ぼくらの食堂 @京都・嵐山「和食割烹のランチ」2018年4月18日新店オープンを実食レビュー

京都の地元「嵐山」に、新しく「ぼくらの食堂」というレストランが新店オープンしていました。オープン日は2018年4月18日ということで、つい先日のことです。まだ「なんちゃらログ」にも非掲載で、レビューなどもない新店「ぼくらの食堂」さんに早速ランチを食べに行って来ました。ランチの値段は1000円と1500円、11時30分からランチ営業しています。

では、この「ぼくらの食堂」さんはどんなお店なのでしょうか!実食レビューします。

京都・嵯峨嵐山に「ぼくらの食堂」が2018年4月18日新店オープン


2018年4月18日新店オープン「ぼくらの食堂」

2018年4月18日新店オープン「ぼくらの食堂」

今回の「京都ランチ」は、2018年4月18日に開店したばかりの新店「ぼくらの食堂」さんでランチを食べて来ましたので実食レビューします。

この「ぼくらの食堂」さんは、京都の嵐山の丸太町通沿いにある和食割烹で、夜は料理店、昼もランチ営業をされています。

ということで、地元での新店オープンですが、この「嵯峨嵐山エリア」では2018年3月から4月にかけて3店舗ほど新店が開店していて、嵐山の北端がにわかに賑わってきているのです。

まるにあん(2018年3月23日オープン)
ぼくらの食堂(2018年4月18日オープン)
Soup Dining PanBoo(2018年3月7日オープン)
cafe neige(カフェネージュ、2018年3月オープン)
嵐山バーガー CROSS(クロス、2018年4月1日オープン)

ということで、今回はこの「ぼくらの食堂」さんの紹介をしたいと思います。

ぼくらの食堂 店内の様子


ぼくらの食堂、名前は気さくですが「割烹」っぽい料理店です

ぼくらの食堂、名前は気さくですが「割烹」っぽい料理店です

さて、こちらの「ぼくらの食堂」さんですが、名前は結構「気さく」な感じなので、若い人向けの大衆食堂かなと思っていたら違いました。

こちら小料理店というか割烹っぽいというか、飲み屋さんに近いイメージのお店です。

店内はカウンター5席ほど、4名テーブルが2卓ですが、洒落た装いのお店になっており、男性ふたりで切り盛りされていました。

ぼくらの食堂 カウンター席(掲載許可済)

ぼくらの食堂 カウンター席(掲載許可済)

いわゆる「隠れて飲む」的なお店です。

この付近は、本来であれば夜はとても静かになるのですが、最近は外国人観光客向けの宿泊施設も多くて、そういった方たちが夜に食事に来たり、飲みに来たりしそうです。

お店の方も気さくで、写真も撮らせてもらいました。

ぼくらの食堂 メニューと値段


ぼくらの食堂 ランチメニュー

ぼくらの食堂 ランチメニュー

「ぼくらの食堂」さんのメニューですが、ランチは2種類あって「1000円、1500円」のものがありました。

・気まぐれランチ(日替わり)1000円
・鴨ハンバーグランチ 1500円(デザート付き)

他にも、ディナーメニューの一品料理も注文できるみたいなのですが、今回はお昼ということなので「気まぐれランチ(1000円)」を食べてみることにしましょう。

一品料理のメニュー、京鴨肉の料理がメインみたいです

一品料理のメニュー、京鴨肉の料理がメインみたいです

ぼくらのランチ(気まぐれランチ)実食レビュー


気まぐれランチ(日替わり)1000円

気まぐれランチ(日替わり)1000円

ということで、こちらが「気まぐれランチ(日替わり)1000円」です。

内容は「おばんざい盛り合わせ豆腐ごはん漬物鴨スープ」となっており、メイン料理は「鴨肉のフライ」になっていました。

おばんざいは「だし巻き卵ちりめんじゃこ近江赤こんにゃくかぼちゃの煮物」などで、京都らしい構成となっています(赤こんにゃくは滋賀県のものです)。

おばんざいの種類も多く、少しずつ何種類も食べたい方向け

おばんざいの種類も多く、少しずつ何種類も食べたい方向け

味付けは濃からず薄からず、京都の家庭料理がこだわりの食器で出てきたという感じです。

鴨のフライは「程よいアッサリ」さでタルタルソースを付けて食べるとご飯がすすみました。

「近江赤こんにゃく、ちりめんじゃこ、漬物」などは既成品ですが、わび・さびを感じるメニュー構成となっており、いかにも京都らしい感じがするランチとなっていました。

鴨スープはよく出汁が出ています

鴨スープはよく出汁が出ています

ぼくらの食堂 への行き方(アクセス方法)


ぼくらの食堂 開店祝いの花がたくさん並んでいました

ぼくらの食堂 開店祝いの花がたくさん並んでいました

では「ぼくらの食堂」さんは嵐山のどこにあるのでしょうか。

嵐山といっても北の方で「嵯峨嵐山駅」のエリアになりますので、渡月橋から北へJR山陰本線の踏切も渡ってさらに北上した所です。

いわゆる「清涼寺」の近くで、参道に入る手前を右折(丸太町通)するとスグくらいにあります。

駐車場・駐輪場といったものはなく、この付近では「トロッコ嵯峨駅」の西にある有料駐輪場を使うことになります(バイク1日300円、自転車200円)。

地元的な感覚だと「ギリギリ観光地」という所ですが、最近では外国人観光客もここまで歩いてくるので、外国人観光客向けの宿泊施設もオープンしだしているエリアです。

今後も注目されるエリアで、あまり知られていないお店も多いので、ぜひ一度行ってみてください。

京都府京都市右京区瀬戸川町17-25
営業時間:11:30~、17:30~
定休日:不定休
URL:https://kyoto-fujimoto.com/

京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。