Steam Kitchen @京都・千本今出川「豚まん、担々丼のテイクアウト店」2019年2月15日新店オープン

スチームキッチン(Steam Kitchen)」さんが京都・千本今出川で2019年2月15日に新店オープンしています。グランドオープンはまだ先ですが、現在はプレオープンで全商品50円引きとなっています。ごはんと蒸し料理のテイクアウト専門店で「豚まん、鶏丼、鶏のお弁当」が190円~500円とリーズナブルなお店です。

広告

テイクアウト専門「ごはんと蒸し料理 Steam Kitchen」が新店オープン


テイクアウト専門「ごはんと蒸し料理 Steam Kitchen」

テイクアウト専門「ごはんと蒸し料理 Steam Kitchen」

京都の千本今出川で「スチームキッチン(Steam Kitchen)」さんが新店オープンしています。

店頭には「ごはんと蒸し料理 Steam Kitchen」と書かれており、テイクアウト専門のお店となっていました。

開店日は2019年2月15日で、今のところはプレオープン期間中で「全商品50円引き」となっています。

スチームキッチン(Steam Kitchen)の「とり丼」は500円(税込)です

スチームキッチン(Steam Kitchen)の「とり丼」は500円(税込)です

こちらの「とり丼」は通常500円ですが、本日は50円引きということで450円となっていました。

甘辛く煮たとても大きな鶏肉の塊(かなり厚い)が1個ドーンとのっており、玉子とネギにタレがかかった中華風の鶏丼です。

見た目は中華風ですが、味わいは洋風さも感じるものでシツコサがないのでスンナリと食べられます。

豚丼はかなり美味しい味わいです

豚丼はかなり美味しい味わいです

1個190円の「豚まん」はクオリティが高く、甘めの具材ともっちりした厚めの生地の豚まんになっていました。

美味しかったので速攻で食べてしまいましたが、2個ほど買っておけば良かったと後悔しました。

とり丼も豚まんも申し分なく美味しかったので、今度は「担々丼タンドリーまん」も食べてみたいと思いました。

Steam Kitchen メニューと値段


近日オープンにつき全商品50円引きでプレオープン中(スチームキッチン)

近日オープンにつき全商品50円引きでプレオープン中(スチームキッチン)

この「スチームキッチン」さんですが、値段は高くても500円なので気軽に買いに行けるお店です。

メニューは「豚まん丼もの弁当」で、他にもスープやミルクプリンといったサイドメニューがあります。

お弁当は「鶏丼」と同じ鶏肉を使ったものだそうです。

メニューと値段(スチームキッチン)

メニューと値段(スチームキッチン)

豚まん 190円
タンドリーまん 190円
担々丼 500円
とり丼 500円
弁当(鶏)500円
食べるスープ 200円
ミルクプリン 250円(自家製フルーツソース)

Steam Kitchen 営業時間と定休日


スチームキッチン(Steam Kitchen)は千本今出川上ル右側のテナントです

スチームキッチン(Steam Kitchen)は千本今出川上ル右側のテナントです

では「スチームキッチン(Steam Kitchen)」さんの営業時間や定休日に場所についてです。

場所は元「絶望シュウマイ工場」があった千本今出川上ル右側のテナントです。

営業時間は平日は夜のみ「16時~20時」、土日は昼から「11時~20時」となっています。

定休日は「水曜日」です。

京都府京都市上京区上善寺町91
営業時間:16時~20時(平日は夜のみ)、11時~20時(土日)
定休日:水曜日

Steam Kitchen SNSの口コミや評判(感想)


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。