2019年3月新店オープン まるさか洋食堂(京都・一乗寺)

京都・一乗寺の裏道で静かにオープンした一軒の洋食堂「まるさか洋食堂」さんへ行って来ました。昼のみ営業で、あまり人が通らない道にある穴場的なお店です。こちらではリーズナブルな値段で洋食を食べることができます。

広告

一乗寺の裏道で静かにオープン「まるさか洋食堂」


一乗寺の裏道で静かにオープンした食堂があります

一乗寺の裏道で静かにオープンした食堂があります

京都の一乗寺、その裏道に静かにオープンした食堂があります。

それが「まるさか洋食堂」さん、2019年3月下旬に開業したばかりのお店ですが、お店の存在を知ったのは2019年2月11日のことでした。

その時は開業準備をされていたので立ち寄れませんでしたが、2019年4月11日に前を通ったところ営業開始されていたので立ち寄ることにしたのです。

2019年3月下旬に新店オープンした「まるさか洋食堂」です

2019年3月下旬に新店オープンした「まるさか洋食堂」です

食堂ですがカフェとしても使えます

食堂ですがカフェとしても使えます

ランチが充実している食堂で、洋食メニューの数が豊富です。

ハンバーグやエビフライのランチは850円、クイックメニューのカレーやオムライスは650円~750円です。

他にもコーヒーや紅茶があり、値段も350円とリーズナブルな価格設定となっていました。

まるさか洋食堂 メニューと値段


通常ランチは850円、別にサービスランチもあります

通常ランチは850円、別にサービスランチもあります

基本は食堂なので、メニューには洋食ランチが多くあります。

単品メニューも豊富です

単品メニューも豊富です

ドリンクはコーヒー350円からあります

ドリンクはコーヒー350円からあります

ハンバーグ デミグラスソース 850円
ポークソテー バーベキューソース 850円
チキンナンバン タルタルソース 750円
ポークカツ デミグラスソース 850円
エビフライ(3尾)850円
ホタテ貝柱フライ(3ヶ)850円
サーロインステーキ(国産牛)2350円
サービスランチ(4種)800円~950円
カレーライス 650円
オムライス 750円
スパゲティ(4種)950円
グラタン(3種)900円
ドリア(2種)850円

コーヒーはフレンチプレス


コーヒーはフレンチプレスで350円(安い)

コーヒーはフレンチプレスで350円(安い)

食堂ではありますが、カフェとしても使えますのでコーヒーを飲んでみました。

すると、350円とお安いのにフレンチプレスで抽出したコーヒーが出てきたのです。

コーヒー豆の脂分などが味わえる抽出方法で、豆本来の味を楽しむのに向いているということもあり、クッキーでお口直しができるようになっていました。

他のお店が閉まっている15時まで営業しているのも便利です。

一乗寺はよく行くので、立ち寄りやすいお店が出来てよかったです。

まるさか洋食堂 営業時間と定休日


営業時間は「昼頃~15時」です

営業時間は「昼頃~15時」です

さて、こちらの「まるさか洋食堂」さんですが、営業時間は昼頃開始とややアバウトです。

なので営業時間は「昼頃~15時」としておきます。

定休日はないみたいで「不定休」とさせていただきます。

京都府京都市左京区高野上竹屋町14 ハイツ藤田1階
営業時間:昼頃~15時
定休日:不定休

まるさか洋食堂 への行き方(アクセス方法)

では、まるさか洋食堂 への行き方(アクセス方法)も紹介しておきます。

わかりやすくいえば一乗寺ラーメンストリートの西隣の通りです。

疎水のところに神社(賀茂波爾神社)があるのですが、その真正面にあります。

裏道なので地元の方しか通らないのか、まだ知られていない洋食のお店です。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。