BUNNY b. ハンバーガー&サンドイッチ(京都・御所南)レビュー

京都市中京区にハンバーガー&サンドイッチのお店「BUNNY b.(バニービー)」が2021年3月18日に新店オープン場所は御所南エリアで丸太町通から堺町通を南へ徒歩7分(約600m)のところ。営業日は木曜・金曜・土曜日の週3日です。

御所南エリアに週3日営業のハンバーガー&サンドイッチ店が開業!

御所南エリアに週3日営業のハンバーガー&サンドイッチ店が開業!

こんにちは、京都中を観察して飲食新店を探しているリサーチャーノーディレイ(Twitter:@nodelayworks)」です。毎日、京都市内・京都府南部・京都府北部」を巡って見つけた新店をこれまで1600店舗以上紹介してきました。


ノーディレイ(顔写真)
今回は京都市中京区で新店オープンした「BUNNY b.(バニービー)」を紹介します。

場所は御所南エリア、丸太町通から堺町通を南へ徒歩7分(約600m)の竹屋町で開店です。週3日(木・金・土)のみ営業しています。


BUNNY b. (バニービー)とは


BUNNY b. はハンバーガー&サンドイッチの専門店

BUNNY b. はハンバーガー&サンドイッチの専門店

BUNNY b. (バニービー)は京都市中京区にあるハンバーガー&サンドイッチの専門店。元は「masumi no sando」というガレージでサンドイッチを販売していたお店です。

オープン日(開業日)は2021年3月18日で、訪問日は2021年7月8日です。

イートインとテイクアウトに対応しているのでサッと買って帰れるし、中でゆっくり食事をすることもできます。

サンドイッチの値段は1個380円(テイクアウト)

サンドイッチの値段は1個380円(テイクアウト)

サンドイッチ基本7種類日替わり1種類があり、値段は380円均一です。

種類は「ハムカツ・スモークチキン・ポテサラ・野菜・魚・卵・チキン」を使ったものがあり、肉・魚・野菜のサンドイッチが売られていました。

具だくさんのハンバーガーは1個980円(テイクアウト)

具だくさんのハンバーガーは1個980円(テイクアウト)

ハンバーガー自家製バンズを使った具沢山のものが1種類で値段は1個980円で販売しています。

具材は「オリジナルソース・スライスオニオン・チェダーチーズ・ハンバーグ・厚切りオニオンソテー」という構成。

当日のハンバーガーは煮込みハンバーグを使ったという他ではあまりないハンバーガーでした。

マリトッツォもあって値段は1個330円

マリトッツォもあって値段は1個330円

他にもローマ(イタリア)の名物スイーツである「マリトッツォ」も販売。

パン生地に生クリームをたっぷり挟んだスイーツで、2種類「ラムレーズンレモンピール」が各330円となっていました。

場所は丸太町通から堺町通を南へ徒歩7分(約600m)

場所は丸太町通から堺町通を南へ徒歩7分(約600m)

場所御所南エリアで丸太町通から堺町通を南へ徒歩7分(約600m)のところ。

交差点の北東角の青色で塗られた壁が特徴的なビル1階にあります。

営業日は週3日(木曜・金曜・土曜日)です。

今回はこの「BUNNY b.」を実食レビューします。

実食レビュー


食材の風味を大事にした

食材の風味を大事にした

BUNNY b. さんのサンドイッチは具材がたっぷり入った食材の風味を大事にしたサンドイッチ

玉子なら卵の風味が口の中で広がり、カレーならアジアン風の香りが漂う香り豊かなサンドイッチになっていました。

店主さんにお薦めを聞いたところ「ハムカツカレーキャベツ」と「今日の気まぐれ(カニクリームコロッケ)」とのことなので、その2品を紹介します。

ハムカツカレーキャベツ

ハムカツカレーキャベツ

ハムカツカレーキャベツは袋から出すとアジアンテイストのカレーの風味が広がるサンドイッチ。

ハムカツとキャベツの相性がよく、それにカレーの風味がしつこくない程度に付いていました。

味もとてもよくて、パンも柔らかいのでパクパクッと食べてしまえるサンドイッチでした。

店主さんの気まぐれサンドイッチ(カニクリームコロッケ)

店主さんの気まぐれサンドイッチ(カニクリームコロッケ)

カニクリームコロッケはクリーミーなコロッケの風味が口の中に広がり鼻孔をくすぐるような美味しさ。

こちらは私の好みドンピシャな味わいで、カニクリームコロッケの濃厚な味わいをおかずにパンを食べるという、まさにサンドイッチの王道を行くものになっていました。

このカニクリーム、店主さんの気まぐれサンドなので常にはないのですがレギュラーメニューでも良いと思いました。

メニュー


このお店のメニューは?

このお店のメニューは?

メニューは「サンドイッチ・ハンバーガー・ドリンク」という構成。

値段はサンドイッチが1個380円、ハンバーガーは1個980円で、ドリンクは500円です。

お薦めメニューは「ハムカツカレーキャベツ」ですが、日替わりで「カニクリームコロッケ」があったら即買いしたほうが良いと思います。

ハムカツカレーキャベツ(380円)
スモークチキンサラダ(380円)
ポテサラキャロットラペエッグ(380円)
B.L.T.C(380円)ベーコン・レタス・トマト・キャロットラペ
フィッシュタルタル(380円)
厚焼き玉子(380円)
タンドリーチキン(380円)
気まぐれサンド(380円)
ハンバーガー(980円)
コーヒー(500円)

※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式情報でご確認ください。

アクセス(場所)


御池通からなら境町通を北へ徒歩2分(約160m)

御池通からなら境町通を北へ徒歩2分(約160m)

では「BUNNY b.」への行き方についてです。

場所は京都市中京区、御所南エリアで丸太町通から堺町通を南へ徒歩7分(約600m)、御池通からなら境町通を北へ徒歩2分(約160m)です。

住所でいえば「〒604-0823 京都府京都市中京区竹屋町162」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので、近隣のコインパーキングを使ってください(地図)。すぐ南西の御池通の地下に駐車場とバイク駐輪場(有料)もありますので、そちらを使うと便利です(地図)。

公共交通機関は最寄り駅が地下鉄東西線「京都市役所前駅」で駅から徒歩5分(約400m)です。バスの場合は「堺町御池(京都市バス停)」が近くにあります(京都市バス公式ページで確認)。

営業時間・定休日


このお店の営業時間と定休日は?

このお店の営業時間と定休日は?

営業時間や定休日など「店舗情報」です。

営業時間は「9時45分~14時30分(売り切れまで)」です。

定休日は「日曜日~水曜日」となっていました(木曜・金曜・土曜日のみの営業)。

店舗名「BUNNY b.(バニービー)」
ジャンル「サンドイッチ・ハンバーガー・カフェ」
食事予算「380円~」
営業時間「9時45分~14時30分(売り切れまで)」
定休日「日曜日~水曜日」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒604-0823 京都府京都市中京区竹屋町162」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応」
コロナ対策「手指消毒・マスク」
公式SNSInstagram
オープン日「2021年3月18日」

※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。


カフェ

主に関西/・京都のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。



ニューオープン

主に関西・京都の新店・リニューアルオープンを紹介している「新店速報」です。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。