2019年6月16日オープン six un six (シスアンシス、京都・北山、カフェ新店)

京都・北山で2019年6月16日に新店オープンしたカフェ「six un six (シスアンシス)」さんでこだわりの強いランチを食べて来ました。レベルの高いお店が多い北山エリアですが、この「six un six (シスアンシス)」さんもかなりのものです。今回はランチ(1500円~)を食べて来ました。

2019年6月16日 six un six (シスアンシス)


京都・北山カフェ「sixunsix (シスアンシス)」さんの店内

京都・北山カフェ「sixunsix (シスアンシス)」さんの店内

京都の北山エリア、お洒落なカフェやレストランの多いストリート「北山通」にはレベルの高い飲食店が数多くあります。

そんな北山で、2019年6月16日に新店オープンしたのがカフェ「sixunsix (シスアンシス)」さん。

ランチタイムとカフェタイムがあり、ランチは1500円からこだわりの食材で作った良質なお料理が食べられる期待の新店です。

お店は広く、手前はケーキ販売、奥がカフェ・レストラン

お店は広く、手前はケーキ販売、奥がカフェ・レストラン

お店は広いので居心地もよく、ケーキ担当の奥様と料理担当のご主人のふたりで運営されています。

手前はケーキ販売、奥がカフェ・レストランで落ち着いた店内になっていました。

ランチは1500円と2500円のコースが2種類です

ランチは1500円と2500円のコースが2種類です

ランチは1500円と2500円のコースが2種類。

1500円のコースは「スープ前菜メイン(当日は鶏料理)」それに自家製パンがセットになっており、これだけでかなりのボリュームがあります。

2500円のコースは前者のコースに「アミューズメイン1品追加デザートコーヒー」が付いてきます。メインは鶏肉もしくは魚で、2500円のコースでは両方付いてきます。

なお、アミューズは「お楽しみの1品」という意味です。

1500円コース】スープ、前菜、メイン、自家製パン(おかわり可)
2500円コース】アミューズ、スープ、サラダ、魚、肉、自家製パン(おかわり可)、デザート、コーヒー

※2500円のコースはお得になってます。

six un six 1500円ランチコース 実食レビュー


今回は「1500円コース」を食べてみました(シスアンシス)

今回は「1500円コース」を食べてみました(シスアンシス)

今回は1500円「スープ、前菜、メイン、自家製パン(おかわり可)」の一連のコースをいただいてみたいと思います。

まずはスープから。

色鮮やかなビーツのスープ

色鮮やかなビーツのスープ

最初の一品は色鮮やかなビーツのスープが出てきました。

野菜の濃厚な香りが漂うスープで、ビーツの色がキレイに出ています。

このビーツは久御山産のもので、奥様のご実家(農家)で採れた朝採れ野菜なんだそうです。

パンは2種類、こちらは自家製「くるみパン」です

パンは2種類、こちらは自家製「くるみパン」です

次に出てきたのが自家製パンです。

パンは2種類で、当日は「くるみパン」と「フォカッチャ」がおかわり自由になっています。

くるみパンもフォカッチャも自家製で天然素材にこだわったパンとお見受けしました。

フォカッチャ、岩塩で塩味がついています

フォカッチャ、岩塩で塩味がついています

くるみパンは甘さ控えめ、フォカッチャは大きなオーブンで焼き上げたものを切り分けて運ばれてアツアツのものに岩塩がふってあります。

バターは青海苔入りで、このバターも自家製とこだわりの強いお店です。

パンはおかわりできるので、コスパが良いお店だと思いました。

15種類のサラダ、8割は久御山産の野菜です

15種類のサラダ、8割は久御山産の野菜です

こちらは「15種類のサラダ」で、食材の8割は京都・久御山産の農家さん朝採れ野菜です。

こだわり強すぎだろと思いましたが、奥様のご実家が久御山の農家さんで、そこから毎朝持ってきているんだとか!

真っ赤な食材はビーツ、黄色いのはポリンキー、味の濃い野菜が多くて、こだわり農家さんだなぁと思いながら美味しくいただきました。

ちなみに、ドレッシングはジンジャーです。

メインは京丹波地鶏のムニエル風、パリパリ皮が香ばしくて美味い!

メインは京丹波地鶏のムニエル風、パリパリ皮が香ばしくて美味い!

メインは京丹波地鶏のムニエル風です。

こちら、パリパリ皮が香ばしくて、味付けは塩コショウとシンプルですが美味しい逸品です。

添えられているのはレンズ豆の煮物、大地の恵みを味わえるコース料理、これで1500円ならコスパ良すぎです。

食後のコーヒー(+300円)

食後のコーヒー(+300円)

コーヒーは2500円コースなら付いてきますが、1500円コースなら+300円で追加できます。

のどごしの良い香ばしさのあるコーヒーで、焙煎は大阪の「Peak Roast Coffee」さんのもので、豆の販売も行われています。

コーヒーも美味しかったです(´◡`๑)

※2500円コースもコスパが良いのですが、1500円コースで十分ボリュームがありました。

ケーキや焼き菓子も販売


焼き菓子やケーキも販売されています

焼き菓子やケーキも販売されています

接客も丁寧ですし、お店も入りやすいカフェの雰囲気です。

入ってすぐのところでは、焼き菓子やケーキの販売も行われており、焼き菓子は200円程度、ケーキも400円程度なので買いやすいお値段です。

ケーキだけでも購入できますし、14時からのカフェタイムではこれらの焼き菓子やケーキを食べることができるようになっています。

six un six (シスアンシス)営業時間とアクセス方法


six un six (シスアンシス)外観

six un six (シスアンシス)外観

場所は北山通の京都府立植物園の北側で、通り沿いにある「グリル キャピタル東洋亭」のところを北へ上った右側にお店があります。

何度も通っている道で、当初は「なんか見たことない店があるな・・・・」と思いつつも「前からあったかな」などと思っていたのですが新店でした。

営業時間は「11時30分~20時」で、ランチは14時まで。

14時~17時まではカフェタイムになっています。

駐車場は右隣りにあるそうです。

北山はレベル高いお店が多いですが、ここもかなり良いお店だと思います。お近くの方、ぜひ行ってみてください。

京都府京都市北区上賀茂岩ケ垣内町14−3
営業時間:11時30分~20時
定休日:火曜日、水曜日
公式Instagram:https://www.instagram.com/sixunsix616/
Facebookページ:https://www.facebook.com/sixunsix/


カフェ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。