2019年6月18日オープン 癒庭泉ゆていせん(京丹波、カフェ新店)

今回の「京都カフェブログ」は、京都府船井郡京丹波町富田辻にある古民家カフェ「京丹波心和ぐアトリエcafe癒庭泉ゆていせん」さんへ行って来ました。こちらは2019年6月18日に新店オープンしたばかり、まだプレオープンで7月からランチも始まり本格稼働されるカフェです。

京丹波心和ぐアトリエcafe癒庭泉ゆていせん 2019年6月18日新店オープン


京都の京丹波町富田で「京丹波心和ぐアトリエcafe癒庭泉ゆていせん」が新店オープン!

京都の京丹波町富田で「京丹波心和ぐアトリエcafe癒庭泉ゆていせん」が新店オープン!

今回の「京都カフェブログ」の舞台は京丹波町富田です。

国道27号線沿い、のどかな田園地帯と農村のある集落に・・・・なんと!

カフェが新店オープンしました。

カフェの名前は「京丹波心和ぐアトリエcafe癒庭泉ゆていせん」さん。

こちらまだネットに情報が少なく、地元の方でもご存じない方が多いと思います。

兵庫県から京都へ移住したご夫婦が古民家でカフェをオープンさせました

兵庫県から京都へ移住したご夫婦が古民家でカフェをオープンさせました

盆栽をデザインするご主人と焼き菓子店をされていた奥様のお店です

盆栽をデザインするご主人と焼き菓子店をされていた奥様のお店です

出身が兵庫のご夫婦で経営されており、ご主人は盆栽のデザイナー様で、奥様は「焼き菓子 ぽちのお八つ」のオーナー様です。

最近まで神戸・三宮でお住まいだったそうなのですが、田舎でアトリエのあるカフェをしたいと京都に移住されてきたのです。

これって完全に『人生の楽園』ネタですよね!

古民家を改装したカフェです

古民家を改装したカフェです

カフェは古民家を改装して開業しています。

お店の本格稼働は2019年7月からなのですが、2019年6月18日にひっそりとオープン。

そして、6月25日に2度目の営業の告知がされたので、これは行かねばということで京丹波まで行って来ました。

入口を入るとご主人のアトリエ、奥の母屋がカフェになっています

入口を入るとご主人のアトリエ、奥の母屋がカフェになっています

ご主人のアトリエ、ステキな盆栽が並んでいます

ご主人のアトリエ、ステキな盆栽が並んでいます

ちなみに、奥様とお会いしたのは2度目です。

以前、醍醐のカフェ「HEROES COFFEE」さんで研修をされていた時に一度会っていました。

こちらの盆栽は百貨店や催しもので販売されているそうです

こちらの盆栽は百貨店や催しもので販売されているそうです

カフェの縁側からはご主人が自らデザインした庭園を見ることができます

カフェの縁側からはご主人が自らデザインした庭園を見ることができます

お庭は盆栽デザイナーのご主人が荒れ地だった場所を自分でイチから作ったものです。

このお庭はカフェの縁側から眺めることができるのですが、ステキなお庭で癒やし空間となっていました。

おっと!

注文後の待ち時間にお庭を見たり、ご主人と話をしていたわけですが、注文したカフェメニューが出来上がったようです!

京丹波心和ぐアトリエcafe癒庭泉ゆていせん のコーヒーとスイーツ


こちらが「京丹波心和ぐアトリエcafe癒庭泉ゆていせん」さんの店内の様子です

こちらが「京丹波心和ぐアトリエcafe癒庭泉ゆていせん」さんの店内の様子です

店内は前述のように古民家を改装したものなので、和室でコーヒーやスイーツをいただくことになります。

今回は「コーヒーゼリータルトコーヒー」を注文。

もちろん、スイーツは手作りで、コーヒー豆は「HEROES COFFEE」さんの焙煎豆を使用しています。

コーヒーゼリー、黒豆のトッピングが甘くて美味です!

コーヒーゼリー、黒豆のトッピングが甘くて美味です!

フルーツが爽やか、シットリ甘いタルトになっていました

フルーツが爽やか、シットリ甘いタルトになっていました

コーヒーゼリーは黒豆を煮詰めたものがトッピングされており、黒豆と生クリームで甘さを味わうコーヒーゼリーになっていました。

京丹波らしいメニューで、カフェのメインスイーツになりそうな予感がします。

タルトは焼き菓子が得意な奥様お手製、甘夏がトッピングされた爽やかな味わいのシットリ系タルトになっていました。

こちらも、美味しいタルトで満足。

お庭を縁側で見ながら、ゆったりとコーヒーを飲むことができる・・・・

そんなステキなカフェが「癒庭泉(ゆていせん)」さんというお店でした。

京丹波心和ぐアトリエcafe癒庭泉ゆていせん メニューと値段


コーヒーは450円、スイーツは400円となっています

コーヒーは450円、スイーツは400円となっています

この「京丹波心和ぐアトリエcafe癒庭泉ゆていせん」さん、7月からは予約制ではあるもののご飯もののランチがスタートします。

あとは(予約不要な)軽食でパンなどを使ったものも準備されるということでした。

現状では「ドリンク、焼き菓子」を食べることができましたので、そちらの値段を紹介しておきます。

コーヒー 450円
甘夏のタルト 400円
クッキーシュークリーム 300円
コーヒーゼリー 400円

※焼き菓子はお持ち帰りできます。

京丹波心和ぐアトリエcafe癒庭泉ゆていせん 営業時間とアクセス方法


京丹波心和ぐアトリエcafe癒庭泉ゆていせん、富田のバス停から集落入ってすぐ左のお宅です

京丹波心和ぐアトリエcafe癒庭泉ゆていせん、富田のバス停から集落入ってすぐ左のお宅です

では、今回紹介した「京丹波心和ぐアトリエcafe癒庭泉ゆていせん」さん、京都府船井郡京丹波町富田辻のどこにあるのでしょうか。

場所は国道9号線を京丹波方面へ、道の駅「丹波の里やまがた屋」から国道27号へと入り北上すると町営バス「国道富田」待合所があります。

そこを左折するとすぐに集落に入るのですが、一筋目をさらに左折した右側のお宅がカフェになっています。

後ろを振り向かないとカフェの存在に気が付かないのでご注意ください。

国道27号、町営バス「国道富田」待合所を左折

国道27号、町営バス「国道富田」待合所を左折

集落入って、すぐにまた左へ行きます

集落入って、すぐにまた左へ行きます

スグ右手のお宅で、赤い屋根の納屋のところが駐車場です

スグ右手のお宅で、赤い屋根の納屋のところが駐車場です

振り返らないとカフェは見えません

振り返らないとカフェは見えません

営業時間は「10時~18時」で、定休日は今のところないようなのですが、土日は催事に出店されるそうなので平日のオープンとなるそうです。

営業は7月から本格稼働で、公式サイトにスケジュールが書かれていますので、行かれる場合はそちらで営業スケジュールをご確認の上でご訪問くださいね!

京都府船井郡京丹波町富田辻33
営業時間:10時~18時
定休日:不定休(基本は平日営業)
公式サイト:https://ameblo.jp/okashiya-pochi/
公式サイト2:https://www.selfordergreen.com/
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/okashiya8pochi/
公式Instagram:https://www.instagram.com/okashiya8pochi/


カフェ

京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。