご飯もの・麺料理」から選ぶようになっていました。
※以下のリストはランチタイムのみ抜粋です。

ランチメニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
【海鮮料理】メニュー
海老の塩味炒め 890円
海老の辣椒炒め(ホットチリ) 890円
海老の天ぷら 890円
昔ながらの海老チリ 890円
紋甲イカの唐辛子炒め 890円
紋甲イカの塩炒め 890円
紋甲イカの牡蠣油醤炒め 890円
【お肉料理】メニュー
和牛の牡蠣油醤炒め 990円
和牛の特製XO醤炒め 990円
和牛のレバニラ炒め 890円
京都ぽーくの細切酸辣炒め 890円
京都ぽーくの黒酢豚 890円
京都ぽーくの回鍋肉 890円
京都ぽーくのスペアリブ豆鼓醤蒸し 790円
【鶏料理】メニュー
鶏とカシューナッツ(牡蠣油醤) 790円
鶏と朝天唐辛子の炒め 790円
鶏の唐揚げ 790円
【ご飯・麺類】メニュー
五目あんかけ汁麺 990円
鶏葱の汁麺 990円
酸辣湯麺 990円
担々麺 990円
五目あんかけ焼きそば 990円
上海牡蠣油醤焼きそば 990円
叉焼焼飯 790円
海老炒飯 790円
五目あんかけおこげ 990円
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式情報でご確認ください。

アクセス(場所)

古今中華 文式 さんの「行き方営業時間定休日」などの店舗情報についてです。

営業時間は「11時~14時30分(L.O.30分前)、17時~23時(L.O.30分前)」です。

定休日は「木曜日」となっていました。

場所京都府京都市下京区の梅小路京都西で梅小路京都西駅から徒歩1分のところです。

住所でいえば「〒600-8841 京都府京都市下京区朱雀正会町1−1 1F 105 京果会館」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。駐輪場は敷地内にあり、JR駅のところに2時間無料の自転車駐輪場があります。バイクは南側の梅小路公園に1時間無料の駐輪場があります。

※営業時間と定休日はお店で確認しました。
※記事掲載時点で「食べログ」未掲載店です。
※この記事が(ブログでの)ネット最速レビュー記事になります。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 古今中華 文式
オープン日 2022年3月11日オープン
ジャンル 中華料理
食事予算 1000円以内(ランチ)
営業時間 11時~14時30分(L.O.30分前)、17時~23時(L.O.30分前)
定休日 木曜日
駐車場・駐輪場 なし(店頭に駐輪可)
住所 〒600-8841 京都府京都市下京区朱雀正会町1−1 1F 105 京果会館
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 梅小路京都西駅から徒歩1分(約58m・ルート
最寄りバス停 梅小路公園・JR梅小路京都西駅バス停から徒歩1分(約86m・ルートバス停情報
テイクアウト 非対応
イートイン 対応
コロナ対策 手指消毒・マスク
公式SNS Instagram
電話番号 タップで電話発信(営業時間内におかけください)
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。
飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


記事を書いている人
ノーディレイ

記事を書いている人は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを経験して退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は2400件以上あります。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。