京都の老舗食堂「ふじ亭」の京都らしい弁当 実食レビュー

今回の「京都ランチ」は明治創業の老舗「ふじ亭」さんへ行って来ました。京都らしい食事処、そういう形容が相応しいお店ですが、観光地にあるようなお店ではありません。昔から京都の町人に親しまれてきた地元の人が通う食事処です。

京都らしい食事処「ふじ亭」へ行って来た


京都らしい食事処「ふじ亭」

京都らしい食事処「ふじ亭」

皆さんは「京都らしい食事処」ってどんなイメージがあるでしょうか?

清水坂や祇園、京町家をリノベした飲食店はたくさんあるし、いかにも京都って感じのお店はたくさんありますよね。

でも、私は本当に京都らしい食事処っていうのは、観光地にあるものではなく・・・・

町中に目立たないようにあるものだと思っています。

地元の人に昔から親しまれている食堂、それが「京都らしい食事処」

地元の人に昔から親しまれている食堂、それが「京都らしい食事処」

分かりやすくいえば、京都の町中に昔からあって、地元の人くらいしか食べに来ない老舗の飲食店。

そういった食事処に「京都らしさ」というのをいつも感じます。

ということで、今回訪問したのはそんなお店「ふじ亭」さんです。

京都らしい食事処「ふじ亭」で京風弁当を食べて来た


メニューはとてもシンプルです

メニューはとてもシンプルです

この「ふじ亭」さん、創業は明治初期という老舗のお店です。

建物も当時の雰囲気という感じで、お昼は一階のこじんまりとした客席でいただくのも昔ながらの雰囲気で良いです。

夜営業もありますが、予約制です。二階の広い客間で会席などで使われるようです。

普段の営業は昼のみ、メニューは「京風弁当、天ぷら定食、うな重」とシンプルです。

京風弁当(1210円)

京風弁当(1210円)

お客さんは地元の方ばかり、その方々が食べていたのが「京風弁当(1210円)」です。

他にも「うな重」があって、並で1540円、上で1980円と庶民的な価格でうな重を食べることもできます(関東風の蒸して焼いたうなぎです)。

メバチマグロ、だし巻き、タケノコ、鶏肉など多彩

メバチマグロ、だし巻き、タケノコ、鶏肉など多彩

おかずは「メバチマグロ、だし巻き、タケノコ、鶏肉」など多彩です。

ごはんもお弁当なので量が多めで大盛くらいあります。

ごはんの炊き方が絶妙でおかずが進む

ごはんの炊き方が絶妙でおかずが進む

京風という感じですが、それらしいのは「だし巻きタケノコ」くらいですね。

あとは高野豆腐とか鶏肉などが入っています。

だし巻き、アッサリした味付けですが、卵感がよくとても美味しいです。

京都府は西部と南部はタケノコの名産地だし、京都らしいおかずだと思いました。

お吸い物、ほっこりします

お吸い物、ほっこりします

京都といえば「ちりめん山椒」ですね

京都といえば「ちりめん山椒」ですね

もちろん、これも付いてます。

京都といえば「ちりめん山椒」ですよ。

ごはんは多めでお弁当らしくよい冷め具合で出してくるので、おかずの味が引き立っています。

ごはんにちりめん山椒をふりかけて、京都らしいなぁと思いながらの京のランチとなりました。

京都らしい食事処「ふじ亭」はどこにある?


京都らしい食事処「ふじ亭」は御所南エリアにあります

京都らしい食事処「ふじ亭」は御所南エリアにあります

では、そんな地元のお店「ふじ亭」さんはどこにあるのでしょうか?

御所南エリアで、竹屋町通富小路東入ル魚屋町にあります。

京都御苑からも近い場所ですが、この辺りまでくると観光客はほぼいないですね。

営業時間は基本「昼のみ」で「11時30分~14時」までやってます。

〒604-0984 京都府京都市中京区 竹屋町通富小路東入魚屋町439
営業時間:11時30分~14時
定休日:月曜日

このお店の口コミは?


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。