炎旨大鶏排(エンシダージーパイ・新京極)台湾屋台定番グルメ 2021年2月10日開業

河原町の新京極通に台湾屋台定番グルメのテイクアウト専門店「炎旨大鶏排(エンシダージーパイ)」が2021年2月10日に新店オープンすると告知されています。

2021年2月10日オープン 炎旨大鶏排(エンシダージーパイ)


2021年2月10日オープン 炎旨大鶏排(エンシダージーパイ)

2021年2月10日オープン 炎旨大鶏排(エンシダージーパイ)

京都市中京区、四条通から新京極通を北に入ってスグのところに「炎旨大鶏排(エンシダージーパイ)」が2021年2月10日に新店オープンすると告知されています。

台湾屋台定番グルメの大鶏排(ダージーパイ)」のテイクアウト専門店です。

大鶏排(ダージーパイ)とは、大きな鶏むね肉を薄く延ばしてキャッサバ粉の衣で揚げる台湾グルメで、椒鹽粉(ジャオヤンフェン)という塩コショウ・シナモンなどを調合した香辛料をかけて食べるフライドチキンです。

炎旨大鶏排(インスタグラム)

炎旨大鶏排(インスタグラム)

この「大鶏排(ダージーパイ)」は顔が隠れるほど大きいサイズで、1枚630円で販売されるようです。

大阪・心斎橋と名古屋に2号店があり、京都は初進出となります。

大きなサイズが話題になることはまず確定なグルメなので今から注目しておくべきでしょう。

ちなみに円町の「京花果茶 圓」さんでは以前から大鶏排を販売していますね。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


黄白白 新京極店

黄白白 新京極店

店名は「炎旨大鶏排 新京極店」となるようで、開業日は2021年2月上旬と告知されていました。

場所は四条通から新京極通を北へ徒歩30秒という好立地。本来なら借りられる可能性がほぼない人気のテナントです。

住所でいえば「〒604-8042 京都府京都市中京区中之町565−3」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありません。

このお店の口コミは?


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!