ネネチキン(NENE CHICKEN、京都・河原町)

京都の河原町の韓国チキン専門店「ネネチキンNENE CHICKEN)」実食レビュー。2020年12月27日に開業した新店で京都には初上陸。韓国では1999年創業の有名店です。メニューは「チキン・スンドゥブチゲ・冷麺・ラーメン・チヂミ」などがあります。

2020年12月27日開業「ネネチキン(NENE CHICKEN)」

2020年12月27日開業「ネネチキン(NENE CHICKEN)」

2020年12月27日に京都市中京区の河原町で韓国チキン店「ネネチキン(NENE CHICKEN)」が新店オープンしました(12月24日~26日はプレオープン)。

韓国ではとても人気があるお店で、日本では東京・新大久保のコリアンタウンに出店していました。

今年になり大阪・鶴橋店で関西1号店が誕生、関西2号店が京都店で京都では初出店となります。

今回はこの「ネネチキン」がどんなお店でどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

ネネチキン(店舗写真)

ネネチキン(店舗写真)

場所は四条河原町を北に歩いた河原町沿いの東側でドン・キホーテより少し南のところにあります。

住所でいえば「〒604-8025 京都府京都市中京区下大阪町350」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場や駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングを利用してください。

バイクは木屋町通に先斗町バイク駐車場があります。自転車も立誠ガーデンヒューリック京都のところに駐輪場があります。

電車の場合は京都河原町駅から徒歩3分くらいです。

ネネチキンへ行く場合は一階奥の階段で二階へ

ネネチキンへ行く場合は一階奥の階段で二階へ

同じビルに「ネネチキン(NENE CHICKEN)」と「ジョンノ(JONGNO)」が同時オープンしており、一階がジョンノで二階と三階がネネチキンになっています。

経営は同じ、ジョンノは韓国の伝統的なおやつであるハットグを販売していてイートインもあります(ジョンノの実食レビューを見る場合はこちらをクリックしてください)。

ネネチキン 注文カウンター(店内写真)

ネネチキン 注文カウンター(店内写真)

ネネチキンへ行く場合は一階を奥まで歩き、階段で二階に上がると注文カウンターがあります。

二階に22席・三階に42席あって店内で食べていくことができますがテイクアウトも可能です。

二階に22席・三階に42席で広い(満席でした)

二階に22席・三階に42席で広い(満席でした)

訪問した日はオープン二日目ということもあり、若い女性で満席となっていました。

待ち時間はそんなにないみたいでしたが混雑している場合はテイクアウトがお薦めです。

名物で人気があるのがチキンです

名物で人気があるのがチキンです

メニューは「チキンスンドゥブチゲ冷麺ラーメンチヂミ」などがありますが、お客さんのお目当ては名物のチキンです。

値段はフライドチキンはハーフが1580円、鶏1羽分は2580円となっていました。

チキンは5種類ありました

チキンは5種類ありました

チキンは5種類あり、値段はどのチキンでも同じで「骨付き・骨なし」を選ぶことができます

ひとりだと1羽分は量が多いのでハーフサイズにするのが良いと思います(ハーフサイズでもチキン12個ほど入ってました)。

フライドチキン(1580円~2580円)
ヤンニョムチキン(1580円~2580円)
スノーウィングチキン チーズ味(1580円~2580円)
カルビ味チキン(1580円~2580円)
ホットプリングチキン 激辛(1580円~2580円)
スンドゥブチゲ・冷麺・ラーメンのメニュー

スンドゥブチゲ・冷麺・ラーメンのメニュー

チキン以外の食事メニューも多彩で韓国料理「スンドゥブチゲ・冷麺・ラーメン・韓国寿司」もありました。

値段はスンドゥブチゲが880円~980円、冷麺が780円~830円、ラーメンが680円~880円とチキンに比べて比較的リーズナブルです。

スンドゥブチゲ(880円)
チーズスンドゥブチゲ(980円)
キムチスンドゥブチゲ(980円)
納豆スンドゥブチゲ(980円)
海鮮スンドゥブチゲ(980円)
ネネキンバ(680円)※韓国寿司
水冷麺(780円)
ビビン冷麺(830円)
ネネラーメン(680円)
チーズラーメン(780円)
キムチラーメン(780円)
海鮮ラーメン(880円)
ドリンク・居酒屋メニュー

ドリンク・居酒屋メニュー

ドリンク・居酒屋メニューもあり「チーズボール・チーズスティック・フライドポテト・揚げ餃子・肉餃子・サラダ・チヂミ」などがあります。

そのため夜などは韓国居酒屋としての利用も可能です。

ヤンニョムチキン ハーフ(1580円)

ヤンニョムチキン ハーフ(1580円)

混んでいたのでテイクアウトの「ヤンニョムチキン ハーフ(1580円)」を買って帰ることにしました。

キャベツと大根キムチがセットになっており、ドレッシングも付いてきます。

量はハーフサイズの中を確認すると大小ありますが12個入っていました。とても量が多いので店内で食べる時は食べきれるかお腹と相談したほうが良さそうです。

ヤンニョムチキンは甘辛いフライドチキンです

ヤンニョムチキンは甘辛いフライドチキンです

ヤンニョムチキンは甘辛いフライドチキンでゴマがふりかかっているのでゴマの香りもする美味しいチキンです。

京都では今年に入ってこの韓国チキンのお店が立て続けに開業しており、2020年11月28日には「韓国チキン専門店 チキンチプ(치킨집)」が開業、2020年10月1日には烏丸で「ろぶたポチャ」もオープンしています。

そんな中、韓国の有名ブランド「ネネチキン」が開業ということで今後も京都では韓国チキンの専門店が増えるのかもしれません。

ネネチキン(NENE CHICKEN、京都・河原町)

ネネチキン(NENE CHICKEN、京都・河原町)

ジャンル「韓国食堂」
食事予算「1000円~3000円」
営業時間「11時~22時30分」
定休日「年中無休」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒604-8025 京都府京都市中京区下大阪町350」
地図こちらをクリック(Google Maps)」

京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。