京都では430円の超デカ盛り「ガツ盛り弁当」が激安で売られている

今回の「京都ランチ案内」は、お金がないけどお腹いっぱい食べたい場合に行ってみていただきたい超ビッグ弁当の紹介です。値段は399円(税込み430円)と激安なのですが、通常の2倍の量があるお弁当です。商品名は「ガツ盛り弁当」と言って、種類は「チキンタルタル、ダブルハンバーグ」の2種類があります。

では、この激安デカ盛りの「ガツ盛り弁当」はどこで購入することができるのでしょうか。

広告

430円でお腹いっぱい食べたい時の話 in 京都


430円しかないのですがお腹いっぱい食べられますか?

430円しかないのですがお腹いっぱい食べられますか?

ある日、ウチの困ったちゃん温泉担当が、またお金を握りしめて駆け寄って来ました。

温泉担当 「ワシが430円しか持ってなかったらドーする?( º言º)」

また、そのネタか(笑)という感じですが、かつて250円しか持ってなくて京都の激安食堂「Kの食卓」まで230円ラーメンとカレーを食べに行ったことがありました。

金額が200円アップしているので、なにかいけない収入源でもあるみたいですが、京都には200円~300円程度でラーメンが食べられるお店はたくさんあります。

しかし、温泉担当は小躍りしながらこうも言っていました・・・・

温泉担当 「430円で食べきれないくらい食べたいノン!⸜(* ॑ ॑* )⸝」

いや、ないだろソンナ店(笑)

京都では430円の超デカ盛り「ガツ盛り弁当」が売られている


430円でビッグハンバーグが2個入ったお弁当があるらしい

430円でビッグハンバーグが2個入ったお弁当があるらしい

すると、この他愛もないドーでもいい話を脇で聞いていたリサーチャーが、こんなことを言い出しました。

リサーチャー 「通常の2倍の戦闘力があるお弁当ってのがあるけど・・・・」

通常の2倍の戦闘力?

なにやら気になるキーワードですが、実は399円(税込み430円)で普通のお弁当の倍はあろうかという超ビッグ弁当が購入できるというのです。

これが噂の430円の超デカ盛り「ガツ盛り弁当」

これが噂の430円の超デカ盛り「ガツ盛り弁当」

お店の名前は「250円弁当 元気や」さん。

そう、このブログで紹介して一躍有名になったアノ伝説のお弁当屋さんです(250円弁当 元気や 店舗一覧)。

ここで最近、なにやらドデカ弁当が販売されており、それが399円という激安価格なのです。

横30cm,縦22cmの超ビッグ弁当

横30cm,縦22cmの超ビッグ弁当

大きさは「横30cm、縦22cm」で、普通のお弁当サイズの倍近い大きさがあります。

それに「ライスが倍量大きなハンバーグが2個」入っており、それで値段が399円(税込み430円)なのです。

お弁当の名前は「元気や オリジナル ガツ飯」で、あまりの大きさに食べきれないほどです。

そのお弁当「元気や オリジナル ガツ飯」はどこで買える?


そのお弁当とは「元気や オリジナル ガツ飯」

そのお弁当とは「元気や オリジナル ガツ飯」

さて、この「元気や オリジナル ガツ飯」どこで買うことができるのでしょうか。

現在、確認できている販売店は「250円弁当元気や Plus 三条商店街店」です。

ガツ盛り弁当は2種類あって「チキンタルタルダブルハンバーグ」があります。

あまりの多さに、ウチの困ったちゃん温泉担当も・・・・

温泉担当 「そんなに食えるわけねーだろ( º言º)」

と超恐いモードだったとさ(笑)

京都府京都市中京区西ノ京南聖町4−12
営業時間:10時~20時
定休日:


激安なものを探してくる「激安ハンター」シリーズです。地元視点で激安スーパーや激安弁当などを紹介しています。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。