2020年2月16日オープン TETSUpan Style+ しな埜

2020年2月16日、京都市左京区の松ヶ崎で焼きそばと鉄板焼きのお店「TETSUpan Style+ しな埜」さんが新店オープンします。焼きそばのお店ではあるのですが、実はラーメンも提供すると公式に発表されましたので、急遽ですが「京都ラーメン速報」で扱いたいと思います。

2020年2月16日オープン TETSUpan Style+ しな埜


2020年2月16日オープン TETSUpan Style+ しな埜

2020年2月16日オープン TETSUpan Style+ しな埜

2020年2月16日に京都・下鴨「TETSUpan Style+ しな埜」さんが新店オープンします。

店名からは何のお店かは想像つきませんが、実はこちら「焼きそば鉄板焼き」のレストランです。

下鴨にあるので「下鴨焼きそば」と店頭に書かれています。

「下鴨焼きそば」と店頭に書かれています

「下鴨焼きそば」と店頭に書かれています

元々はカフェがあったところなのですが移転されて空きテナントだったところです。

そこで動きがあったのでチェックしていたところ「焼きそばと鉄板焼き」のお店であることが判明。

焼きそばと鉄板焼きのお店です

焼きそばと鉄板焼きのお店です

当初はオープンしてから記事にしようと思っていたのですが・・・・

2月14日16時過ぎにラーメンも提供すると告知されていたので、急遽ですが「京都ラーメン速報」のカテゴリーで紹介となりました。

※ただし、ラーメンの提供がいつからなのかはまだ告知がありませんでした。

店名の「しな埜」は「しなの」と読みます

店名の「しな埜」は「しなの」と読みます

なお、店名の「しな埜」は「しなの」と読みます。

ということで、2020年2月16日のオープン初日に訪問してきましたので実食レビューしたいと思います。

TETSUpan Style+ しな埜 焼きそば 実食レビュー


オープン初日に訪問してきました

オープン初日に訪問してきました

さて、京都マラソンで京都市内は交通規制著しい中でしたが「TETSUpan Style+ しな埜」さんへ訪問してきました。

お店は白を基調にした外観と内装でしゃれたカフェのようです。

オーナーさんはラーメン店で働いてきた方で、木屋町の「門扇」と千本通の「泉」さらに伏見の「フカクサ製麺食堂」でラーメンを作ってきた方です。

今回は焼きそばを注文しました

今回は焼きそばを注文しました

ということで「ラーメン」があれば注文と思いましたが、オープンしてしばらくは焼きそばのみでの営業ということで焼きそばを注文します。

麺はやや平打ちの太麺、それを茹でてから鉄板で焼きます。

ソースというか味付けは「鶏ガラ+昆布」の出汁に「松野醤油(鷹峯)」など数種類の醤油をブレンドしたものを使っていました。

ブラックペッパー、キャベツに豚肉が入ってます

ブラックペッパー、キャベツに豚肉が入ってます

トッピングは「キャベツ豚肉」で、ブラックペッパーで仕上げてありました。

太麺はやや縮れ麺を使っているので、チュルチュルさを感じないところが「焼きそばとして好感触」です。

麺が湿ってチュルチュルしてる焼きそばって最悪ですから、この縮れ麺は正解だなと思いました。

味付けはやや塩辛めに仕上げてありますが、豚肉やキャベツが多めなのでさほど気にならない感じで食べることができました。

味は良いと思います。キャベツも鉄板でいかにも焼いたという感じではなく油で軽く炒めた感じで食べやすいです。

美味しい焼きそばですが、正確にはこれ「焼きラーメン」ですね。

焼きそば700円から

焼きそば700円から

値段は焼きそばが700円。

麺量は150gみたいなので、大盛り(850円で麺量1.5倍)がおススメです。

このお店への行き方や営業時間は?


TETSUpan Style+ しな埜

TETSUpan Style+ しな埜

では「TETSUpan Style+ しな埜」はどこにあるお店なのでしょうか?

京都市左京区の「松ヶ崎」というところで、地下鉄烏丸線「松ヶ崎駅」から「松ヶ崎通り」を南へ8筋目の西側です。

北泉通を越えたらすぐお店が右側に見えます。

営業時間は「11時~14時30分、17時~21時(土曜日のみ11時~18時)」

定休日は「日曜日」となっています。

〒606-0911 京都府京都市左京区松ケ崎泉川町16
営業時間:11時~14時30分、17時~21時(土曜日のみ11時~18時)
定休日:日曜日
公式Twitter:https://mobile.twitter.com/tetsupan_style
公式Instagram:https://www.instagram.com/tetsupan_style/

このお店の口コミは?


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。