カフェ閣(Cafe KaKu・銀閣寺)新店速報

京都市左京区にカフェスタンド「カフェ閣(Cafe KaKu)」が2021年3月24日に新店オープン。場所は銀閣寺道沿いの哲学の道手前という立地。本格珈琲が250円という手軽な値段で飲めるという立ち寄りやすいお店です。

気がるに立ち寄れる銀閣寺前のカフェスタンド「カフェ閣(Cafe KaKu)」

気がるに立ち寄れる銀閣寺前のカフェスタンド「カフェ閣(Cafe KaKu)」

こんにちは、京都中を観察して飲食新店を探しているリサーチャーノーディレイ(Twitter:@nodelayworks)」です。毎日、京都市内・京都府南部・京都府北部」を巡って見つけた新店をこれまで1600店舗以上紹介してきました。


ノーディレイ(顔写真)
今回は京都市左京区で新店オープンした「カフェ閣(Cafe KaKu)」を紹介します。

銀閣寺へと向かう途中にあるカフェ・スタンド、観光地なのに本格コーヒーが1杯250円!安くお気軽にコーヒーを飲むことができるお店が開店です!


カフェ閣(Cafe KaKu)とは


2021年3月24日オープン カフェ閣(Cafe KaKu)

2021年3月24日オープン カフェ閣(Cafe KaKu)

カフェ閣(Cafe KaKu)は京都市左京区にあるカフェスタンドです。

店主さんは3年ほど前に名古屋から京都に移住した方、銀閣寺前の古民家を今風にリノベしてカフェスタンドを開業

オープン日(開業日)は2021年3月24日ですが、コロナ渦ですぐに休業。5月頃から営業再開して今に至ります。

観光地なのに安くコーヒーが飲めるカフェスタンドです

観光地なのに安くコーヒーが飲めるカフェスタンドです

メニューは「ドリンク・ふわふわ食パン」の2本柱。

注目したいのはその値段で、コーヒーもパンも250円からという安価な価格設定になっているので気軽に立ち寄れるのが嬉しいお店です。

テイクアウトがメインですが、古民家の軒下で座って飲んで行くこともできます。

お店は銀閣寺へと向かう途中にあります

お店は銀閣寺へと向かう途中にあります

場所は京都市左京区(浄土寺エリア)、銀閣寺へと続く銀閣寺道の途中にあるお店。

哲学の道の少し南側にあるので、春には桜を見ながらコーヒーを楽しむことができます。

店名の「閣」は、もちろん銀閣寺の「閣」です。

今回はこの「カフェ閣(Cafe KaKu)」を実食レビューします。

実食レビュー


カフェラテ(350円)

カフェラテ(350円)

カフェ閣(Cafe KaKu)さんのコーヒースッキリと飲めるコーヒー。

今回は「カフェ・ラテ(350円)」をいただきました。

牛乳多めのカフェ・ラテで、コーヒーの味わいはシッカリと、それでいて飲みやすいのが特徴です。

パンに合うミルク多めのカフェ・ラテ

パンに合うミルク多めのカフェ・ラテ

軽食にパンや甘味があるので、牛乳多めのほうがパンに合うという配慮なんだと思います。

暑い日には「コーヒーフロート抹茶フロート」もお薦め!

緑茶もあって1杯250円なので、ご年配の方も気軽に立ち寄れそうなカフェスタンドでした。

メニュー


このお店のメニューは?

このお店のメニューは?

メニューは「コーヒーふわふわ食パン夏限定のフロート緑茶抹茶ラテ」という構成。

現在、提供はありませんが、コーヒーに「ウィスキ・ウォッカ+カルーア・ラム酒・ブランデー」などをあわせたアルコールメニューもあります。

当日のメニューにはありませんでしたが、今川焼とコーヒーの甘味セットもあるそうです。

値段は250円~500円で、観光地なのに嬉しい値段設定になっていました。

コーヒー(250円)Hot or Iced
カフェ・ラテ(350円)Hot or Iced
カプチーノ (350円)Hot
コーヒーフロート(400円)
————-
グリーンティー(250円)Iced
抹茶・ラテ(350円)Iced
抹茶フロート(400円)
————-
バタートースト(250円)
ジャムトースト(250円)
シナモントースト(250円)

※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式情報でご確認ください。

雰囲気


古民家を改装した京都らしいカフェスタンド

古民家を改装した京都らしいカフェスタンド

お店の雰囲気は古民家を改装しているので、京都らしいお店になっていました。

銀閣寺道と哲学の道のところなので、元より雰囲気が良い場所です。

隣のスペースで座って飲んでいくこともできます

隣のスペースで座って飲んでいくこともできます

古民家の玄関スペースが広くなっていて、そこに座れる場所も用意されていました。

銀閣寺観光でちょっと歩き疲れた時に、250円で気軽に休めるカフェスタンドが「カフェ閣(Cafe KaKu)」というお店です。

アクセス(場所)

では「カフェ閣(Cafe KaKu)」への行き方についてです。

場所は京都市左京区の浄土寺エリアで、銀閣寺道を銀閣寺へ向かう途中右側にお店があります。哲学の道の手前ですぐに分かる場所にありました。

住所でいえば「〒606-8406 京都府京都市左京区浄土寺石橋町50」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありません。すぐ南東に市営の駐車場・駐輪場がありますが(地図)今はコロナで休業状態です。近くにはコインパーキングがたくさんあるのでそちらを使ってください(地図)。

カフェスタンドなのでバイク・自転車なら気軽に立ち寄れると思います。

営業時間・定休日


このお店の営業時間と定休日は?

このお店の営業時間と定休日は?

営業時間や定休日など「店舗情報」です。

営業時間定休日は、まだ確定していないようで公式ページにも記載はありません。コロナ渦ではよくあることなので、私が訪問した11時頃に行けば開店しているはずです。

コロナが落ち着いたら、いつでも気軽に立ち寄れるお店になりそうなカフェスタンドが「カフェ閣(Cafe KaKu)」というお店でした。

店舗名「カフェ閣(Cafe KaKu)」
ジャンル「カフェスタンド」
食事予算「250円~」
営業時間「未定」
定休日「未定」
駐車場・駐輪場「近くに市営あり」
住所「〒606-8406 京都府京都市左京区浄土寺石橋町50」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応」
公式SNSInstagram
公式サイトhttps://cafe-kaku.jimdofree.com/
オープン日「2021年3月24日」

※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。


カフェ

主に関西/・京都のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。



ニューオープン

主に関西・京都の新店・リニューアルオープンを紹介している「新店速報」です。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。