びーんず亭(京都)コーヒー豆スタンド【ドキュメント72時間】で紹介

京都にあるコーヒー豆スタンド「びーんず亭」が2021年6月25日放送の『ドキュメント72時間』で紹介されます。場所は烏丸、錦市場の入口近くにある小さなコーヒースタンドです。びーんず亭ではコーヒー豆の販売と1杯200円でコーヒーを飲むことができ京都の人に愛されています。

びーんず亭(京都)が【ドキュメント72時間】で紹介


京都のコーヒー豆スタンド「びーんず亭」が『ドキュメント72時間』で紹介

京都のコーヒー豆スタンド「びーんず亭」が『ドキュメント72時間』で紹介

2021年6月25日放送のNHK『ドキュメント72時間』の舞台は京都

烏丸の錦市場近くにあるコーヒー豆スタンド「びーんず亭」が紹介されます。

ドキュメント72時間で紹介されるという告知(びーんず亭)

ドキュメント72時間で紹介されるという告知(びーんず亭)

店頭には「当店がテレビで紹介されます」と書かれた案内が置かれていて、放送日(6月25日 22時45分~23時15分)が告知されていました。

お店は2坪くらい、棚にはコーヒー豆が並ぶ(びーんず亭)

お店は2坪くらい、棚にはコーヒー豆が並ぶ(びーんず亭)

お店は2坪くらいの小さなお店ですが、店主自ら焙煎する「味・香り・鮮度」にこだわりを持つコーヒー豆の販売や1杯200円~300円で飲めるその日のコーヒーを飲むことができます。

値段もリーズナブルであるため人気があるコーヒースタンドです。

びーんず亭のアイスコーヒー(300円)

びーんず亭のアイスコーヒー(300円)

この「びーんず亭」が『ドキュメント72時間』で紹介されるというので早速訪問してコーヒーを飲んできました

コーヒーはホットが1杯200円、アイスは300円で値段が安いので気楽に立ち寄れます。

香りが良いスッキリとした味わいのコーヒー

香りが良いスッキリとした味わいのコーヒー

当日のコーヒーはカフェインレスのコロンビア、軽めの苦みでスッキリとした味わいですが香りが良いコーヒーです。

飲みやすいので砂糖もミルクも使わないでブラックのままいただきました。

人通りが多い高倉通にある「びーんず亭」に誰がやってくるのでしょうか

人通りが多い高倉通にある「びーんず亭」に誰がやってくるのでしょうか

ドキュメント72時間は同じ場所で3日間の取材を行い、そこに訪れる人々の生き方を紹介する番組です。

今回の舞台は人通りが多い中京区の高倉通のコーヒー豆スタンドで錦市場すぐ近くなので色々な方が登場しそうです。

番組では「毎日コーヒー豆を飲まないと生きていけない男性」や「コーヒーはやる気スイッチだという大学教授の女性」に「飲み比べをするためにコーヒー豆を買いにきた女性」がインタビューされる予定です。

びーんず亭とは


平成6年に高倉錦小路下るで開業したコーヒー豆スタンドです(びーんず亭)

平成6年に高倉錦小路下るで開業したコーヒー豆スタンドです(びーんず亭)

京都のコーヒー豆スタンド「びーんず亭」は平成6年(1994年)に高倉錦下ル(高倉錦小路下る)で開業しました。

開業から27年、錦市場から近いこの場所でお客さんとのコミュニケーションを大事にしながら営業を続けてきたお店です。

暖簾には店主・田中保彦さんをイメージしたキャラクターの絵が、店主さんは本当にこういう感じの方なのでよく似ています。

びーんず亭の焙煎所があるのは京都市左京区松ヶ崎

びーんず亭の焙煎所があるのは京都市左京区松ヶ崎

暖簾には「京都松ヶ崎 自家焙煎珈琲」とも書かれていますが、焙煎所があるのが京都市左京区松ヶ崎というところだからです。

自然も多く残る松ヶ崎の閑静な場所で5kgの焙煎釜の珈琲豆焙煎機で店主さん自らが焙煎しています。

コーヒー豆の値段


コーヒー豆の販売メニュー(びーんず亭)

コーヒー豆の販売メニュー(びーんず亭)

コーヒー豆の種類は「ブレンド・ストレート豆・アイス用・カフェインレス」で分類されていて、ストレート(シングルオリジン)は「カハマルカ(産地ペルー)・クリスタルマウンテン(産地キューバ)・アンデスマウンテン(産地エクアドル)・カラメリッチ(産地ブラジル)・イルガチャフィG2(産地モカ)・キゴマディープブルー(産地タンザニア)」など。

値段は100グラムで460円が最安値で500円~600円が最多価格帯です。

ブレンド
クリスタルマイルド(750円)
マイルドブレンド(475円)
—————–
ストレート豆
カハマルカ(570円)
クリスタルマウンテン(1350円)
アンデスマウンテン(594円)
カラメリッチ(464円)
イルガチャフィG2(575円)
キゴマディープブルー(610円)
—————–
その他
プレミアムアイス(540円)
アイスブレンド(460円)
カフェインレス(740円)

※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式情報でご確認ください。

アクセス(場所)


びーんず亭があるのは錦市場の西側入口のすぐ南

びーんず亭があるのは錦市場の西側入口のすぐ南

ドキュメント72時間で紹介される「びーんず亭」の場所は京都市中京区の錦市場近くです。通りなでいえば高倉錦下ル(高倉錦小路下る)です。

周囲は「大丸京都店」があり賑やかな繁華街で会社も多いので買い物客やサラリーマンが多い立地ですね。

最寄り駅でいえば地下鉄「四条烏丸駅」から徒歩4分ほどのところ。

住所でいえば「〒604-8125 京都府京都市中京区中魚屋町511−1」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんが、大丸京都店の北側に広めのコインパーキング(地図)があり、自転車とバイクの駐輪場も大丸京都店と提携している有料駐輪場を使うと便利です(3時間無料・地図)。

営業時間は現在時短営業中で「11時~18時」となっています。

定休日は「水曜日」です。

公共交通機関は「四条烏丸駅(阪急京都線・市営地下鉄)」が近くにあり、JR京都駅から地下鉄で行くことができます。

ジャンル「コーヒー」
食事予算「200円から」
営業時間「11時~18時」
定休日「水曜日」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒604-8125 京都府京都市中京区中魚屋町511−1」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
公式https://www.beanstei.com/
テイクアウト「テイクアウトのみ」
出前「なし」
オープン年「平成6年(1994年)」

※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。

口コミ

ドキュメント72時間 2021年6月25日 予告


ドキュメント72時間で京都が舞台になるのは久しぶりです!

2016年7月1日「鴨川デルタ」の放送以後で京都が舞台になったのは3か所あります。

2017年5月26日「宝泉寺禅センター(亀岡市)」は禅修行ができるお寺として紹介されました。

2017年10月27日放送回では「私設図書館(左京区)」はとても大きな反響を呼んで2017年の「もう一度見たいドキュメント72時間」にも選ばれています。

ドキュメント72時間 2021年6月25日 予告は以下の通りです。

京都にあるスタンド形式のコーヒー豆専門店。自家ばい煎された豆を求めて多くの人が訪れる。コロナに揺れる世の中、どんな一息をついているのか。3日間、耳を傾ける。
舞台は、京都の町中にあるスタンド形式のコーヒー豆専門店。和のイメージの強い京都は、実はコーヒーの消費量が日本一で、自家ばい煎された豆を求めて多くの人がやってくる。勉強のスイッチとして欠かせないという大学教授。生豆を自らばい煎するときが冷静になれるという男性。店ではコーヒーも売っていて、この1杯が慌ただしい毎日の支えという人もいる。このご時世、みんなどんな一息をついているのか。3日間、耳を傾ける。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。