八起庵 卵かけご飯(左京区)タモリが愛した玉子かけご飯が『ちゃちゃ入れマンデー』で紹介

京都市左京区、川端通沿いの神宮丸太町にタモリさんが愛した玉子かけご飯(卵かけご飯)が食べられる鶏料理専門店があります。それが「京の鳥どころ八起庵 丸太町本店」という創業1970年の名店です。

八起庵 鴨なんばと卵かけご飯(京都市左京区)


八起庵 鴨なんばと卵かけご飯(京都市左京区)

八起庵 鴨なんばと卵かけご飯(京都市左京区)

2021年3月9日放送『ちゃちゃ入れマンデー』で、京都市左京区の鶏料理専門店で食べられる「卵かけご飯」が紹介されるそうです。

予告では「あのスターがハマった卵かけご飯」と書かれており、大物有名人がお忍びで通っていると書かれていました。

そのお店とは・・・・

京の鳥どころ八起庵 丸太町本店

のことです。

八起庵には「鴨なんばと卵かけご飯」のセットがあり、相撲の貴乃花親方が卵かけご飯を絶賛。

他にも、タモリさんが『ブラタモリ』の撮影の時に食べたという卵かけご飯です。

今回はこの「八起庵」の雰囲気や「卵かけご飯」を実食レビューします。

店内の雰囲気は?(コロナ対策など)


京の鳥どころ八起庵 丸太町本店は神宮丸太町駅から徒歩1分

京の鳥どころ八起庵 丸太町本店は神宮丸太町駅から徒歩1分

八起庵は京阪「神宮丸太町駅」を地上に出てすぐのところにある鶏料理専門店です。

創業は1970年(昭和45年)で、おもてなしの心が素敵な大将(川西満佳氏)が築いた京都の名店です。

川端通沿いにあり、目の前を鴨川が流れる京都らしい料理屋さんなのです。

店内の様子(京の鳥どころ八起庵)

店内の様子(京の鳥どころ八起庵)

お店は広く、座敷やカウンターのあるお店。

座席数は50席もあります。

コロナ対策は「手指消毒・マスク」などが施されていました

店内は割烹のような落ち着いた雰囲気、カウンターでは料理人が目の前でおもてなししてくれます。

このお店のランチメニューは?


ランチメニュー(八起庵)

ランチメニュー(八起庵)

八起庵にはお昼のメニュー庵弁当軍鶏丼(親子丼)・軍鶏丼+ミニ鴨なんば鴨なんば+玉子かけご飯」の4種類。

名物は「水たき」ですが、「親子丼」や「鶏と昆布から取るスープ(出汁)」もファンが多いお店です。

しかし、ランチには定番とも言える人気メニューがあります。

それが・・・・

鴨なんば+玉子かけご飯(1900円)

です。

今回はこの「鴨なんば+玉子かけご飯」を食べてみたいと思います。

庵弁当 2800円
軍鶏丼(親子丼)2500円
軍鶏丼+ミニ鴨なんば 3300円
鴨なんば+玉子かけご飯 1900円

実食レビュー


最初に出される鳥スープで度肝を抜かれます

最初に出される鳥スープで度肝を抜かれます

客席に座るとまず運ばれてくるのが「じっくり炊かれたコクのあるスープ」です。

これに最初から度肝を抜かれるお客さんが多数!

なんといっても旨味が凝縮されて「ほわわわぁ」と飲んだ後に美味しいのため息が出るという逸品です。

このスープが八起庵のこだわりを感じるもので、昆布の出汁と鳥スープを合わせて鶏骨が崩れるまでじっくり炊き込んだ白湯(パイタン)になっています。

アッサリなんだけどコクが深い味は少しずつ大事に大事に飲んでしまいます。

鴨なんば+玉子かけご飯(1900円)

鴨なんば+玉子かけご飯(1900円)

さて、こちらが人気の「鴨なんば+玉子かけご飯(1900円)」です。

これ『ブラタモリ』の撮影時にタモリさんが食べたお料理で、鴨なんばの特製出汁に鴨肉と九条ねぎがたっぷりと入った京うどんです。

それにセットの「卵かけご飯」がセットになっています。

鴨なんば

鴨なんば

こちらが「鴨なんば」です。

鶏油がたっぷり浮かんだコクと旨味のあるスープで、弾力の強い鴨の大きなお肉がたくさん入っていて、なんといっても出汁が超美味しいおうどんです。

ちなみに「鴨なんば」の「なんば」というのは大阪では「ネギ」のことです。

ということで、九条ねぎもたっぷりと入っています。

ちなみに、鶏肉は滋賀県の安曇川(あどがわ)で育った「近江軍鶏」や「赤どり」を使っています。

玉子かけご飯

玉子かけご飯

さて、こちらが裏のメインディッシュとも言える「玉子かけご飯」です。

卵は大原で育っており、黄身が大きく、白身は弾力のある仕上がりになっています。

この玉子かけご飯の特筆すべき点は「旨味とコクしか感じない」というところでしょう。

生卵の臭みとか一切ナッシングなのでスルスルと食べられちゃう卵かけご飯なのです。

タレも鰹節を使った土佐醤油、辛すぎない程よい甘さのある味わいで香りの良い醤油になっていました。

食べ方のポイントは黄身と白身をかき混ぜないで食べることだそうです。

うどんも玉子かけご飯も京都らしく山椒をたっぷりかけて食べるのがツウ。

大将曰く「唇がヒリヒリするくらい山椒かけるのがいい」とのことでした。

このお店への行き方は?(駐車場の有無など)


京の鳥どころ八起庵 丸太町本店(店舗外観写真)

京の鳥どころ八起庵 丸太町本店(店舗外観写真)

では「京の鳥どころ八起庵 丸太町本店」はどこにあるお店なのでしょうか。

場所は神宮丸太町駅がある川端丸太町上がったところで川端通沿いにあります。

住所でいえば「〒606-8395 京都府京都市左京区東丸太町8」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はないのですが、コインパーキングがすぐ北側にあります。

今回は店頭にバイクを駐輪させてもらいました。

ジャンル「鶏料理専門店」
食事予算「2090円~(ランチ)、10000円~(ディナー)」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」時短要請期間は21時で閉店の可能性あり
営業時間「11時30分~14時、17時~21時(20時ラストオーダー)」
定休日「月曜日(祝日の場合は営業し翌火曜日休み)」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒606-8395 京都府京都市左京区東丸太町8」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
コロナ対策「手指消毒・マスク」
公式https://www.hachikian.com/

ちゃちゃ入れマンデー 2021年3月9日 予告


ちゃちゃ入れマンデー 2021年3月9日 予告は以下の通りです。

レディーガガの〇〇を作った工場!?あのスターがハマった卵かけご飯!浅草のシンボルを支えている京都の企業!ピーポー音の生みの親が関西に!日本で唯一?〇〇ができる寺
関西には、地元の人にもあまり知られていないけど、世界に誇れるスゴイ場所がいっぱい!今回は、過去に放送した知れば必ず自慢したくなる、あなたの街の知られざる“ええトコ自慢”を一挙大公開!
「世界的大ヒット映画に関わった芸術家」「名だたる超一流たちに〇〇を作った伝説の職人」…などなど、知る人ぞ知るあなたの身近にある“自慢したくなる人や名所”が登場しますよ♪


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



「ちゃちゃ入れマンデー」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都・お墨付き

京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。