COCO KYOTO 本店 @京都・西大路御池「クラフトチョコレート専門店カフェ」2018年11月17日移転オープン

西大路御池にものすごく目立つ新店が開店していました。なんと、砂糖不使用・グルテンフリー・天然無添加のチョコレート専門店で、2年連続でチョコレート国際大会に入賞したという実力店です。

お店の名前は「COCO KYOTO(ココ京都)」です。

クラフトチョコレート専門店カフェ「COCO KYOTO」が京都で新店オープン


2018年11月17日新店オープン!クラフトチョコレート専門店「COCO KYOTO」

2018年11月17日新店オープン!クラフトチョコレート専門店「COCO KYOTO」

2018年11月17日にクラフトチョコレート専門店「COCO KYOTO」さんが新店オープンです。

西大路御池を100メートルほど南へ行った西側にあり、自社工房でカカオ豆の仕入れと焙煎から行って「砂糖・食品添加物を一切使用しない」という・・・・

砂糖不使用・グルテンフリー・天然無添加のチョコレート専門店

となっていました。

店内のカフェでもチョコレートを食べることができるというので、早速行って来ましたよ!

COCO KYOTO 店内の様子


広い店内は工房とカフェスペースもあります(COCO KYOTO)

広い店内は工房とカフェスペースもあります(COCO KYOTO)

さっそく「COCO KYOTO」さんへ入店してみると、店内は広く、手前にはチョコレートのディスプレイが並んでいました。

奥は工房とカフェスペースで、店頭で購入したチョコレートと一緒にコーヒーなどをいただけるようになっています。

これ、本ブログで独自入手した情報なのですが、店内の立派な木の柱は飛騨の古民家を解体して、ここに再建築したものなんです。

元はピザ屋さんで今年初春くらいに開店して夏くらいには閉店していたテナントです(二階が居住スペースにもなっています)。

この界隈は開店・閉店が相次いでいるエリアではありますが、かなり目立つお店になっており、周辺住民の皆さんがこぞって見に来ていました。

2年連続でチョコレート国際大会に入賞したチョコレート(COCO KYOTO)


国際大会で受賞したチョコレート(ベトナム産カカオのタブレット)

国際大会で受賞したチョコレート(ベトナム産カカオのタブレット)

前述しましたが、この「COCO KYOTO」さんは2年連続でチョコレート国際大会に入賞したチョコレートを販売する実力店です。

お店の方によれば、国際大会で受賞したチョコレートは「ベトナム産カカオのタブレット」とのことで、値段は1250円(税込)です。

他にも1粒210円~380円で、各種チョコレートを販売していました。

チョコレートの種類と値段(COCO KYOTO)


ローチョコレートボンボン(税込380円)

ローチョコレートボンボン(税込380円)

チョコレートは「ローチョコレートボンボンビーントゥバー ショコラブリス ボール」、他に「ローチョコレート タブレットビーントゥーバー タブレット」がありました。

チョコレートは1粒で値段は210円~380円タブレットは1袋1180円~1350円となっています。

ビーントゥバー ショコラ(320円)

ビーントゥバー ショコラ(320円)

ローチョコレートボンボンというのは「ローストしないで低温焙煎もしくは天日干しをしたオーガニックカカオ豆の生チョコレートで、300種類以上の栄養素を含むスーパーフードです。

ビーントゥーバーショコラはカカオ豆を「ビーントゥーバー製法」で作ったこだわりチョコレートです。

・ローチョコレートボンボン 380円
・ビーントゥバー ショコラ 320円
・ブリス ボール 210円~250円
・ローチョコレート タブレット 1350円~1450円
・ビーントゥーバー タブレット 1180円~1250円
・フォンダンショコラ 1050円
・COCOのロールケーキ 1732円
・焼き菓子 730円~1800円
・テリーヌ 1280円
・オペラ 1940円
・プレミア ショコラ 2350円
・ガトーカステラ 3970円~5600円
・ダブルチョコレート 580円~1350円

ビーントゥーバーショコラ 実食レビュー(COCO KYOTO)


ビーントゥーバーショコラ(ヴァンルージュ、レッド・ベリーズ)

ビーントゥーバーショコラ(ヴァンルージュ、レッド・ベリーズ)

今回は「ビーントゥーバーショコラ」を食べてみることにしました。

写真の左から「ヴァンルージュレッド・ベリーズ」という種類のチョコレートで、カカオの栄養をなるべくそのまま残したビーントゥーバー製法によって作られています。

ヴァンルージュはガーナ産チョコレート、中には「いちじく、シナモン、アニス」が含まれた生チョコレートです。

ハート型がレッド・ベリーズ、ポリフェノール豊富な「マキベリーとラズベリーのガナッシュ」でローズの香りがするチョコレートになっていました。

砂糖不使用なのに甘く、カカオ豆だけの本来の味がする本物のチョコレートです。

デザインも凝ってるし、さすが国際大会で受賞したパティシエだけあります。

ドリンクセットだと1粒300円になります

ドリンクセットだと1粒300円になります

今回はドリンクとセットで注文しました。

一緒に注文すると、ビーントゥーバーショコラ(定価320円)とローチョコレートボンボン(定価380円)の2種類どちらも1粒300円になります。

平たくいうと「お得」になります。

ドリンクはオーガニックコーヒーやカフェラテなど、値段は450円~530円です。

チョコレートドリンクもあって、680円~700円で豆乳を使ったヴィーガンチョコレートドリンクを注文することもできますよ。

COCO KYOTO 営業時間や定休日


COCO KYOTO 本店、西院から移転してきました

COCO KYOTO 本店、西院から移転してきました

では、COCO KYOTO の営業時間や定休日についてです。

営業時間は「10時30分~19時30分」定休日は「火曜日」です。

西院にあった工房(西院店、右京区西院北矢掛町)が移転して本店となったのが今回紹介した「COCO KYOTO 本店(西大路御池)」です。

他にも支店が御幸町とマルイ四条にもあります。

京都府京都市中京区西ノ京三条坊町15-3(MAP
営業時間:10時30分~19時30分
定休日:火曜日
公式サイト:http://coco-cacao.jp/

COCO KYOTO アクセス方法

COCO KYOTO 本店(西大路御池)へのアクセス方法です。

西大路御池を南へ100メートル、西側の古民家風の建物がお店になります。

JR京都駅からだと地下鉄「烏丸駅」で烏丸駅まで行き、地下鉄東西線に乗り換えて「西大路御池駅」まで行けば徒歩5分かかりません。

地元の方にわかりやすく言えば「島津製作所」のすぐ近くです。

COCO KYOTO このお店の口コミは?


京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。