おばんざい すま @京都「彩り京風弁当」実食レビュー

今回は京都・河原町丸太町にある地図に載っていないお店で食べた彩り豊かな京風弁当の紹介です。お店は「おばんざい すま」さん。たぶん、ネット検索してもほぼ出てこないはずです。

京都「彩り京風弁当」実食レビュー


京都の町中、地図にのらないお店に京風おばんざい弁当があった

京都の町中、地図にのらないお店に京風おばんざい弁当があった

京都のお料理には「彩り」に気を使ったものが多いように思います。

舞妓さんも彩り豊かな和服を着ているし、祇園の町もそんな雰囲気で、観光客がイメージする京都もそんなイメージのような気がします。

とはいえ、割烹や料亭で和食を食べることなんてあまりないし、普段食べているものは普通のものです。

でも、やっぱり食べるものが「彩り」に気を使っていたら何となく嬉しくなる。

今回はそんな「彩り」に気を使ったお弁当が気軽な値段で買えるお店「おばんざい すま」さんの紹介です。

京都 彩り京風弁当 (おばんざい すま)

京都 彩り京風弁当 (おばんざい すま)

この「おばんざい すま」さん、地図に載っていない小料理店です。

京都御苑の南東エリアにあり、表通りからひと筋裏通りにあるから、あまり知られていないのかもしれません。

でも、ここではお昼にお弁当を売っていて、上の写真のような彩りの良い京都おばんざい弁当を買うことができるのです。

お弁当は日替わりで650円

お弁当は日替わりで650円

お弁当は日替わりで、値段は650円とリーズナブル

おひたし、かぶらと厚揚煮 など京都らしいおかずも入っています

おひたし、かぶらと厚揚煮 など京都らしいおかずも入っています

当日の内容は「ホイコーローゆで玉子ほうれん草のおひたしきのこ&パプリカのポン酢みかんかぶらと厚揚煮」というもの。

京都らしく「炊いたん」のが入っていますが、パプリカを使っているので彩りも良いお弁当です。

ホイコーロー、ごはんもカラフルです

ホイコーロー、ごはんもカラフルです

ごはんにもワカメとか漬物などが細かく刻んで入っていて、春らしい雰囲気のお弁当です。

細かいひとてまが見られて、キレイなお弁当だなと思いながら美味しくいただきました。

こういうお弁当、なんか京都らしいなって思います

こういうお弁当、なんか京都らしいなって思います

おばんざい すま への行き方や営業時間は?


おばんざい すま(京都市中京区)

おばんざい すま(京都市中京区)

では、このお弁当はどこで買うことができるのでしょうか?

購入したお店は「おばんざい すま」さん。

京都市中京区の京都御苑から見て南東のエリアにあるお店です。

河原町丸太町の交差点から西に、一筋目を南行すると2筋目の道手前左側にお店があります。

お弁当は10時30分から売り切れまで。

夜は小料理屋さんになります。

ぶらぶらしている時に見つけましたが、京都では「こんなところに?」って場所にお店があって面白いです。

〒604-0904 京都府京都市中京区西革堂町新椹木町通竹屋町上る190
営業時間:
定休日:

このお店の口コミは?

この投稿をInstagramで見る

2019/03/13 バイトほぼ同期会。 今回は卒業祝いということで🎂 大好きな先輩たちの卒業は、 寂しくて心細くてたまんないけど… バイトを通じて出逢えたこと、 嬉しく思ってます😁 たぶん同じクラスとかでは 友だちになってなかった気もするし(笑) 5人とも京都の人ではないし これからもバラバラだけど 学生時代を一緒に過ごした京都が、 バイト先が、このお店が、 みんな同じように帰る場所なんだなーと 思うとなんかほっこり幸せ😌 とにもかくにも、 ご卒業おめでとうございます💐 #おばんざいすま #河原町丸太町 #肉じゃが #マテ貝酒蒸し #春の山菜天ぷら #鯛茶漬け #べっぴん5人組✨❣️

shiho tanaka(@bamukero.st)がシェアした投稿 –


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。