2019年8月1日オープン おべんとう牧場

京都市山科区の御陵駅(みささぎ)前に新しい弁当屋「おべんとう牧場」さんが新店オープンしているので行って来ました。こちらの注目メニューは「カレーライス」で、あるレシピをもとに毎日食べたくなるカレーを自家製で販売しているお弁当屋さんです。

広告

2019年8月1日オープン おべんとう牧場(山科・御陵駅前)


2019年8月1日オープン おべんとう牧場

2019年8月1日オープン おべんとう牧場

2019年8月1日、京都市山科区の御陵駅(みささぎ)前に新しいお弁当屋さんが新店オープンしています。

お店の名前は「おべんとう牧場」さん。

カレーに自信がありということで、近隣の皆さんがカレーを買いに来ているという噂を聞きつけての来店です。

おべんとう牧場(山科・御陵駅前

おべんとう牧場(山科・御陵駅前

お弁当は国産食材にこだわって、お米も野菜もお肉もすべて国産のものを使っているそうです。

値段は500円台~600円台、値段的には中の上くらいの価格帯が多いようでした。

お弁当の種類はかなり豊富(おべんとう牧場)

お弁当の種類はかなり豊富(おべんとう牧場)

種類はかなり豊富で「魚、どんぶり、お肉、中華、うどん・そば」など多彩なジャンルのお弁当が揃っていました。

お薦めはカレー?!

お薦めはカレー?!

お弁当の種類は多いのですが、お店のお薦めはなんと「カレーライス」です。

何度も食べたいと思えるカレーを目指して作った自信作ということで、店頭にもカレーをお薦めする貼紙がされていました。

ちょうどお店に来ていたお客さんの中には「ここかぁ、皆が買っていたカレーのお店は」と言う方もいらして、この界隈ではちょいと有名なカレーライスのようでした。

おべんとう牧場のカレーライスを食べてみた


ややスパイシーで素材の旨味とフルーツの甘さを感じるカレーです

ややスパイシーで素材の旨味とフルーツの甘さを感じるカレーです

ということで、今回は「あらびきソーセージカレー(745円)」を食べてみることにしました。

若干、値段はしますがプレーンだと税込み594円です。

移動して撮影したので見た目アレですが美味しそうなカレーです

移動して撮影したので見た目アレですが美味しそうなカレーです

ほんのりスパイシーな食べやすいカレーです。

肉の旨味とフルーツの甘さを感じるカレーで、食感では玉ねぎが結構使われているように思えました。

野菜や肉はじっくり煮込んで溶け込んでいるタイプ、確かになかなかの美味しさです。

プレーンなので何かトッピングしたほうが良いでしょう

プレーンなので何かトッピングしたほうが良いでしょう

いわゆる欧風カレーになるかと思います。

ブイヨンにこだわったカレーで、町のお弁当屋さんでこのレベルのカレーを販売するのは珍しいなと思いましたので、お近くの方は買いに行ってみてはいかがでしょうか。

おべんとう牧場 営業時間やアクセス方法


おべんとう牧場、地下鉄東西線「御陵駅」目の前にあります

おべんとう牧場、地下鉄東西線「御陵駅」目の前にあります

では「おべんとう牧場」さんはどこにあるのでしょうか。

前述のように地下鉄東西線「御陵駅」スグ目の前なので、蹴上から山科へと向かう旧東海道の途中になります。

営業時間は「10時~21時(土日祝は20時まで、L.O.30分前)」ではあるのですが、お盆期間中(8月15日~18日)は「10時~19時」の営業となり、さらに大量注文が入っているということで「18日昼、19日昼、23日夜、24日夜、25日夜」は休業となっています。

直近では臨時休業に注意です

直近では臨時休業に注意です

京都府京都市山科区御陵鴨戸町2-1
営業時間:10時~21時(土日祝は20時まで、L.O.30分前)
定休日:不定休


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。