天下一 @京都市北区 とき卵がふわふわラーメン実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は京都市北区で急にラーメン店が少なくなる紫竹(しちく)にある「天下一」さんに行ってきました。とき卵がふわふわした「五目そば」と「炒飯」を食べてきましたので実食レビューします。

夜の22時過ぎまで営業しているので便利なお店です。

広告

京都市北区で22時過ぎまで営業の中華料理店


京都市北区で22時過ぎまで営業しているお店は少ないのです

京都市北区で22時過ぎまで営業しているお店は少ないのです

今回の「京都ラーメンブログ」はだいたいいつも22時には腹ペコにある温泉担当が、ちょこちょこ行くお店の紹介です。

京都市北区あたりだと、夜の22時すぎにオープンしているお店というのは多くないのですが、こちらの「天下一」さんは22:30まで営業されています。

メニューは中華単品から麺類まで種類豊富です

メニューは中華単品から麺類まで種類豊富です

麺類も豊富でお手軽なお値段ですが、本格中華料理が食べられるお店です。

チャーハン餃子ラーメンもあるので、気楽に食べたい場合でも問題ありません。

今回はこちら「天下一」さんで、とき卵がふわふわの「五目そば」を食べてきましたので実食レビューします。

とき卵がふわふわ五目そば 実食レビュー


五目そば 650円

五目そば 650円

こちらが「五目そば 650円」です。

「キクラゲ・シイタケインゲンニンジンエビイカ白菜」などが入ったラーメンです。

特徴的なのは、とき卵がフワフワした「五目そば」になっていることです。

味付けもソフトで、ちょっと薄目の味付けになっていました。

麺はちゅるちゅるした懐かしい麺です

麺はちゅるちゅるした懐かしい麺です

麺はチュルチュルした食べごたえの麺です。

最近のガツンとした学生向けのようなものではないのかもしれませんが、年をとるとこういうラーメンも良いのかもしれません。

私にはちょっと優しすぎる味付けでした。

チャーハンも実食レビュー


物足りないのでチャーハンも食べました

物足りないのでチャーハンも食べました

今回は「炒飯 600円」も食べてみました。

パラパラご飯の本格的なチャーハンですが、卵が味付けのメインになっており、こちらもやさしい味付けです。

若干薄目なので、甘酢があればいいかなと思うほどでした。

味付け濃いめが好きな方は「五目炒飯 750円」あたりの具材の多いものが良いかもしれません。

天下一 @京都市北区


天下一 内観(かなりアットホームです)

天下一 内観(かなりアットホームです)

今回食べに行った「天下一」さんですが、京都市街で極端にラーメン店が少なくなってくるエリアにあります。

北山通から御園橋に行く堀川通の「紫竹小学校」ひとつ手前の道を西に入ったところにあります。

駐車場がなく、駅からも遠いので地元の方が行くようなお店です。

遅くに行くと、ご家族の店員さんがテレビを見て盛り上がっていることがありますが気にせず入店してください(笑)

京都府京都市北区紫竹下園生町42−2
営業時間:11時~22:30
定休日:金曜


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。