【完熟ゴーヤ】ゴーヤは追熟させると甘い味になる?

今回の食材は「完熟ゴーヤ」です。沖縄の野菜「ゴーヤ」は苦さを楽しむ食べ物ですが、完熟させたゴーヤは甘くなると言われています。普通にゴーヤを追熟させると黄色(オレンジ色)に変色するのですが、その時に中身は赤い実のような種が出来ます。それが甘苦い味がするのです。

今回は、この「完熟ゴーヤ」についてまとめてみました。

広告

完熟ゴーヤとは


完熟させたゴーヤ、苦いゴーヤが甘く高級フルーツのような味わいに変化します

完熟させたゴーヤ、苦いゴーヤが甘く高級フルーツのような味わいに変化します

沖縄のソウルフード「ゴーヤ」、苦くてあまり好きじゃない方もいらっしゃると思います。

この苦味が良いという方もいると思いますが、ゴーヤは完熟すると・・・・

甘くなる

野菜でもあるのです。

緑色のゴーヤは完熟すると甘くなる

緑色のゴーヤは完熟すると甘くなる

この「完熟ゴーヤ」ですが、一般的には出回りません。

ゴーヤを売っている八百屋さんでも、完熟して変色したゴーヤは捨てられてしまうからです。

しかし、沖縄では子供のオヤツとして食べたりするもので、甘い野菜としても知られています。

どうすれば完熟ゴーヤになるの?


上は緑のゴーヤ、下が完熟させたゴーヤ

上は緑のゴーヤ、下が完熟させたゴーヤ

では、この「完熟ゴーヤ」は沖縄以外では食べることができないのでしょうか?

いえ、これ普通のゴーヤを一週間ほど放置しておくと「完熟ゴーヤ」になるのです。

完熟ゴーヤはツルにぶら下がった状態でも黄色やオレンジ色になるのですが、取ってから追熟させても色が変わります。

緑色のゴーヤを一週間くらい放置すれば「完熟ゴーヤ」が出来上がりです。

完熟ゴーヤの食べごろは?


イボが割れてきたら食べごろです(完熟ゴーヤ)

イボが割れてきたら食べごろです(完熟ゴーヤ)

一週間ほどゴーヤを熟させると「完熟ゴーヤになる」と書きましたが、もう少し詳しく「熟した時の特徴」を書いておきます。

上の写真が「完熟ゴーヤ」で、イボのところから割れて中が見え始めているのが分かるかと思います。

この状態が「熟したゴーヤ」で食べごろです。

放置しておいたゴーヤが割れてきたら、中から赤い実をほじくりだして食べてみてください。

完熟ゴーヤはどこを食べると甘いのか


完熟ゴーヤは赤い実の部分を食べます

完熟ゴーヤは赤い実の部分を食べます

通常(緑色)のゴーヤは、中身が白く苦味があります。

完熟させたゴーヤは、表皮が黄色・オレンジ色になり、中身がスポンジ状となって空洞ができます。

種は赤いジュレのような甘い樹脂で包まれたようになって、その赤い実の部分を食べると少し水っぽくてほんのり甘い味わいがします。

完熟ゴーヤの味


実際にはさほど甘くなくて水っぽいジュレです(完熟ゴーヤ)

実際にはさほど甘くなくて水っぽいジュレです(完熟ゴーヤ)

テレビでは「甘くなる」と大々的に誇張して紹介している事例もありますが、実際には・・・・

さほど甘くありません。

少し水っぽいゼラチン質で、苦味は一切消えており、ほんのりフルーツ感がある程度です。甘さは梨よりも糖度は低い感じでした。

完熟ゴーヤの赤い実を食べた時に出る種

完熟ゴーヤの赤い実を食べた時に出る種

夏はゴーヤの季節なので、スーパーでも売られている野菜です。

追熟させると甘いフルーツのようになるので、皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか。

SNSの口コミや感想


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。