ユーゲ – yugue(京都カフェ・下鴨)

京都市左京区下鴨のカフェ「ユーゲyugue)」の実食レビューです。下鴨中通と下鴨本通が合流するところにある土壁の古民家をそのまま使ったカフェです。コーヒー・焼き菓子・パンなどがあります。

懐かしい雰囲気のカフェ「ユーゲ」

懐かしい雰囲気のカフェ「ユーゲ」

京都の下鴨神社近くに他ではあまり見かけない雰囲気のカフェ「ユーゲyugue)」があります。

建物の外から見ただけではカフェとは思われないであろう雰囲気で一見すると個人宅にも見えますし納屋のようにも見えます。

でも、実は「コーヒー・焼き菓子・パン」などがあるカフェというお店です。

今回はこの「ユーゲ(yugue)」がどんなお店でどんなメニューがあるのかを実食レビューします。

ユーゲ(店舗外観写真)

ユーゲ(店舗外観写真)

場所は下鴨神社の南西、下鴨中通と下鴨本通が合流するところにあります。

住所でいえば「〒606-0804 京都府京都市左京区下鴨松原町4−5」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場も駐輪場もありませんが下鴨神社に有料の駐車場があります(バイク・自転車も停められます)。

店舗外観写真を見てもらうと分かりやすいですがお店かどうかもやや分かりづらい雰囲気です。

ユーゲ(店内写真)

ユーゲ(店内写真)

店内は2名テーブルが3卓ほど、パンや焼き菓子などを購入することもできます。

土壁に色を塗った感じになっており、木製の机や椅子がどことなく牧歌的な感じを後押ししていました。

農家カフェのような雰囲気です

農家カフェのような雰囲気です

農家カフェのような雰囲気で、京都市内では他に見かけない感じのカフェですが、私的には好みの雰囲気で居心地が良かったです。

ジャンルとしては古民家カフェとも言えるかもしれませんね。

コーヒー(クッキー付)

コーヒー(クッキー付)

ドリンク類はとてもたくさんあって「コーヒー・紅茶・各種ジュース・ハーブティー・レモネード・下鴨ジンジャー」などなど、ビールやワインもあります。

値段は500円~600円程度で、コーヒーは400円でした。

お店の雰囲気が自然的というか優しい雰囲気なので、フランスの田舎町でコーヒーを飲んでいるような気分になります。

ケーキなどの焼菓子もありました

ケーキなどの焼菓子もありました

焼き菓子も一緒に購入。

ベーグルサンドや今日のケーキなどもあるみたいですが今回は買った焼き菓子をいただきました。

ちなみに、メニューに「下鴨ジンジャー(600円)」というのがあるのですが「下鴨神社」のダジャレですね。

コーヒー(400円)
ミルクコーヒー(500円)
紅茶(500円)
ミルクティー(500円)
ホットチョコレート(600円)
アイスチョコレート(600円)
りんごジュース(500円)
みかんジュース(500円)
トマトジュース(500円)
グレープフルーツ(500円)
ほうじ茶(400円)
ジャスミン茶(500円)
季節のハーブティー(500円)
プーアール茶(500円)
フレッシュミントティー(500円)
しそネード(500円)
レモンスカッシュ(550円)
下鴨ジンジャー(600円)
ユーゲ - yugue(京都カフェ・下鴨)

ユーゲ – yugue(京都カフェ・下鴨)

ジャンル「カフェ」
食事予算「400円~1000円」
営業時間「14時~21時」
定休日「不定休」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒606-0804 京都府京都市左京区下鴨松原町4−5」
地図こちらをクリック(Google Maps)」

京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。